悠久なる雪月花-Blog Edtion-

ライダーやプリキュアの玩具類とゲームを楽しむブログ。

バンダイ ガイストクラッシャー EXCF 02 ハヤト×ガルーダ

2016年02月10日 | アクションフィギュア
●メーカー:バンダイ
●発売時期:2013年11月23日
●標準価格:3,024円(税込)

アニメやゲームと連動して展開した玩具シリーズ。
結果的に見れば商業的に残念な結果に見えるんですが、そう見てるのは大友だけであって子供たちにとっては「妖怪ウォッチ」や「ヒーローバンク」と合わせて楽しんでいたのかもしれませんし、彼らが大友になったら思い出に浸るのでしょう。

とはいえ玩具はいつまでも売れ残っていたようで、イオンで酷い投げ売り状態で放置されているのを流石に見かねてしましたw;
ゴールデンな彼がゴールデンに捌かれなかったハヤト×ガルーダのレビュー、まずはご覧ください。

■ハヤト









大きな翼が目を引きますが、少々、収まり方に難あり
翼を広げようにも両腕が邪魔して広がりきらず、重さで転倒しやすい
外れやすいという点もあるのですが、外した方がバランスが保てますw;




顔つきはゴールデンな美男子というより、ガッツリと男らしい感じ
もっとも瞳孔が開いているような目だったレッカと比べたら、割と落ち着きのある表情
首の可動範囲は上下に動かしづらく、その辺はイマイチな感じ

■変形









レッカと比べるとかなり複雑な変形機構
この為、腰が回らないという弊害もありましたが、それ以外は割とグリグリ動かせるので
神がかりな可変ギミックと評価できるでしょうw

■ガルーダ









実は人モードよりガルーダの方が安定性がしっかりしています
各パーツがしっかりハマってるので型崩れしづらく、翼も横に広がりきります
重心も人型より整っているので立たせやすいので、こちらの状態で飾っていた方が安心です


ちなみにガールダ顔を下にズラすと軽くホラーなので気をつけましょうw

■アクション



レッカと比べると可動できる範囲は広くポーズは付けやすいです
とはいえ首が上下に動かない、腰が回らない、股があまり開かないなど不満点も多く
膝関節もすぐにヘタれたので立たせづらいと散々な内容かも




逆にガルーダモード時は予想外にポーズが付けやすくモード自体の保持力も高いので遊びやすいです
このガルーダモードでの安定性の高さが評価を底上げしていると言って良いかも

■まとめ


というわけで「ガイストクラッシャー EXCF 02 ハヤト×ガルーダ」でした。
レッカと比べたら出来が良いという認識です。変形ギミックも面白い内容でしたし、単純に変形を繰り返して遊ぶという点では良玩具だと思います。
ちなみにamazonで300円以下で売っているようです。送料の方が高いですが気が向いたら回収してあげてやってください…。

[一覧に戻る]

◆関連記事
バンダイ ガイストクラッシャー EXCF 01 レッカ×フェンリル
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バンダイ ガイストクラッシャー EXCF 01 レッカ×フェンリル

2015年03月23日 | アクションフィギュア
●メーカー:バンダイ
●発売時期:2013年11月9日
●標準価格:2,800円(税抜)

アニメやゲームと連動して展開した玩具シリーズ。
この手の売り方は、レベルファイブが「イナズマイレブン」「ダンボール戦機」「妖怪ウォッチ」で確立していたんですが、それにカプコンも乗っかろうとした結果、無残な結果に終わってしまったガイストクラッシャー。

「妖怪ウォッチ」という巡り合わせが悪かったのか、時代に合わなかったのか…既にアニメ放映は終了。ゲームは投げ売り状態。次回作のゴッドは出荷本数を抑えたのか暴落は免れているものの、この記事を書いている期間中、DL版が1500円で配信している有様。

そして今回、突如このネタを取り上げる事になったのも300円という投げ売り状態と出会ってしまった為。さすがに救済という形で購入し、同日購入していた「TK09 仮面ライダードライブ タイプフォーミュラー」や「マスターピース スターセイバー」に先駆けてレビューする事にしました。
■パッケージ



セット内容は主に本体のみ
その他に説明書とゲームで使えるデータシートが付属していました
最後の最後まで残ってた投げ売り品だったので箱の情状態は良くなかったですね

■メイルフォーム







元がそうなんですが、ロボットの体に人間の顔が付いている感が強いですね
目も生気がないように見えて不気味です
合成の方でハイライトを入れたんですが、それだけでかなり雰囲気は変わったので手を加えると良いかも




可動の方は意外に上半身は良く動きます
問題は下半身でした…変形ギミックの都合でかなり動きが制約されます

■フォームチェンジ

胸部アーマーで顔を隠します


尻尾となる部分を下します


フェンリルの頭部を展開します


肩の根元から腕を回転させます


太ももを分割し膝アーマーを背中に固定させます


足の武器を回転しフェンリルの足を展開して変形完了!

■エクストリームモード













ちょっと胴体が長いく後ろ足の関節も一つ足りませんね
ただ顔の造形はしっかりしていて、上半身だけ見ればカッコ良さが際立ちます




そんなにポーズは取れないだろうと思っていましたが、そこそこらしい動きは表現できました
地に足を付けるより飛び掛かっているポーズが画になりやすいですね

■おまけ

変形途中に見せる不思議生物形態w


レビュー1周年記念追加画像です


なお、1年の間に尻尾が折れてしまいました(この後、接着しています)

■まとめ
こういうネタって確か聖闘士聖衣神話が出たばかりかそれ以前に星矢でもやってたと思います。
確かオブジェモードに変形する奴でしたが、それをガイストクラッシャーで再度やった…という事ですね。元々ゲームでも変身するのですがw

ネタ的には面白いのですが、作品自体の人気がイマイチだったのが諸に響いた印象です。
時代に見合ってなかったのか、妖怪の仕業なのか…惜しい作品であり惜しい玩具でした…。
一覧に戻る
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

バンダイ ワンピース ちびアーツ ボア・ハンコック~後編~

2011年07月25日 | アクションフィギュア
■オプションパーツ/想い顔関連



【付け替え用フェイスB/想い顔】
妄想に耽ってる顔
原作では、喋りながら妄想に耽っている事が多いので、口を閉じているこの表情は
可愛すぎてハンコックのイメージに繋げ辛い
しかし、この表情があまりにもプリティすぎてレジに持っていく要因になったw


【想い顔を用いたポーズ例】
パッケージ裏や取説に掲載されていた組み合わせ
ルフィ人形を抱きかかえています




【ルフィ人形ポーズ用腕パーツ】
原作ではルフィ人形というのはなくフィギュアオリジナルによるもの
そもそもハンコックは美しいものに対して見る目が厳しく
まして想い人のルフィ人形なら、この程度の出来だとかえって怒りを買う気がするんですがね・・・

■オプションパーツ/すまし顔関連



【付け替え用フェイスC/すまし顔】
なぜかオプションパーツ扱いだった通常フェイスともいうべきすまし顔
当初のハンコックのイメージそのものの表情です


【すまし顔を用いたポーズ例】
右腕は腰当腕パーツ、左はデフォルト腕パーツに手首が握り手という組み合わせ


【腰あてポーズ用腕パーツ&付け替え用左手首パーツ】
左手には指さしハンドパーツがない代わりにやわらかく握った形のハンドパーツが付きます
ただし、同様のパーツは右手用にはありません


