きままに・・ 風便り

気の向くまま、足の向くままに日々を綴ります。

園芸教室

2016-11-18 22:15:18 | 庭にて(猫の額)
「 資料のスライド 」

講座タイトル名は「景色をつくる植物達・ 一年草から樹木まで」

(1)庭 木
常緑高木・・・ロケットツリー・匂いクレスト?
落葉高木・・・エゴノキ、姫紗羅、姫こぶし、花梨、シマネトリネコ
常緑低木・・・
落葉低木・・・薔薇、柏葉紫陽花、紫式部、万両、千両、十両

(2)草 花
1、多年草
常緑多年草・・・エリゲロン、コンボルブルス、セダム、ローズマリー、
落葉多年草・・・アスチルベクラピア、アキチョウジ、ルリマツリ、ゼラニウム、常盤つゆ草、(  ?  )、
宿 根 草・・・チェリーセージ、ムスカリ、チュウリップ、水仙、八重咲きドクダミ、

2、二年草・・・

3、一年草、

春咲き一年草・・・モモイロタンポポ、オルレヤ・グランディフラワー、

夏~秋咲き一年草・・・

冬咲き一年草・・・葉ボタン

つる植物(常緑性と落葉性)・・・ワイヤープランツ、斑入り野葡萄、琉球雀瓜

グランドカバー・・・ヒメツルソバ、コンボルブルス

※以上の分類は未だ確定ではなく、黄色文字は未だ植えていません。

☆ 今回の講座で知った花で庭に取り入れたいと思った花と木





↑ 今日の参考資料として教壇に置かれた花瓶。
ミニサイズの葉の紅葉と赤い実が可愛いのです。

↑ 教壇に落ちた葉

講師の先生は植物に造詣の深い女性、質問には優しく説明をしていただきました。
本場イギリスでイングリッシュガーデンの修業を積んだ細腕強者です。
庭の改造計画の参考になると思って参加してきました。

☆ 施設内のレストラン


美味しいポルチーニ茸のパスタランチをいただきました。

☆ 今日の庭

帰宅して、すぐ花壇作りの穴を掘り、この後は良い土を入れる予定。
春にはどんな花を咲かせることが出来るのか、、、
でも、長い視野で作業を続ける予定です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イルミネーションと十六夜の月 | トップ | お月見ドライブ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

庭にて(猫の額)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。