きままに・・ 風便り

気の向くまま、足の向くままに日々を綴ります。

蝶の蛹 観察記

2016-10-08 21:56:44 | 自然
「 てんとう虫バス 」

近くの公園でウォーキング中に可愛いバスと遭遇。
スマホで切手風に加工しました。

 ここから下、虫の苦手な方は無視してください。
















10月6日(木)午後4時半ごろ見つけました。
蝶好きではありますが、、、 こういう物は大の苦手でした。
でも、、 この時があってこそ美しい蝶になるのですよね。
だから、毛嫌いしてはいけないんですね。
でも、大きいサイズにすることは出来きません。
加工している間に少しづつ慣れてきてます。

★ 前蛹

   ↑ ↓ 10月6日(木) 


★ 蛹
10月7日(金)午後1時半 
帰宅するとモゾモゾとうねるように動いていました。
そして、体内から何か落としました。
そのあと、動かなくなり、綺麗な緑色から見る見るうちに茶系の色に変化してゆきました。





 ↑ ↓ 午後2時44分


その場を少し離れて、しばらくして戻ると、律儀にお辞儀していたのです。。。

次の日には羽化するかな? と、期待したのですが、、、
今日になっても、そのままです。
もしかして、このまま越冬体制にはいったのかなぁ???

※追加記事
いろいろ調べてみると越冬して春4月に羽化すると書いてあります。
このままでは羽化できない可能性もあるようです。
また、調べて保護できるようにしたいと思います。

★ 10月9日(日)
昨夜は、雨が降り時折雷の音も聞こえました。
蛹が心配になりました。
調べてみると、自然の物だから雨も雪も平気なんだそうです。
下手な小細工をせず、見守ることにしました。


良く見ると、左右対称の形をしています。
ベストを羽織り両手をポケットに入れたバルタン星人のように見えます。
蛹の色は緑系の色が消え、ほぼフェンスと似た色になってきました。
蛹の色は、前蛹の時代に決めるのだそうです。← 蛹飼育のページを徘徊して得た情報です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美術館の庭にて | トップ | 三連休の中日 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (simosan)
2016-10-09 18:43:18
今晩は。

ご自分の家で観察できるとはいいですね。
春になるのが待ちどうしいですね・・・
思わず感動 (田舎人)
2016-10-09 19:50:52
yukiさんへ
すごい!、色が変わる瞬間に立ち会えるとは・・・。思わず感動いたしました。
虫の好き好きはともかく、大自然の大いなる瞬間(あるいは旬感)に立ち会えるとは、素晴らしいですね。
朝一、見たとたん感動いたしましたが、感動を伝えるのが遅くなりました。
申し訳ないですが、どうしてもyuki様になりそうです。
失礼いたしました。
Unknown (yuki)
2016-10-09 22:50:23
simosanさん♪
こんばんは

最初は本当にビックリして、恐る恐るの観察でした。
写真を写していくうちに、前蛹の姿が可愛く思えてきてしまったのです。。。
蛹に近づくのはまだ怖いのですが、、、
春が待ち遠しくなりました^^

美しいアサギマダラ蝶を撮られてきましたね^^

おまけの黄色い蝶々も可愛いですね。
2、3日前でしたが、珍しく庭にも来ていたんですよ^^
生命の神秘 (yuki)
2016-10-09 23:06:21
田舎人さん♪
感動していただけて嬉しいです^^
あの時は、何がなにやら分からず凝視していたのです。
でも、あとから調べて行動の意味を理解できました。
私にとっては不思議体験でしたが感動の瞬間だったのですね。
春に再び感動を観ることが出来ると信じて今年の冬は過ごします。
でも、ゆき様は苦手ですよぉ~

日曜大工得意なんですね^^
今、流行りのDIYですよね。
すわり心地良い椅子?ベンチ?楽しみですね。
男性が身の回り物を手作りできるって良いですね~^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。