【左腰あてポーズ用腕パーツ】
腰あての腕パーツは左右ともに用意されています




【右そえ手用腕パーツ】
また、右腕には胸に手を添えるパーツも付属しています
「そうよ。それはわらわが美しいから」と自己主張する時のポーズを再現する為のパーツです




【右指さし用腕パーツ】
右腕をまっすぐに刺したパーツも用意されています
これは大きな胸の凹凸にハマるように加工されていました

■ポーズ集









【各種パーツを用いた組み合わせ例】
各腕パーツは手首が外せるようになっているので、腕と手の組み合わせを変える事で
応用を効かせたポーズをとらせる事ができます
ちょっと苦しいですが「芳香脚(パフューム・フェムル)」をイメージしたポーズもできました

■まとめ

【サロメは食玩ウナギ缶で代用】
というわけで最後は、お供のサロメを食玩のウナギ缶で代用して可愛い蛇姫様を演出w
見事なバンダイ製ねん○ろいどでした
台座も2種類用意してあり立たせやすく撮影しやすかったのも好印象で何より可愛い造形には文句なしでした

もともと露出が高くデフォルメながらも見事なボディーラインを持つ商品でしたので
同シリーズのプリキュア組の差し替え用として買ったのが本音ですが
ここまで安定した出来だとワンピースシリーズも集めたくなりますね~
あっ、男は別として(アレ?

【アクションフィギュア一覧に戻る】
前篇に戻る













































































■オマケ『あの後、どうなった?』の巻







今回、ハンコックに絞ったネタは思い浮かばなかったよ・・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バンダイ ワンピース ちびアーツ ボア・ハンコック~前編~

2011年07月21日 | アクションフィギュア
【概要】
・メーカー:バンダイ
・発売時期:2011年7月16日
・標準価格:2,940円(税込価格)

国民的漫画作品ともいえる「ワンピース」より、王下七武海の紅一点にして絶大な人気を誇るボア・ハンコックがちびアーツで登場。
正直、買う気はなく予約自体しなかった商品だったんですが、発売日に売っていたのを手に取る事が出来たのでパッケージを眺めていたらレジに持って行ったという恐るべし商品。もっとも、ちびアーツ「キュアベリー」「キュアパイン」「キュアパッション」が魂フェスティバル2011にて"参考出品”されている情報があった為に「キュアベリーの差し替え用パーツに使える!」という思惑もありました。

しかし、撮影していると…やっぱりちびアーツの出来は安定しています。
フィギュアーツのキャラクター物では、すっかり信頼をなくしてしまっているのですが(ただしプリキュアシリーズは初代組以降、ワンピースシリーズではサンジから調子を上げているようです)、ちびアーツならば造形的に安心できるというイメージが着々と根付き始めている感じです。正直、ナミも買ってしまおうかと思ったりしますw

というわけで、出来が良ければ撮影枚数が増える。それに加えてオプションパーツも多いし、半アクションフィギュアというジャンルも加わり、やっぱり1ページでは収まり切りませんでした。今回も前後編に分けて遊びつくしたいと思います。
■『女帝襲来!』の巻







…で、石化されたライダーたちはどうすんのよ?
■セット内容







【パッケージ】
パッケージのメインとなる姿はデレ顔となっています
いやまあ~確かに原作ではデレ顔がよく目立つんですがね…
初登場時を思うと想像できんキャライメージとなったもんです
なお、底に見下しすぎて逆に見上げるポーズを掲載している所に遊び心を感じますw




【ブリスターケース】
箱から出したらビックリ…思いの外、パーツが詰め込まれていました
ちなみに2段重ねのように見えますが、一部が重なっているだけで基本的に1段包装でした

■基本パーツ







【全身】
本体はデレ顔の状態で封入されていました
当然、自立は不可能なので台座が必須となります
台座はマントを付けた時用と外した時に使う支柱の2パターン用意されています
台座はかなり安定性が高かったです




【胸】
デフォルメボディなのに出てる所はきっちり美しく丸みを帯びていました


【腰】
間近で見ると腰巻の塗装の粗さが気になります
柄の着色のいい加減さもありますが、腰巻自体の下地の色(シルバー)まで目につきます


【腰巻脱着可能】
腰巻は脱着可能
外すとセクシーなおパンツが…w


【腰巻の中身】
おパンツも下地のシルバーにクリアレッドを吹いている様子
しかし、腰の造形がデフォルメながらもエロいです
■オプションパーツ/照れ顔関連



【デフォルトフェイス/照れ顔】
デフォルトのフェイスパーツは照れ顔です
目線は左に向かってますので、自然とポーズも左向きになります
買う気がなかった私のハートにジャブで揺さぶりをかけてきたプリティーフェイスです


【照れ顔を用いたポーズ例】
パッケージや取扱説明書で掲載されているポーズ
写真は顔をもう少し右に向けるとらしく見えたかもしれません




【照れポーズ用腕パーツ】
豊富な腕パーツの一つで写真のように左右使う以外にも片方だけ使うのもあり
そういえば、原作を見返してみるとデレた後のハンコックは、やたらと手を顔に添えてますね~

■オプションパーツ/見下し顔関連



【付け替え用フェイスA/見下し顔】
こちらは見下し顔と言いますが、普通にアクション全般に応用できる険しい表情です




【メロメロメロウ用腕パーツ】
両手でハートを象り、敵を石化させるメロメロメロウのポーズが再現できます




【見下し過ぎて逆に見上げるポーズ】
付属の差し替えパーツを付ける事で、あの名ポーズも再現できます


【見下しすぎポーズに使うハンドパーツ】
このポーズで使う腕パーツは、デフォルトの腕パーツに手首だけを交換して使います
特に左の手首パーツはこの為だけに用意されているようで、右手用は用意されていません
同様に指さしも「指さし腕」から流用したもので、左の指さし手首はありません


【見下しすぎポーズの応用】
やはり腰に手を当てないとポーズが閉まらないと思うわけで…
写真は腰当用の腕パーツに、デフォルトの腕パーツから手首だけを差し替えた組み合わせです


【通常用腰パーツと見下しすぎポーズ用腰パーツの違い】
見下しすぎのポーズにする為には腰パーツを差し替える必要があります




【通常用腰巻パーツと見下しすぎポーズ用腰巻パーツの違い】
腰巻も別に用意されたものと差し替えます
見下しすぎの時は袖口が開いたものを使い、脚部の可動範囲を広げられる用に配慮されています


見下しすぎ以外にも空を飛ぶ姿も可能ですw
いや、飛べませんけどねwww

というわけで、前半は以上です
後半は引き続きオプションパーツの紹介と
色々組み合わせてバリエーション豊かなポーズを模索していきたいと思います

【後編に続く】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バンダイ フィギュアーツ 侍戦隊シンケンジャー シンケンレッド 後編

2011年02月18日 | アクションフィギュア
■『メンバーが揃わない訳』の巻







ちなみに(水)も(木)も体は(火)の使いまわしだと思う…
あっ、ちなみにメンバー全員揃える予定ですのでw

■アクション





【シンケンマルを用いたアクション】
腕が内側に曲げ辛いというのは、日本刀(?)を構えるアクションをするには致命的な欠陥;
シンケンレッドはチャンバラとはいえ、しっかりした日本の剣術を使うので
もっと脇を閉めて両手で刀を持ちやすいように作って欲しかったです


その名もトタタケルさんw








【烈火大斬刀を用いたアクション】
烈火大斬刀は見た目に反して軽いので、振り上げた状態でもしっかり自立できるのが強み
残念ながら大筒モードには変形できません
おそらく変形を盛り込む事で強度的な問題が発生するのだと思うのですが
それなら差し替え式ですれば良かったのでは?


