悠久なる雪月花-Blog Edtion-

ライダーやプリキュアの玩具類とゲームを楽しむブログ。

マックスファクトリー figma 一騎当千Great Guardians 関羽雲長

2008年08月26日 | アクションフィギュア

2008年8月21日発売、定価2800円。
あまりにも人気がありすぎて主人公を空気にしてしまった最強クラスの闘士が、figmaで(これまた主人公を差し置いて)登場! 振り返れば、一騎当千のフィギュアといえば関羽の姐さんというくらい発売(もしくは予定)されている…これ、ある意味異常;
そんな中でも、今回の姐さんはファンからの期待も大きかったと思われるわけで…
まあ、多少不満な点はありましたが、ついに姐さんを自分の手で弄繰り回せる(言い方がやらしいとか言うなw)アイテムが発売されました。
じっくり堪能する事にしましょう♪

商品の方は、今までと同様、基本的なパーツ(ハンドパーツ&台座)に
表情違いの顔2種に青龍刀「冷艶鋸(れいえんきょ)」が付属
ボリュームがあるとはいえないセット内容だが
2800円でこの造形美を併せ持つアクションフィギュアという観点で見れば納得


差し替え用の顔は2種用意されている
ポーズに合わせて使い分けていきたい

ハンドパーツは従来どおりの形状のものが付属
赤いグローブに合わせて塗装されている





アクションフィギュアながら、美しい造形美を併せ持つのがfigmaの売り
後ろ髪には関節と同じジョイントパーツが仕込まれ、ある程度、髪の流れを変える事が可能


通常顔近影
女の子らしい仕草を持たせた場合には重宝します
まあ、しおらしい姐さんってあまり想像できませんがw


気迫のこもった表情
こちらは青龍刀などを使った激しいアクションポーズの時によく使います


最後に恥じらいの表情
これは後述のダメージver.の時によく使います
ちなみに片目は前髪で隠れちゃうんですが、ちゃんと両目とも健在です


姐さんといえば青龍刀
自然とこれを持たせて弄繰り回す事が多くなるかな?








姐さんは長い後ろ髪のせいでそのままでは台座に取り付けづらいです
そこで専用の補助パーツを使って、その問題を解決しています
それでも長い髪が干渉して首の可動範囲が限られてしまうのですが…
これはfigma共通の悩みですね;


もちろん清龍刀を使わずとも激しいアクションは思いのまま
今回もルル助にやられ役を担ってもらいましょうw


ハイキックを喰らうルル助…


踵落しを喰らうルル助…まともに技を受けられんのか;





パーツを差し替えてダメージver.が再現できます
というか一騎当千というネタの都合上、こっちの方がデフォだよねw



みだらな格好なので、無意識にみだらなポーズを取らせてしまいますw
うん、でも各関節のおかげで色気がでねえな;


色気といえば、今回はスカートが外せるのですが、
外してもこの通りくぼみがあるおかげで見た目がまったくよろしくない…;
スカート外しはタブーなんですか、figmaって?

というわけでfigmaの姐さんでした
実は、今回のレビューには続きがあるのですが、その撮影中に
髪の毛の塗料が剥がれてしまうという欠陥を見つけてしまいました;
ちゃんと定着させろよとほんにょこにょ

そして胸の分割線やスカートを外しても見苦しいくぼみがある点など
多少、不満も残る点もありましたが
高い造形度とアクション性を併せ持っている点は今回も高評価です
これほど手軽にガシガシ遊べるアクションフィギュアもありますまい










さて、ここから先は
自分が良識ある変態
だと自負できる人だけお進みください

R-15な後編に続く

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マックスファクトリー figma... | トップ | 8月16~23日の巡回 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。