はーちゃんdays 2

小学生と中学生の二人の子供の父親。のんびり生きたいよだきんぼです。本を読むのは遅いです。絵本も好きです。

エウレカの確率 よくわかる殺人経済学入門 を読了

2016-10-08 | 買った本、読んだ本
エウレカの確率 よくわかる殺人経済学入門 (講談社文庫)
クリエーター情報なし
講談社


経済学という観点から事件を紐解く新しい推理小説?です。

あとから知ったのですが、この本はエウレカシリーズの第二弾で前作があります。

面白かったので読み終わってアマゾンで検索して購入しようとすると、”エウレカの確率 経済学捜査員とナッシュ均衡の殺人”と”エウレカの確率 経済学捜査員 伏見真守”と2冊ヒットしたのでおもわず両方をポチったのですが、、前者は実はすでに読んだ ”エウレカの確率 よくわかる殺人経済学入門”と同じという代物で文庫化にあたってサブタイトルが変更されたようです。ややこしいですね。結局キャンセルオーダーをすることになってしまいました。

物語ではバイアスということばが良く出てきます。

様々なバイアスが物事を判断する上でかかっているのは事実です。物事を判断する上で、診断する上で、自分自身も気をつけなくてはと思いました。

経済学でのナッシュ均衡っていうのはそこまで数式を使わなくても感覚で身についているような気がしますが、、、もしも犯罪をロボットやコンピューターが判断するときには必要な数式なのかもしれませんし、実際あらゆる可能性から、マイナンバーで登録されたデータから犯人が割り出されるようになる世界も遠い未来ではないんでしょう。

第一弾を早く読みたいです。
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんにちは、長くつ下のピッピ | トップ | エウレカの確率 経済学捜査員... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

買った本、読んだ本」カテゴリの最新記事