【アクション補足】
ちなみにほぼ完璧な形で片ヒザ立ちが可能です
獅子折神を巨大化させるシーンも再現可能!


大丈夫!弾は「斬裂弾」だからw(モンハンのやりすぎ)




※チノマナコ ディエンド態の代役としてディエンドを起用






フィギュアーツ版のディケイドコンプリートフォーム持ってないんですよ~!

■『ニチアサトリオで仲良く踊ってみた』の巻







しかし、殿もディケイドもノリノリであるw

■初回限定付属 黒子

【パッケージ】
パッケージは白黒で、背面にペーパークラフトの旗が印刷されています








【全身】
固定フィギュア・・・いわゆるフィギュアーツZEROですね
ちゃんとしたPVCフィギュアなんですが、食玩レベルでも間に合いそうなオマケといった感じでした




【顔】
顔と言っても素顔は隠れているので何とも言えず
ただ、塗装がちょっと酷い;
ムラやはみ出しが目立っていました


【接着が甘かった様子】
ちょっとしたはずみで足がポロッ…個体差でしょうが、こういう事例もありました

■『黒子~! 後!!  後!!!』の巻







というか、フラワータクトがシンケンマルのパクリではないかと思われ…

■まとめ

【フリー壁紙】
画像をクリックすると別窓で1024×768サイズの画像が表示されますので
右クリックから「背景に設定」を選んでご利用ください

ちなみにパッションが不在なのは、ディケイドをダブルに変更しなくてはならないからです
(あと、パッションが未開封という事もあります;)


今回、大きな玩具もいくつか登場してたので集合写真は、ニチアサトリオに止めておきます;
さて、シンケンレッドレビューでしたがいかがでしたでしょうか?
今回の4コマネタは短編集でまとめてみましたが、お楽しみいただければ幸いです

4コマネタが充実していたように、とにかく何をやらせるにも十分なオプションパーツのおかげで
これでもか!というくらい堪能できます
商品のボリュームについては文句なしの一品でしたが気になるのは
やや粗い塗装や肩の可動範囲です
特に肩の可動範囲に関しては撮影中、何度も苦戦させられました・・・
後に続くメンバーは、この問題点が改善してあるよう祈るばかりです;
アクションフィギュアレビュー一覧に戻る
前編に戻る
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

バンダイ フィギュアーツ 侍戦隊シンケンジャー シンケンレッド 前編

2011年02月15日 | アクションフィギュア
・メーカー:バンダイ
・発売時期:2011年2月11日
・標準価格:3360円(税込)

ついにスーパー戦隊からシンケンレッドがフィギュアーツにデビュー!
これによりシンケンレッド・仮面ライダーディケイド・キュアピーチの2009年にスタートしたニチアサトリオが揃い踏みする事が出来ました!

さらに豊富な付属品の中には烈火大斬刀といった大型専用武器まで付属するという充実っぷり。安定した造形で貫禄のある見た目もありとスーパー戦隊デビュー作としては十分と思える影で、腕が内側に可動し辛いなど、ちょっと気がかりな点も・・・

とにかくボリューム満点かつ近年のスーパー戦隊では特に人気の高い殿様、シンケンレッドを前・後編の二部構成で堪能していきます!
■『シンケンジャー、参る!』の巻







1人だけだけど侍戦隊シンケンジャーレビュー、いざ参る!

■シンケンレッド



【パッケージ】
パッケージは全体的に赤目(前面の商品画像も赤く染まってますw)
一部、金であしらわれたパッケージです








【全身】
羽織袴風の全身タイツヒーロー
顔は(火)と単純明快、初見はダサいの一言で片付けられたデザインも
今やカッコよくまとまって見えてしまう威厳ある立ち姿ですw

何かと鎧のようなもので着飾っている平成ライダーと比べると
戦隊ヒーローは限りなく全身タイツ姿なので、細身なフィギュアーツでも
実写とあまりイメージが損なっていない印象です


【頭部】
顔は近くで見ると白い縁取りが雑に塗られているのが分かり、ちょっと残念な感じ




【ハンドパーツ1】
付属のハンドパーツの内、まずは握り手・平手・持ち手A・持ち手Bです
持ち手B以外は左右両方ありますが、持ち手Bは右手限定です




【握り手の用途】
持ち手Aは武器を直角に持つ感じで、主に肩手持ちに適しています
持ち手Bは両手持ちが出来るように武器を傾けて持たせる事ができます
ポーズにあわせて使い分ける事ができる心遣いです
(なら「左手も付けろ」とか言わないのw;)




【ハンドパーツ2】
さらに獅子折神エンブレムモードやショドウフォンを持たせるための専用パーツも付属します

■『モヂカラの力』の巻







仮面ライダーディケイド改め、仮面ライダーディケッセルの誕生であるw

■付属品



【ショドウフォン/獅子折神(エンブレムモード)】
小道具としてショドウフォンや獅子折神エンブレムモードが付属
特にショドウフォンはモヂカラを使うシーンの再現には必要不可欠です!
ただし、どちらも非常に小さい上、持たせてもポロリしやすいので紛失には注意




【獅子折神】
・・・という事だそうです。やるなよ!絶対にやるなよ!!(もう遅い)


【DXシンケンオー獅子折神との比較】
ちなみにDXシンケンオーの獅子折神と並ばせるとこんな感じ
殿を跨がせて騎乗させる事が出来る大きさですね


小さい獅子折神を使ってドクター真木ごっこもできるぞw!




【シンケンマル】
戦隊メンバー共通武器のシンケンマル
秘伝ディスクは取り外しも出来ますが回転はしません
あと、あまり着脱を重ねると保持力が失われてくるので、むやみに外さない方がいいかも?




【シンケンマルを用いたアクション例】
多少無理をしている気はしますがシンケンマルを両手で構えさせる事も可能です
ディスクを回して火炎斬りの予備動作も可能です
(一部、画像を編集してあります)


【シンケンマルの帯刀】
シンケンマルは溝に差し込む形で腰に帯刀できます




【烈火大斬刀】
見た目からして重そうな烈火大斬刀は以外にも軽量です
中が空洞のプラで軽量化が図られており、写真のように持たせても自立が可能です




フィギュアーツ 仮面ライダースカルに付属する帽子もビシッと決める殿!
後編はアクションと初回付属の黒子を交えてご紹介します
後編に続く

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バンダイ ULTRA-ACT ウルトラマンベリアル

2011年02月07日 | アクションフィギュア
・メーカー:バンダイ
・発売時期:2010年8月上旬
・標準価格:3780円(税込)

今回はバンダイのウルトラマンアクションフィギュアシリーズであるULTRA-ACTから悪のウルトラマン、ベリアルのレビューです。ULTRA-ACTのULTRAはもちろんウルトラマンからなのですが、ACTとは理想的体型を表すACTORと、アクション性を表すACTIONの二つの意味を持ってるそうです。

