悠久なる雪月花-Blog Edition-

ライダーやプリキュアの玩具類とゲームを楽しむブログ。

バンダイ LVUR-06 ビートゲーマ

2017年08月03日 | 仮面ライダー
●メーカー:バンダイ
●発売時期:2016年11月26日
●標準価格:1500円(税抜)

バンダイより「LVUR-06 ビートゲーマ」のレビューです。

ライダーと合体して更にレベルアップする強化アイテムシリーズ第二弾です。
RPGのブレイブとリズムゲームの合体という異色な組み合わせですが・・・某社のシアトリズムとかありましたね。ただ、見た目はファンタジーとポップミュージックの組み合わせで奇抜な事になっています。

では「バンダイ LVUR-06 ビートゲーマ」レビューをご覧ください。

◆パッケージ

パッケージ前後


パッケージ左右


パッケージ上下


ロボットゲーマ同様、小ぶりのパッケージ

◆ビートゲーマ







全身、蛍光イエローのDJ風コミカルキャラのビートゲーマ
基本的な構造は前回のロボットゲーマと同じ

◆仮面ライダーブレイブ ビートクエストゲーマー







騎士からDJにクラスチェンジ?
意外にも蛍光イエローとメタリックブルーの配色がまとまっています

◆アクション







合体する事で可動域が狭くなるのはロボットアクションゲーマーと一緒
着せ替えを楽しむのが主体であってアクション性は無視されています

◆組み替えパターン

『仮面ライダーエグゼイド ビートアクションゲーマー』
ブレイブより似合っている感じ


『仮面ライダースナイプ ビートシューティングゲーマー』
2017/08/17投稿「コンバットゲーマ―」レビューに伴い追加
逮捕された詳細はスナイプレビューの4コマにて


『仮面ライダーゲンム ビートアクションゲーマー』
こちらは色合い的に工事現場みたい・・・w

◆『今時のゲーム機はカラオケにもなる』の巻







そういや後の人もデフォルメ形態からリアル形態になる人(?)でしたね

◆まとめ

というわけで「バンダイ LVUR-06 ビートゲーマ」でした。

ブレイブ自身も"意外な組み合わせ"で似合っていましたが、やはり風貌的にはエグゼイドとの組み合わせがピッタリでしたね。このように素体と強化アイテムとの組み合わせを楽しめるのが着せ替え型ライダー玩具の楽しい所です。

玩具では着せ替えギミック優先でアクション性は乏しいのですが、立たせておくだけなら観賞にも耐えうるクオリティだと思います。
[一覧に戻る
◆関連記事
バンダイ LVUR-01 仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマー
バンダイ LVUR-02 仮面ライダーブレイブ クエストゲーマー
バンダイ LVUR-03 仮面ライダースナイプ シューティングゲーマー
バンダイ LVUR-04 仮面ライダーゲンム アクションゲーマー
バンダイ LVUR-05 ロボットゲーマ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加