きままに・・ 風便り

気の向くまま、足の向くままに日々を綴ります。

田貫湖

2017-07-29 21:05:19 | ちょっと、お出かけ
「 湖畔の宿 」


☆7月28日(金)~29日(土)の1泊旅行
富士五湖は過去に制覇(マイカー廻り)しております。
(山中湖・河口湖・西湖・精進湖・本栖湖)
山中湖は富士山旅行の常宿、すぐ隣りの忍野八海から残り4湖を巡りました。

今回、初めての田貫湖(たぬきこ)は白糸の滝や霧降高原(朝霧高原)近くです。← 高原の名前訂正しました。
何の知識も得ないまま、あまり期待もせずに出かけたのですが、、、
滞在してみると、とっ~~~~~ても!素敵な場所!!
今回は用事のついででしたので短い滞在時間、次回はゆっくり訪れたいと思っています。

☆ 湖畔の風景







釣り人の獲物はブラックバスです。

湖を1週できるウォーキングロードは歩きやすい資材で作られているようです。
ボタリング・ランニング・ウォーキング、様々な人達とすれ違いました。
私はコンデジを肩に掛けてのんびりウォーキング。
散歩道の両側には、いろいろなお花が咲き乱れています。













☆ ヤマユリ
道路両側に沢山のヤマユリが群生していました。
然も1本の株に多くの花をつけているのです。
久しぶりのヤマユリ、嬉しくなりました。
姿も芳香もカサブランカに負けず。
流石にカサブランカの原種の一つです。








☆ 足元の植物
霊峰富士の麓、キノコもヘビイチゴもどこか特別なような・・・






☆ 野 鳥
ウグイス・ツバメ・( ? )←可愛い鳴き声でしたが名前はわかりません。
我が家界隈のツバメは電線で巣離れ後の養育をしています。
山のツバメは樹木の上で養育していました。
親ツバメ、得意のホバリングで一生懸命子に餌を与えていました。

☆ 昆 虫 
トンボ・蝶・セミ・ミズスマシ等






3種類のトンボ(オニヤンマ・シカラトンボ・コシアキトンボ)。
写せたのはシオカラトンボのみ。
蝶はモンシロチョウが沢山飛んでいましたが撮影できませんでした。

散歩していると、ヒグラシの鳴き声がカナカナカナ~♪ 多重放送のように、あちこちの林から聴こえてきます。
その多重放送的な聴こえ方にちょっと感動しました。

※ ホタル観察会
28日(金)午後7時半ホテルロピー集合。
観察場所はホテルから徒歩10分ほど離れた某・池周辺。
平家ホタルと源氏ホタルが生息しているのですが、今の時期は平家ホタルが飛んでいます。
平家と源氏の違い、大きな特徴は体の大小、もちろん源氏が大。
もう一つの違いは、発光時間です。
源氏ボタルはツーーーと線を引いたように光が続きます。
平家ボタルはイルミネーションのように光ります。
漆黒の林の中、キラキラ光ながら乱舞する平家ボタルの群れに感動。
夢のような光景でした。


↑ 一応、ホタルを狙ってシャッターをきってみました。


☆ 薄 日


田貫湖は4月と8月のダイヤモンド逆さ富士で有名なんです。
逆さ富士を期待していたのですが、、、
生憎の曇天、雲はずーと富士山を隠したままでした。
早朝の散歩時、薄日が差してきましたが、、、 富士の姿は稜線がチラッと見えただけでした。
次回に期待していようと思います。

補足
どうして、富士五湖のことを最初に書いたのかというと、、、
必ず1つ思い出さないのです。
田貫湖は富士6湖にどうして入らないのか?調べたいと思っています。

※ 追 記
富士五湖について検索してみました。
富士六湖がありました。大雨の後に赤池と云う幻の湖が現れるそうです。
精進湖の水位と関係があり、その近くで出没するのだそうです。
田貫湖は人造湖の為、数にかぞえません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日のキジ | トップ | 燃えて散る華 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ちょっと、お出かけ」カテゴリの最新記事