そしてこのブランド名が示すとおり、プロポーションとアクションを両立を目指しているようですが、そこに遊びやすさは備わっているのでしょうか? その辺を交えつつ、演劇ネタ(ストーリー4コマ)では、「アクションアーカイブ ウルトラマンゼロ」から「同 ジャンボット」に続く完結編をお贈りいたします。
■ウルトラ3部作その3「3つの輝き」Aパート







今回は「アクションアーカイブ ウルトラマンゼロ」及び「同 ジャンボット」に続く完結編です!
レビューの最後にウルトラ三部作をまとめたスライドショーもあります
■ウルトラマンベリアル







【全身】
猫背蟹股の姿勢で8面図
この姿勢だとウルトラマン+怪獣=ベリアルという図式が分かりますね
意外と足首の可動範囲が狭いのでバランスが取りづらく立たせ辛いのが難点です;


【直立姿勢】
ベリアルは猫背のイメージが強いので、あまり直立姿勢にする事はありませんが参考までに
このポーズだとO脚になっているのが目立ちますが、基本的に猫背蟹股という姿勢なんで
むしろO脚の方が都合がいいのでしょう・・・


【頭部】
今までありそうでなかった悪のウルトラマン
(偽者のして敵対したのはいましたが)
ウルトラマンのイメージを残したまま、悪の表情を表したデザインはまさに秀逸!
特徴的な目は黄色からオレンジのグラデーションで、毒々しいボディカラー中でも一際目立っています


【口の開閉】
ウルトラマンに歯があったw!
エイリアンチックなベリアルの魅力を引き出しているギミックです
また首の上下可動も広いのがポイント




【ハンドパーツ】
握り手兼武器の持ち手と一部可動する平手が付属します
平手は5本指がそれぞれ可動するのではなく
人差し指と中指・薬指と小指が一体となって可動するようになっています
また各指関節の保持力はプラプラな状態できめ細かい仕草を表現するのには不向きです


【関節の保持力】
関節が多くあるのは可動範囲にとってはプラスなんですが
保持力がなければ、まともな姿勢すら保つ事ができない悲惨の状況に陥りやすいです

残念ながらベリアルは各関節の保持力がゆるく股関節に関しては外れやすいという欠陥を抱えていました
胴体の保持力も弱く体が傾きやすくポーズの保持に大変な支障が出てしまうなど
ユーザーによる補修が必要となります


【関節の補修について】
写真のようにFFR響鬼にコブラツイストをかけてもらう事で保持力が改善するわけがないので注意してください
ただし、ディスプレイのネタとしては安定して立たせられるので良いかもしれませんw

股関節・胴体部に関しては軸を瞬間接着剤で太らせる従来の手法の他に
両面テープを軸に貼る方法もあるそうです
瞬間接着剤の扱いに不安がある人は両面テープの方法を試してみて下さい

肩・上腕軸回転部・手首に関しては有効な解決法を提示する事ができません
まず肩関節は分解が必要になります。人によっては分解しきれず、構造を把握できない為
肩の保持力を上げる為にはそれなりの知識と覚悟が必要になります

上腕部の軸回転部と手首に関しては軸の部分が細い為、下手に手を出すと軸がねじ切れる恐れがあります
特に上腕部は無理に外さないで下さい、危険です




【アクション1】
関節部分は多いのですが各関節の保持力の弱さがポーズを維持してくれないのでイライラが募ります
胴体部や股関節は前述の通り改修できますが
腕の関節は弱いので思い通りの位置に留まってくれずに妥協しながらポーズをつける事が多いです






【ボディビルアクション】
体格が体格だけにこういうネタがしっかり出来るのは高ポイントですw
■ウルトラ3部作その3「3つの輝き」Bパート







ベリアルとの死闘に決着・・・って、ほとんど戦ってるシーンなかったなんてツッコミ禁止!
構成上、カットしただけです(未公開シーンはスライドショーに収録しています)

■オプションパーツ

【ギガバトルナイザー】
ベリアルの武器
柄は短いものと長いものが用意されています


【光弾エフェクトパーツ】
ベリアルショットを再現する光弾エフェクトパーツも付属!


【ベリアルデスサイズ】
発光したギガバトルナイザー先端部と光鎌パーツを取り付けてベリアルデスサイズ
下記のライダー劇場では発光してないギガバトルナイザーに光鎌パーツを取り付けてしまっていますが
「発光してない物でも取り付けられる」という介錯で大目に見てください(コラ


【全オプションパーツ接続】
全てのオプションパーツは接続可能です
細かい余剰パーツをなくさない手段としていかがw?












【アクション2】
やはり一番気になる点は腕の関節保持力
特に武器を持ったポーズでは片手で支えきれないのが痛い;
両手持ちならある程度、融通が利くのが救いです・・・
■ウルトラ3部作その3「3つの輝き」Cパート







こうしてゼロはSOS団に拉致勧誘されましたとさ、おしまいw
■まとめ

【フリー壁紙】
画像をクリックすると別窓で1024×768サイズの画像が表示されますので
右クリックから「背景に設定」を選んでご利用ください


【ウルトラ三部作総集編/究極の闇外伝・究極の闇外伝 Competing of Dream】
アクションアーカイブゼロ&ジャンボットと今回のベリアルに収録されたストーリー4コマの総集編です
レビューの構成上カットされたシーンや後日談が収録されており
よりストーリー性の高いものに仕上がっています
レビュー公開版とはかなり物語の流れが変わっているので見比べてみてください


【まとめ】
というわけで、ULTRA-ACTベリアルレビューでした
仮面ライダーシリーズではなかなか一般販売されない悪役の商品化は正直羨ましくもあります

ベリアルはファンでなくても惹かれるカリスマを持っているので
アクションフィギュアを買い集めているタイプの人間としては欲しくなる一品でしょう
私もその1人だったのですが、購入して弄くり倒した感想は「遊び辛い」という事でした

やはり箱から出してすぐに股関節がポロリしてしまうほどゆるゆるな保持力は
ガッカリとしか言いようがありません
もっとも、保持力の弱さはある程度、自分の手で改修する事はできますが
それも全てじゃないので落胆は隠せません

関節の保持力を省けば造形物としてはよく出来た一品ではありました
出来の悪い玩具を自力で直して愛着が沸くタイプの玩具なので購入する場合は
それ相応の覚悟をして下さいw
【その他、玩具レビュー一覧に戻る】
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

魂ウェブ商店限定 S.H.Fフィギュアーツ キュアルージュ

2010年04月08日 | アクションフィギュア
【概要】
 メーカー:バンダイ
 配送時期:2010年3月18日
 標準価格:7350円(キュアミント及び特製台座とのセット)

「Yes! プリキュア5」及び「Yes! プリキュア5 Go Go!」に登場する5人のプリキュアの一人で「情熱の赤い炎 キュアルージュ」です。
本来のターゲット層には不人気だったものの、大きなお友達からは支持を得ていたのですが、その大きなお友達が購入するであろうフィギュアーツで一般販売されないという何とも不可思議な販売手法が取られてしまいました…。

さらに販売延期に伴う予約受付期間の延長を経てやってきたのは、限定商品とは思えない品質とクオリティを持ち合わせた駄作。事前に他所のサイトのレビューでガッカリ感というかショックを受けていたにも拘らず、実物を目にしたらまたもやショックを受けるという破壊力抜群の「これで良いはずがない感」は凄まじかったです;

