ユキだるまのつぶやき

歌う仕事の日常とインディーズならではの話あれこれ

バザー終了!

2016-10-16 23:36:54 | 音楽

本日お天気に恵まれ、聖アンデレ教会毎年恒例「秋の大バザー」無事終了致しました。 

皆様お疲れ様でした!

今年は夏あたりからバタバタしていて、献品や準備にほとんど貢献できなかったので、せめて当日に力を尽くそうと思って出かけて行きました。


開場前のひとときの様子です。
IMG_9458

IMG_9460


IMG_9462

IMG_9464

IMG_9466

IMG_9469

IMG_9476

IMG_9487

IMG_9492

わたくしです。スチームパンク風帽子はバザー用小道具として持参しました。

IMG_9490

IMG_9495

みんな、張り切っています。

この会場にギッチリお客様が来るんですから、すごいものです。

外では本格的焼き鳥ほか各種お食事。靴、カバン、本、CD・・・なども。

 

バザー委員長は母校の先輩であるS氏。細やかな気遣いと遊び心で実に見事にバザーをコンダクトなさいました!

 

アンデレ教会のバザーと言えば業者がお忍びでやって来るほど掘り出し物のあるバザー。

 

クオリティの良さもさることながら、終了間近のプライスダウン。対応の丁寧さで毎年ご好評頂いています。

 

わたくしは今年も婦人服のコーナーで働かせて頂きました。

 

鏡の前で衣類を当ててみている方に軽く声を掛け、励まし、アレンジの仕方を提案する所は歌のレッスンとまるで同じであります。

 

皆様嗜好はありながら今一つ決めかねていて、背中を押されるとすんなりと新しい冒険に踏み出せるのですね。

 

そんなわけで、わたくしはいつも通り怪しげなアドバイスをさせて頂き、色々な方との触れ合いを楽しんだわけでありました。

 

今年はきちんとドレス類を献品出来ませんでしたが、本日帽子を20個くらい持参しました。

 

帽子好きというのはテレパシーが通じるのでしょうか。

わたくしが出品した帽子を4つも5つも抱えて鏡の前に立っているお客様。

いとおしいです。

その中で、本日わたくしがかぶって行った帽子(黒の三つ折)にそっくりなものを試着しているお客様がいました。

なおのこと親近感が湧きました。

そうこうしながら、バザーは終了。

今年も全額、各施設に寄付するだけの金額になったようです。

よかった!!

ホールで軽くビールなど飲みながら、お疲れ様会。

バザーの始まりと終わりに笹森司祭のお祈りがあるのも素晴らしいことです。

さて、帰ろうと思ったその矢先。

わたくしの被って来た帽子が見当たりません。

日頃わたくしの被る帽子は古着屋や古道具屋で買った(オリジナルは高価だが)安物ばかりですが、あれはどこかのファッションビルに新品で売っていたものを買ったお気に入りです。

ない。ない!!

・・・・・・・・・・・。

そうです。

迂闊にもまぎらわしい場所に脱いで置いたわたくしの帽子はバザー商品として、¥200くらいで売られちゃったのです。

さっき、親近感を覚えたお客様が試着していた帽子は、まさにわたくしのそのものだったというわけです。

お客様。

もしこのブログを読んでいらっしゃったら、その帽子、¥400で買い取らせて頂きますので、返してください。

そうでない場合は、どうぞ大切にしてやってください。(号泣)


そんなわけで、お気に入りの帽子は居なくなってしまいましたが、本日の戦利品もなかなかのものです。

信徒はお客様が引ける頃になって買い物するのですが、それでも掘り出し物がたくさんあります。

ジャン!
IMG_9497

正しい喪服を含めた10点。

約¥2000ほどでゲットしました。

これをどうアレンジして着るかも楽しみのうちでございます。


みなさま、来年はぜひいらっしゃいませ。



 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そのころ北海道では | トップ | 今週の居場所 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む