投げ釣りと船釣り ゆうのブログ

投げ釣りと船釣りを楽しんでいます。紀伊半島、境水道、瀬戸内方面、宇和島方面の釣り。船は舞鶴方面の完全ふかせ釣りを中心に。

これから、船太刀魚、第8弾に出かけます。

2016-10-15 21:01:15 | 釣り・投げ釣り
10月16日(日曜日)大潮ですが、泉南・小島漁港から太刀魚釣りに出かけます。
12日(水曜日)は、今年3回目?の爆釣があったようですが、その後下火に。
週末に向かって釣果が落ちてはいますが、演習に日曜日に予約を入れていますので予定通り朝貢します。
17日(月曜日)は下り坂ですので、週末釣行であれば仕方ありません。
今日は、病院でしたし。

今後の釣況からして、新しい竿(先調子の穂先の食い込みの良いもの)を購入したいと思っています。
超掛け調子と掛け調子(タコ竿)ですので、夏の食い込みのよい時期は良いのでしょうが?
既設が変わり、秋から初冬にかけては釣り場が変わるのでしょうし。

今週は、小島漁港を出てすぐの釣り場で釣果が出ているようですが?

約3ヶ月太刀魚釣り7回でも感じたことが、太刀魚の釣り場が結構変わっておることかな?

8月初旬は、小島沖。
8月後半から友ヶ島沖(地ノ島)であったり、淡路沖(洲本沖)であったり。
天候が悪くなると、回復後に荒食いが見られることなど。
意外と面白い釣りであるように思います。

太刀魚のタナも底であったり、中層まで上がっていたりなど。
気候や水温(多分、海面気圧がより影響しているように思います)など色々は要素が加わり釣れたり
釣れなかったり。

未だに100cmオーバーなし(多分に計測していないので)、ましてドラゴンなど。
最高で19匹、11匹が2回、7匹が1回、3匹が2回、最悪は、9月10日(土曜日)の黒潮丸の1匹でした。
この日は、小島漁港から出た昼便など入れ食い爆釣のようでしたが。

潮の入れ込み具合(動き具合)などにより釣果に差が出るのでしょうが、自身の腕を磨く必要もありますが、
体力が昼まで持ちません。

5時30分頃から開始しすると、9時にはエネルギー不足となり集中できない感があり、気だけが先走っして
早合わせになって掛からないなど。
初歩的ミスの連続です。
まして周りで釣れて、自分が釣れないときなど。
人の釣り方を見て、判断しているつもりで入るのですが?

明日は港近くでの釣りであれば気力で頑張ってみたいものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は仕事の話ですね。 | トップ | 船太刀魚、第8弾。今回も返... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。