そんなわけで写真撮る前からやる気が削がれてしまったのですが、それでも数少ない貴重なプリキュアのアクションフィギュアです。
いつか揃うであろうプリキュアオールスターを直に目にする為に頑張って紹介していきたいと思います。

パッケージは単色カラー仕様です
限定にはありがちなんですが、しっかりパッケージデザインしているんだからフルカラーで見たかったかな;

フィギュアの前に、まさかパッケージにツッコミどころがあるとは思わなかったw
その他、「首から肩にかけてのジョイントはより自然なラインを追及」と記されているなど
もう一度出来上がったものを手にして言ってみろと問いたい売り文句がチラホラ…







特に拘りがなければ、パッと見た感じなら特に不満はありません
台座でしっかりホールドして飾っておくだけなら、この出来栄えでも十分でしょう
実際にこれで満足していらっしゃる方もおられるようです

問題は台座が標準装備されていないんですけどね~;
(魂ウェブ商店限定セットでは台座が5セット付属しています)

通常フェイスのアップ
アニメ画と比べれば幾分違いがあるのですが、2次と3次ではどうしても違いは出てくるのでそこは仕方ないです
救いは、そこそこ可愛く仕上がっているという事ですね

こちらは差し替えパーツで怒り顔
目線が左に向いていますのでポーズもそれに合わせて限定されてしまいます
しかも、造形もかなりイマイチ…角度によっては顔の歪みさえ感じてしまいます

それに付け加え頭部パーツは外れやすく首も長いので見栄えが悪くなっています
ちなみにこれは通常フェイスにも言える欠点です

どうしても気になる場合は首の軸穴(上)を掘って調整するのが良いと思います
無論、改造は自己責任にて…;

ハンドパーツは握り拳と平手が左右に一つずつ付属していますが
キュアフルーレを持たせる為の持ち手が右手側にしかありません…
不満なのは平手が、まるで風船で膨らませたようにパンパンに膨れて見えることですね

武器としてキュアフルーレが付属
内容としてはあっさりし過ぎで本当に限定品?と疑いたくなります
まあ、フィギュアーツって全体通してオプションパーツが少なめなんですけどね;



もはや最大の欠陥!と言っていい肩の可動範囲
全身写真では脇を広げたポーズで紹介しましたが、あれ以上脇を閉められないんです
パッケージなどの商品見本では、脇を閉めているようなポーズもあるんですが
実際にはそのようなポーズを取らせる事ができません

これは肩のフリルパーツが思いっきり干渉している為で、直立姿勢も満足にできず、腕組みもできません
個人差でしょうが左肩が外れやすいというオマケまでついていて、これはもうあんまりな仕様です

ライダー系ならもう少し曲がる肘も美少女系だと45度にも達しませんし、曲げ具合が何か不自然
上腕部と下腕部がゆがんで接続されている様に見える事があります

お辞儀や背伸びが出来ます
もっともお辞儀は股関節の賜物ですが…
ちなみに左右にひねる事もできます

股関節はライダー系と同じくらい開きますが、既にゆるかったです;
膝も二重関節のように見えて、実は一つ分しか機能してないので肘と同じくらいの範囲しか曲がりません
なお、太ももの付け根が軸回転します







一癖も二癖もある可動な上、表情とポーズがミスマッチしやすいという罠発動
基本的にスポーツ少女なので、すまし顔よりはハツラツとした表情も欲しかったところですね

ていうか、すまし顔が標準なのに脇が閉められない時点で弄ばれます;
撮影時に、どういうポーズを取らせれば良いのか結構悩みました









キュアフルーレを持たせたアクションでは
任意の角度で構えられない(保持力が足りない)のでイライラが募るばかり…

叫び顔も目線が左に傾いている為に方向が限定されてしまいますし
フルーレを持たせる手が右手だけなので、叫び顔で攻撃した瞬間を表現するのは実質不可能です

逆の目線も用意してくれるなら話は別なんですが、そうでないなら基本的に正面を向いてもらいたいものです…

それは言うな

ヒーローの造形は得意なんだろうけど、ヒロインはダメだというイメージは相変わらずでした
第1作目のハナやドリームたちで何にも学習していないと評価されても仕方でしょう

唯一の救いは箱に収めて眺めるだけなら需要は大いにあるという事くらいです
ガシガシとポーズを付けたり寸劇するには、まったく適していない感じで
適当にポーズを付けて半永久的に棚に飾っておくのが正しい遊び方なんでしょうね

それじゃ~アクションフィギュアの醍醐味がないんですがね…

【関連リンク】
アクションフィギュアレビュー一覧
DXアクションフィギュア シャイニールミナス
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

figma 秋山 澪 制服ver.

2010年02月21日 | アクションフィギュア

【概要】
 メーカー:マックスファクトリー
 発売時期:2010年2月20日
 標準価格:2800円(税込)

けいおん!シリーズ第3弾(第2弾は平沢 憂)はベース担当の秋山 澪!
作中でも人気の高い彼女は前回の唯同様、予約開始直後に締め切られるという大盛況…予約できずに難民となってしまった人も数知れず。
この事態を重く見たのか、次回の琴吹 紬は発売時期をやや延長するという処置がとられました(でも予約はやっぱり瞬殺)。
基本的に唯と同じ内容ですが、差し替え用のハンドパーツに独自のものが付属していたり、今までよほどの事がない限りは白一択だったパンツのカラーが水色の縞模様だったりと独自の色が現れています。

パッケージ正面・左側面


パッケージ右側面・裏面


パッケージ上下フタ

唯はピンクでしたが澪はクールに水色です
まあ、クールというより縞パン繋がりなんでしょうけど…w








澪8面図…さすがに長髪系フィギュアなので台座には専用のジョイントパーツが含まれていました
身体は唯のパーツが流用されているかと思いきや、よく見ると違いが見られます


そう、胸のボリュームです!
澪は唯と比べると胸の形がくっきりと確認できます
また、スカートも開き気味な造形だった唯の物とは違うようです


これは失礼w






基本となる顔パーツ
これまた可愛く仕上がっており、個人的にはイメージどおりでした

後ろ髪が長いfigmaは基本的に首の上下方向の可動が制限されがちで
澪もその例に外れる事なく上下左右への可動が狭いです

なお、もみ上げは軟質素材で出来ている為、あまり邪魔にはなりません




泣き顔はやや左よりの視線になっています
乙女座りで泣き崩れるポーズで組み合わせると破壊力抜群w!




(>_<)顔
コミカルな表情で、弄られキャラとして配置する場合、とても重宝する事になるでしょう
本当にこちらのSっ気を引き出させるのが上手い娘ですw






それぞれの表情でアクション!
表情パターンが3種類あるとはいえ、"哀"系の顔が2種類もあるのでポーズが偏りますね;
一つくらい口を開いているパターンがほしかった所です


さてさて付属品ですが、制服系figmaにとって基本ともいえる上履き


さらにベースケース
やはり髪が干渉する為、上手く背負わし辛いのが難点…


そしてケースの中にベースを収納できます
だいたい前回の唯と同じ内容ですね




ではベースを持たせてのアクションポーズ集


演奏を間違えちゃった時を表現したいなら(>_<)顔を使うと可愛くまとまります
ハルヒちゃんや鶴屋さんのハートも鷲掴みw


figma 長門に付属する椅子を使ってみるのも雰囲気が出て良いですよ




















今回、ネタが長くなってしまいましたw
ていうか、何気に澪が一言も喋ってなかった…;


ギターとベースの二人が揃いましたね
次はキーボードですよ


失敗したってドンマイなのだw


上の画像をクリックすると別窓で壁紙サイズ(1024×768)の画像が現れます
よろしければご利用ください

というわけで澪でした
セット内容自体は無難なんですが、しっかり縞パンは再現してくれましたし
強烈に「受けキャラとして遊べ」というメッセージを受け取ったような気がしますw

しかし、シリーズ系ネタは一人を買うより皆を揃える事の方が意味合いが強い為
早く全員が集合できるのが待ち遠しいです
(といっても、全員揃うのって半年くらい先のような気がする;)

【関連リンク】
アクションフィギュアレビュー一覧
figma けいおん! 平沢 唯 制服ver.
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

figma 高町なのは The MOVIE 1st ver.

