おれんじ らいふ

南カリフォルニアでの駐在生活も○年が経過!!些細な出来事や子供のコトなどを綴っていきます♪

高校生活始まってます

2017-10-17 13:04:57 | High School

8月下旬から新学年がスタートした子供たち。
Rは5年生に、Mは9年生になり、もうすぐ2ヶ月が経とうとしています。

カリフォルニアの教育制度はKindergarten(日本で言う年長クラス)から12年生(高校3年生)までの13年間が義務教育期間となっています。

子供たちの学校区は主に6-2-4(小-中-高)制度となっているので、6月に中学の課程を修了したMは8月に14歳になったばかりですが、高校生になってしまいました
ちなみに・・・
  9年生→ Freshman
10年生→ Sopfomore
11年生→ Junior
12年生→ Senior
と言う呼び方になります(があります)。

さて、高校までは義務教育なので受験勉強などなく学区の高校へと進むコトになります。
(以下、それほど詳しくない私の情報(と言うか覚書?)なので、100%参考にすることがないようお願いします

Mが通う学校区では、4月中旬に高校で8年生の親(子)向けの説明会が開催されました。
そこで高校の授業の必要単位(進学 or 卒業によって単位の取り方が違う)についての説明やクラブ活動の勧誘などがあったようです。
(夫とMが出席したので、私は詳しい事はわからず
4月下旬には、高校で履修する科目のregistration(登録)をします。
(高校の担当者が中学校に来てくれるので、そこで作業完了)
必修科目(英語や数学など)については、中学の先生からどのレベルの授業を取ったら良いかのrecommendation(推薦)がありますが、推薦されたクラス(のレベル?)を下げることも可能です。
新学期初日に自分の時間割を配布されるのですが、希望した授業が取れていない(希望者が多いなど)こともあるので変更手続きなどをしてもらいます。

9年生は(Mの通う高校は)基本的に6時間授業なので6つの科目を履修します。
英語・数学・理科・体育の4つは必修で、あと2つは選択科目を取ることになります。
ココで、どのクラブに所属するかということが授業の選択にも絡んできます。
Mは音楽は続けたい、でもマーチングバンドに入るのはイヤだな~、と言っていました。
(ココの学校は音楽の授業で管楽器をやっている子はマーチングバンドに入るのが必須なので)
でも、腹をくくって(?)マーチングバンドに入ることを決断。
そうすると授業を7時間取ることができるのです。
(体育の授業の代わりに、朝イチ(0時間目)のマーチングの練習が体育の授業となるし、音楽の授業もマーチングで演奏する曲を練習する)
他にも運動部に入った子は6時間目の体育の時間からクラブ活動の練習をするようなので、クラブ活動が授業に組み込まれるといった感じになるようです。
もちろん、クラブ活動をしない子は普通に体育の授業があります。

自分の進路(進学先)によって、この授業は取っておかないといけないとか、高校にいるうちに大学の単位を取れたりもして、アメリカの学校のシステムがわかっていない私にはチンプンカンプンなことばかりです・・・
自分のことなのにMも良くわかっていないようなので、先輩ママさんから情報収集をして何とか高校生活が始まった感じです・・・

ちなみに、学校が始まる前の夏休み中(8月上旬)からマーチングバンドのキャンプ(練習)があったので、今年の夏は早めの一時帰国となりました

入ってみればマーチングバンドも楽しいようで、同じ楽器の仲間たち(FreshmanからSeniorまで)と映画を見に行ったりもしていて課外活動?も楽しんでいるようです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加