はーちゃんdays 2

小学生と中学生の二人の子供の父親。のんびり生きたいよだきんぼです。本を読むのは遅いです。絵本も好きです。

東京自叙伝 (集英社文庫) 不思議な話で最初と最後しか集中力が続かず飛ばし読みした。

2017-07-29 | 買った本、読んだ本
東京自叙伝 (集英社文庫)
クリエーター情報なし
集英社


大野くんが表紙のダヴィンチの中で光浦靖子さんが紹介していた本だ。
谷崎潤一郎賞を獲得した本なのので、文学作品なのだろう。

もともと本読むことがなかった私。

プロレスという江戸川乱歩賞をとった作品をたまたま古本屋さんで読むまでは、一年に一冊小説を読むか読まないかでした。
プロレスを読んだのがまだ十三年前のことなので、、、
今でもミステリーとかさくさく読めるものしか、一冊をちゃんと読むのは難しい私です。

一番面白かったのは、福島での原発事故での作業員もしくは原発の中にいた鼠たちの最後の章は面白かったです。
実際に放射線にまみれた時にそんな症状が出てくるのかと、興味深く読めました。
福島の原発は東京の電力を賄っているからということで、東京自叙伝と言いながらも、福島の原発の話が出てくるのですが、、五十年後に東京自叙伝2を誰かが書くことができる日本が残っているのを望む気持ちになりました。

東京を擬人化した、不思議な話でした。
ただ中身が非常に濃くて、読むのが遅い私には集中力が途切れてしまい、、完読するには時間がかかる話でした。
じっくり検証しながら読んでいきたい本です。広島版も誰か書いて欲しいです。広島自叙伝。

ミステリーしか読めないなと痛感した私でした。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ねこねこ日本史(4)読みました。 | トップ | 半妖の子 (妖怪の子預かりま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

買った本、読んだ本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。