2010年02月12日 | アクションフィギュア

【概要】
 メーカー:マックスファクトリー
 発売時期:2010年1月23日
 標準価格:2800円(税込)

劇場公開に合わせて、子供時代のなのはがfigma化!
これは大人なのは(バリアジャケットver.)が発売された頃に誰もが願った商品でした。
およそ2ヶ月前に発売されたヴィータから採用されたfigma初の少女素体が採用されており、まだ小学生だったなのはの可愛らしい姿を見事に再現しています。

さらになのはシリーズ特有の付属品の多さも健在で、壁紙もdi:stage用スキンに対応。
それでいて、後日発売されたfigmaアインと300円しか差がないというプライスっぷりです!

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__)____
  |     ` ⌒/ ─' 'ー\
.  |       /( ○)  (○)\
.  ヽ     /  ⌒(n_人__)⌒ \  でも、肝心な正面向きの笑顔パーツは
   ヽ   |、    (  ヨ    |     クソ高いPSP同梱版を買わないと…
   /    `ー─-  厂   /
   |   、 _   __,,/     \



パッケージ表面、側面左


パッケージ側面右、裏面


パッケージ上下フタ
相変わらず、なのはシリーズはパッケージのボリュームが大きいです
それだけ付属品も多いわけですが


パッケージ表面ウインドウに刻まれている魔法陣
今回、これを素材化して随所に利用しています


今回、パッケージが緑っぽかったので、背景も緑にしてみました
一見、相性は抜群なんですがフィギュア自体も緑っぽく写ってしまったので修正に一苦労する羽目に;






ヴィータから採用された少女用素体を使い、1st時代のなのはを忠実に再現!
可動範囲も従来のfigmaと変わらないようですが…


大きなスカートのおかげで下半身の可動はあってないようなもの…(^^A
足を折り曲げればジオ○グ形態にだってなりますw






基本となる顔パーツは笑顔ver.です
しかし、よく見ると目が左に寄ってました…
正面スマイルが欲しければ、PSPに付属している制服ver.なのはを買えって事ですか?
なんというあこぎな商売をする(ええ、もちろん買いましたとも;)




差し替え用顔パーツは、アクション用の叫び顔
こちらは正面をキッと睨みつけているので汎用性が高いです
なお、前髪もなびいた状態のものが付属しています


さらに手持ち用の付属品として愛用のデバイス「レイジングハート(デバイスモード)」が付属


先端の宝玉部分にはクリアパーツが用いられています
作りや塗りも非常に丁寧






ただ、figma共通の欠点である手首の保持力の無さがポーズを決めづらくしています
正直、物を持たせる為のハンドパーツに手首の関節はいらないと思うのですが…
あとポロりしやすいのも困りもの; 長時間、保持させるには木工ボンドを使うと便利かも?


さらにカノンモードのレイジングハートまで付属しています


カノンモードでは差し替えでグリップが展開した状態にする事が出来
これにより両手持ちで構えるポーズが再現できます


また、グリップを握る為の専用のハンドパーツが左右共に付属しています






やはりカノンモードには叫び顔との相性がいいようですね~
あと、手首の保持力の無さやポロリしやすい性質を考えると両手持ちの方が安定します


一発ネタ「プロテクトシェード!」
パッケージウィンドウに刻まれている魔法陣を素材とする事ができれば合成ネタを作る時に便利ですね




劇中ではありえないデバイスモードとカノンモードの2刀流っていうのも可能です


大人なのはとのツーショット
少女だった彼女が大人になるという話題が出た時、どれだけ多くの大きなお友達が発狂した事かw
今では受け入れられているようではありますが…?








はい、毎度のお約束ネタ終了w
ついに地球外まで吹っ飛ばされたか、ルル助…


あ~、忘れてましたが淫獣フェレットモードのユーノ君も付いています




肩幅が狭いなのはにちょこんと乗れる上、単独で立たせても違和感の無い絶妙なポージングです
でも、小さいからなくさないように注意しましょう
なくしても問題ないとか言わないように(`・ω・´)


リンク先は別ウィンドウが出て壁紙(1024×768)サイズの画像となっています
今回、切り抜きにやたらと苦労して作ったので使っていただけると管理人が喜びますw


ちなみに元画像がコレ…一切、手をつけていないと色々写り栄えが酷かったのだよ;

というわけで、なのは The MOVIE 1st ver.でした
ロングスカート仕様なので下半身の表情付けが難しく
棒立ちにしようが足を開こうが見栄えが変わらないのは仕方ない事ですね;

あと全体的に可愛らしくまとまっているのですが
手首の保持力が弱かったりポロリしやすいという仕様に悩まされたり;
差し返しやすいように改良してあるはずがポロリしやすくなってしまうというのはなんとも皮肉です
前髪も付け替えて行くうちに外れやすくなってくるので、今後はこの対策に力を入れて欲しいものです

【関連リンク】
アクションフィギュアレビュー一覧
figma 八神はやて 騎士甲冑ver.
figma 高町なのは -バリアジャケットver.-
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

figma アイン

2010年02月05日 | アクションフィギュア

【概要】
 メーカー:マックスファクトリー
 発売時期:2010年1月29日頃
 標準価格:2500円(税込)

ゲームメーカー「ニトロプラス」の10周年記念プロジェクトアニメ『Phantom~Requiem for the Phantom~』より、最高の暗殺者“ファントム”の称号を持つヒロイン「アイン」がfigma化…というわけですが、正直、下調べするまでどこのゲームメーカーか分かりませんでした。
調べてみたら大変お世話になっているエ○ゲーメーカーさんじゃないですかw
これまた大変失礼を致しました;

そういうわけで、広く浅い知識しか持たない人にとっては、「この人…誰?」と首を傾げるだけではなく、同月発売のfigmaがあまりにもキラータイトル過ぎて目立たないという苦境に立たされる可哀想な商品となってしまいました。
しかし、シンプルな外見はアクションフィギュアにとって最大の武器でもあり、各部の関節が干渉しづらく、あれこれとポーズを付けやすいので、とても遊びやすい内容になっています。

