ユキだるまのつぶやき

歌う仕事の日常とインディーズならではの話あれこれ

そのころ北海道では

2016-10-15 00:02:09 | 音楽

本日は茅ケ崎でレッスン

来年1月20日(金)の昼間に銀座「蛙たち」をお借りして、わたくしと生徒さん有志によるセッションライブをやることにしました。

これからチラシを作ります。

手作りコンサートですが、こういうの楽しい。

お時間あればぜひご予定ください。


さて。23日に迫ったわたくしの「秋の二毛作」最終回ですが、この度はエディット・ピアフの曲を歌うコーナーを作ろうと思っています。

新訳詞もあるんですけど、困ったことにイギリスの不思議なおっさんグループ(Tiger Lillies)が英語でカバーしている「パダンパダン」を見つけてしまい、 その訳詞の見事さに感心したので拝借してやりたいのだが、何せあと1週間。

果たして覚えられるかどうか全く自信がありません。

どうすべきか悩んでいるところ。

森丘ヒロキ(ピアノ)+岸徹至(ベース)の演奏なので、もちろんジャズバージョンになると思うんですけど、さぞや面白いだろうなあ。

わたくしがこのボケ脳にカツを入れられるかそこが思案のしどころです。

ギリギリまで粘って、ダメなら通常通り日本語で・・ということにするかもね。

諦めまい。



な、ことを考えている間、北海道では市民マラソンがあったそうで。

わたくしが苫小牧「カプリス」の変わったオーナー山崎さんに数年前送ったツタンカーメンを被って走った居酒屋「文ちゃん」の奥様テイちゃんは、なんと審査員特別賞をもらったそうです。
1476434539142


おめでとうございます!!

被り物に合わせて、山崎さんと一緒に徹夜で衣装も作ったそうです。

何考えてるのやら~!!

(ちなみにお隣の方は山崎さんじゃありません。後方に見えるのはご主人の「文ちゃん」です。何かもらえたんでしょうか。)


「走るの苦手だが、仮装で頑張った。」とのことです。

テイちゃん。どうぞ居酒屋に来るお客さんをツタンカーメンでお出迎えしてください!


山崎さんには衣装をもらったお礼に、この度ヅラを3つお送りしましたので、またそのうち写真が送られてくるのではないかと思います。

遠い地に居ても、何かとお騒がせな皆さまでした。





 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 睡眠 | トップ | バザー終了! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む