悠久なる雪月花-Blog Edition-

ライダーやプリキュアの玩具類とゲームを楽しむブログ。

タカラトミー TLK-13 オートボット スクィークス

2017年07月17日 | トランスフォーマー
●メーカー:タカラトミー
●発売時期:2017年7月15日
●標準価格:2800円(税抜)

劇場版「トランスフォーマー 最後の騎士王」より「TLK-13 オートボット スクィークス」のレビューです。

可愛い見た目にギミックが満載という内容から発売前から目を付けていた商品です。
近年のトランスフォーマー玩具では、ただ変形するだけではなく何らかのギミックを付け合わせる事で遊びの幅を広げさせるという商品も多く(ヘッドマスターや多段変形モデルなど)、スクィークスも単品では物足りない印象ながらも「コンテナ」という追加オプションを付ける事で魅力的な玩具になっています。

ではスクィークスのレビューをご覧ください。
◆パッケージ





「最後の騎士王」シリーズは全て縦に長いパッケージになっています

◆ロボットモード







薄汚れた小さな兵隊という見た目のスクィークス
造形自体は問題ないのですが、ウェザリング処理が雑すぎます


グリップは武器に差し替える事も可能


可愛い見た目に凶悪なガトリング法というギャップ


同じく右腕にも差し替えられます


この状態でガトリング砲を持たせるのは無理があるようです

◆トランスフォーム



ロボットーモードはスクーターが器用に折りたたまれていた感じだったようです
頭部を座席に収納するのは多少無理があるように思えましたが
変形難易度的は難しくもなく簡単でもない程よい感じ、遊び応えがあります

◆ビークルモード





一見、小汚い旧式のスクーター・・・しかし背後にはジェット噴射口が
スクーターになっても凶悪な一面を持っているようですw

◆コンテナ

スクィークスの目玉ギミック、それがコンテナ!


スクーターに連結する事が出来ます


その状態からコンテナを展開してビークルウェポンモード!


さらに展開すると格納庫モードになります


格納庫モードではロボ・ビークルモードと組み合わせて遊ぶことが出来ます


赤い作業ボックスにはオプションパーツを収納しておくことが出来ます
ビークルモードでは不要になるグリップも、ここに収納しておけばなくす事はありません


ロボモードではバックパックとして装備する事が出来ます


この状態でオプションパーツを全部取り付けるとフルウェポンモード?

◆小ネタ

店頭購入のキャンペーン品である「ゴールドベクターシールド」を持たせてみました
なんかもう絶対に強いw


この手のバイクなら大抵乗りこなせられる「ダイノシャウト」や
バイク野郎がスクーターに乗るという「ガスケット」など
サイズが合った上で可動範囲が十分に確保されているフィギュアであれば乗せる事も出来ます

◆まとめ

これ一つで「変形」「換装ギミック」「合体」「基地遊び」が楽しめるお得な内容となっています。

ウェザリングの雑さや、首が曲がらないなどといった不満はありますが後者は見る角度を変えれば目線もこちらに向いているような感じに見えるので特に気にならないと思います。ウェザリングの雑さは・・・自己責任で手直しする以外にないですねw;

サイズも手ごろで遊びやすい、いや遊び応えのある良玩具だと思います。他の主要キャラもいいですが、個人的にはこれが一番のおススメです。
[一覧に戻る]
『おもちゃ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バンダイ ONE PIECE STYLING ... | トップ | [撮ってみた] フィギュアーツ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。