その為、実際に購入した人の中では、その弄りやすさから取っ付き易い秀品として受け入れられる事が多いと思います。

パッケージ:前面・左側面


パッケージ:右側面・裏面


パッケージ:上フタ


パッケージ:下フタ

作品やキャラクターのイメージゆえか、全体的にシックな感じでデザインされています








髪型といい、ミニスカートから垣間見えるパンチラといい
まるでワカメちゃんが成長した姿
ではないだろうかと思ってしまいますw

関節の露出が広くなっていますので、ゴワゴワした服装の物よりは可動範囲は広めです
関節の硬さも丁度よかったので、久しぶりに安心して弄り回す事が出来ましたw




基本となる顔パーツはハルヒの長門同様、無表情です
もっとも、うっすらと笑みが見えるような気がしますけど




こちらは左の寄り目です
口元が引き締まっているので、通常フェイスよりは緊迫感のある顔つきになっています




そして仮面です…威圧感は抜群ですね、コレw
先に紹介した二つの顔パーツは、目の向きが変った程度の違いしか見えないのですが
これの仮面パーツのおかげでメリハリが出来ています


付属品の一つにリボルバー銃が付属
専用のハンドパーツを用いて持たせます




拳銃を添える左手パーツも付属しており、自然な両手持ちが演出できます


拳銃の持ち手は左手用も付属していますが、右手の添え手はありません
左手持ちで銃を両手で構える時は、通常の平手を用いる事になります


銃を持たせて軽くアクションポーズを…振り返る仕草が良い!(・∀・)
何気にパンチラしてるのもポイント高しw


横っ飛びしながら反撃!


可動範囲が広いおかげで、躍動感のあるポーズも思いのままです


俗に言う「種割れ射撃」みたいなポーズもw


ちょっと雰囲気を変えて撮ってみた


お次はナイフです
こちらも、専用の持ち手が左右共に付属しています






ナイフでオーバーアクションをするには、figmaの可動範囲が狭いかな?
もっともナイフ自体、身を縮めて使うようなものですし


もちろん、銃とナイフを両方とも持たせるのも良し!


しかし、ナイフと言えばやっぱりこの人、朝倉さん


アインも負けずに応戦…張り詰める空気!?


…に、腰を抜かすお約束の人w


ていうか、応戦しろルル助! お前も銃が付いていただろw


気を取り直し、病んでる人たちの戦いが今、始まる!?
ちなみにリンク先は壁紙サイズになっていますので、よろしければデスクトップに設定してやってください


長門「…無益な争いは不要。」
長門さん、空気読んでください(^^A

以上、アインでした
1月はfigmaが限定版を含めると4体も発売され、なおかつビックタイトルが集中した月だけあって
アインの立場が狭くなってしまいましたね;

実際、他の3体と比べるとボリュームも乏しいので
売り場の様子を観察していてもスルーされてしまう傾向が強かったようです

しかし、逆に言えばもっとも安価で手に入りやすく、なおかつ遊びやすい商品でもありますし
ワカメちゃんスタイルが何気に良い雰囲気を出している
…ので意外と満足できちゃいますよw

【関連リンク】
アクションフィギュア レビュー一覧
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

figma 博麗 霊夢

2010年02月01日 | アクションフィギュア

【概要】
 メーカー:マックスファクトリー
 発売時期:2010年1月29日頃
 標準価格:2800円(税込)

ネット上で何かとネタになっている大人気ゲーム「東方Project」より、「博麗 霊夢」がfigma化!
ただし、販売はニコニコ市場や大手同人ショップに限られ、一般店には流通されていない様子(もっとも、figmaが販売されているようなホビーショップが一般向けとは限りませんがw)。
その為、うっかりしてたら「あれ、発売されてたの?」と見落とすケースがあるかもしれません。

それにしても凄いのは付属品のボリューム。
予備の表情パーツは2種類、お祓い棒やお札など戦闘用アイテムだけではなく、竹箒や湯のみ、果ては一升瓶に杯といった私生活的な物まで付属して定価が2800円にまとめられています。
いわゆる「なのはシリーズ」に匹敵するくらいのオプションパーツの多さですが、お値段が控えめとお得な内容になっています。
もっとも販売手法的に割引が通じづらいんですけどね~w


パッケージ表面・左側面


パッケージ右側面・裏面


パッケージ蓋(上下)

パッケージは神社の白黒写真(ストライプ加工)を交えながら
所々桃色が用いられた色彩で春を思わせるイメージに仕上がっています


台紙はdi:stage用のスキンになるように切れ目が刻まれています
薄いピンクに陰陽を表す太極図が描かれていますが
どことなくコンビニで売っているようなバレンタインチョコレートのラッピングにも見えますw








巫女服とワンピースを合体させたような服装で
かろうじて巫女さんに見える絶妙なさじ加減がポイントですねw

可動の方は従来の制服型figmaと比べると腕の可動範囲は広めのようですが
個人差があるのか上腕部の付け根が少しゆるい感じです

なお、スカート型の宿命ゆえに足の可動範囲はかなり制限されています




顔は全部で3種類ありますが、まずは通常フェイスから
出来自体は、かなり無難な感じ

3種類の中では一番安定した作りに仕上がっていますが
見慣れてくると、だんだん可愛いと思う気持ちが脳を侵食していきますw




次のお顔に移る前に今回は後ろ髪の様子も紹介します
大きなリボンに隠れて前からでは目立たないのですが、ポニーテールっ娘なのです!
(かなり重要な事ですw)


テールはボールジョイントで取り付けられていますので、ある程度、可動させる事が出来ます


取り外すとこんな感じ
リボンを外す事が出来るので、リボンなしで取り付けてみましょう




リボンなしの状態です
テールが小さいので、コレジャナイ感が漂いますな;


さらに横から見ると…これじゃ~「ちょんまげ」ですな;
お侍さんっぽくなってしまってドアラもガッカリですw




さて、お顔の紹介に戻りましょう
二つ目はアクション用の表情ですね

左に目が向いている為、右を向いたポーズには使いづらいです
というかfigmaアクションフェイスは決まって片方にしか対応してませんね;

あと気合が入っているより、軽蔑している表情に見えますw




ラストの表情は、霊夢をネタキャラ要員にするには十分な「くだけ顔」です
基本フェイスとは落差のありすぎる表情に、萌えキャラへのイメージが素っ飛びましたw


こなたと並べても、まったく違和感がありませんな
ていうか、このコンビには手が付けられなさそうだ…w


さて、お次はオプションパーツの数々です
霊夢には小道具も豊富に揃っています…まずは巫女さん必須(?)の竹箒から


竹箒を持たせて、こんなに可愛い仕草を表現できるフィギュアも珍しいですなw

ちなみに竹箒+魔女っ子とくれば、竹箒に跨らせたいのですが
硬いスカートが邪魔して座らす事すらできません


それなら竹箒に上に立たせれば良いじゃないか!
「ゲットライド、竹箒!」ってヤツですよw



当然ながら、竹箒は痴漢撃退用の武器としても使えます


お次は、これもまた巫女さんの必須アイテム、お払い棒!




ネタ的に戦闘アクション用のアイテムとして活用する感じかな?


同様に戦闘アイテムとして活用する事になるお札


ポーズによっては
「アタシのターン、ドロー!!」
…みたいな感じになりますねw


「怒り顔」が左向き限定なので、右向きでお札を構えたポーズをとろうとすると
通常の「笑顔」になってしまい、ちょっと不自然な感じになりますね;


もちろん、お祓い棒とお札の組み合わせでポーズもとらせるも良し
オプションパーツが豊富なので、色々なポーズを取る事ができますね
これで「右向きの怒り顔」があれば、さらにバリエーション富んだポーズが楽しめたんですけどね~;


最後は一升瓶と湯のみなど
私生活にまつわる小道具もそろえられて、至れり尽くせりの内容になっていますね~


湯飲みはお茶が入っているように作られていますが
こうして酒を注ぐ場面にも流用できます


って、そっち飲むんかい!?


もちろん、杯だってあります
杯には専用の手首パーツが固定されています


見よ、この見事な酔っ払いぶり!?
これ、さっきまで竹箒を持って可愛らしいポーズをとっていたのと
同じフィギュアなんだぜw




なんか今回のルル助は、完全にキャラ負けしているなw


巫女(っぽい)服といえば、やっぱりかがみんでしょう!
というわけで、さっそく挿げ替えてみたけど
やっぱり特殊すぎるデザインの巫女服なので、あまり似合ってないかな?


ちなみにつかさだとこんな感じ
あれ、悪くない? ていうか、霊夢より似合ってないかw?


リンク先は壁紙サイズになっていますので、よろしければ活用してください(^^A

というわけで、霊夢でした
ぶっちゃけ元ネタはよく知りません
生首で「ゆっくりしていってね!」と叫んでる元キャラだってのは理解しましたw

ただ、巫女(っぽい)服を柊姉妹と組み合わせたかっただけというのが購入動機ですが
弄ってみると、予想外に遊べる内容でビックリです
個人的に渾身の思いで作った「ねんどろいどルカ」のレビューより画像が多い事から
この商品のプレバリューと魅力が非常に優れていたという証明にもなると思います

そんなこんなで思わず相方(?)も予約してしまいましたが
元ネタにも興味が沸いてしまったりw

やるな、マックスファクトリー
ヤツは私の財布からお金を引き出す心得を知っているようだw

【関連リンク】
アクションフィギュア レビュー一覧
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ねんどろいど 巡音ルカ

2010年01月31日 | アクションフィギュア

【概要】
 メーカー:グッドスマイルカンパニー
 発売時期:2010年1月27日
 標準価格:3500円(税込)

扉の画像を見ていただければ
何を思って購入したのか
分かっていただけると思いますw

それはもうボーカロイドに興味を示さなかった私が心惹かれるほどにw


パッケージ表と左側面


パッケージ裏と(表から見て)右側面


パッケージ上フタ


パッケージ下フタ

白い部分が窓の部分
今回、パッケージ画像はスキャナから取り込みました








巡音ルカの8面図
今回、久々にねんどろいどを購入しましたが、出来栄え自体は相変わらずよく出来ています
ねんどろいど特有の可愛らしさが本当に魅力的です




表情パーツは全部で3種類あります
まずは通常フェイス




こちらは歌唱フェイス
個人的に一番お気に入りの顔ですねw
やっぱりボーカロイドは歌ってナンボですし




んで、これがミカタンブログによると「アゴアニキ顔」だそうです
これはどういう時に使う顔なんですか?


さて、お次はオプション用の腕パーツです
まずは右曲げ腕…これで公式イラストのポーズが再現できるんですが・・・


肘から先が軸回転するんですよね、これ
これって、何かを紹介する時にピッタリじゃないですか?


「放送席、放送席!今日のヒーローインタビューはドララ選手です!!」
と、こんな使い方も出来るんですね~

ちなみに通常の左腕も軸回転が可能なので








『リバースカード・オープン!聖なるバリア、ミラーフォース!!』
まさか、ねんどろいどで遊戯王ごっこができるとはw


ちなみにオプションパーツの組み合わせ例はこんな感じ
やっぱり「アゴアニキ顔」は使いづらい;


お次は「上げた両腕」


これ、後で調べてみたらダブルラリアットというネタの為のパーツなんですね;


つまり、こうして使えって事ですか?
ルル助「俺、今回関係ないと思ってたのにー!?」


そして最後は左曲げ足です


ちょっと分かりづらいと思うので、見やすいようにスカートを外しました
ていうか、アゴアニキ顔はこういう時にも使えますなw


というわけで、オプションパーツを使って公式イラストのポーズを再現
今回のレビューの為に、デスティニードローで引き当てた、ねんぷち版ルカと並べて撮影!








そして個人的に本命のタコルカです!
まさに破壊的可愛らしさ!!




前足は回転できるので、ある程度、ポーズに変化を付けられます


真下から見るとちゃんと吸盤も付いてますね
おや、頭に穴が付いているけど、これはもしかして?


タコルカフェイスは、ねんぷちにも対応しているのです
というわけで、さっそくねんぷちルカに組み込んでみました

うん、なんか頭悪そうなキャラに成り下がってしまったぞw
でも、このゆるさが良い!


もちろん、逆も可能ですが…普通に生首に見えますね、コレ;


タコルカはルカの頭に乗せておく事もできます
まあ、固定できないんですが、ちゃんと足の形が頭の上に乗せる事を想定して作ってあるようで
それなりに安定はします


ちなみにねんぷち版ルカの頭の上にも乗せられます

さらに、タコルカの魅力を最大限に表現してみますよ!!








「もう1枚のリバースカードをオープン!『増殖』発動!!」




タコタコタコタコタコタコ~!!
断っておくが、私は決して悪ノリなんぞしていないw


というわけで、ねんどろいど巡音ルカでした

ぶっちゃけると、ねんどろいどは可愛いな~と、いつも思ってるけど
遊び心地が肌に合わなかったので、ハルヒシリーズを集めきってからは眺めてるだけだったんですね

でも、今回はタコルカのあまりの愛らしさに一目惚れして購入しました
相変わらず台座の安定性が悪いようですが、腰の部分も外れ難いようだし(これには個人差があるようです)
やっぱり最大の売りである可愛らしさが際立っているので購入した甲斐がありました

まあ、こうなると困った事に他のボーカロイドたちも欲しくなるというトラップ;
いやいや、私はルカ一筋でいきたいと思いますですよ

だからfigma版ルカをさっさと出して下さい、マジで;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

figma けいおん! 平沢 唯 制服ver.

2010年01月29日 | アクションフィギュア

【概要】
 メーカー:マックスファクトリー
 発売時期:2010年1月30日
 標準価格:2800円(税込)

ついに、figmにけいおんシリーズが登場!
先に他社からパクられたような感じで発売されていましたが、本家本元が動き出しましたw
その第一弾が主人公「平沢 唯」という事で、予約開始されて即締め切られたという異常なほどの人気っぷり。
気付くのが遅れた私は、あっけなく難民に成り下がったのですが、どうにか店頭販売の方で入手する事ができました。
そんな発売前から騒動を起こしたfigmけいおんシリーズのレビューをお届けしたいと思います。





ピンクが主体のパッケージ
色合いのせいか、全体的に可愛いと言うかラブリーに見えますね
側面のデザインが個人的にツボでしたw


さて、さっそく中を取り出そうとしたら、台紙がdi:stageに対応していたみたいなので
予備のdi:stageに取り付けてみました

ちなみにスタンド用の穴は開いてないので自分で開ける必要があります








というわけで、本体です
figmaは不良品に当たる確立が高いので、いつも関節がすぐに折れないか心配でしたが
何事もなく撮影を終える事は出来ました

でも全体的に関節が固めなんですよね…
固いな~と感じたらお湯につけたり馴染むまでゆっくり動かしてから遊ぶといいでしょう;






商品の参考画像を見た時、顔が長いな~と思っていたんですが
実物を手にしたら、そうでもありませんでした

でも自分で撮った写真を見ると、やっぱり長いのかな~?
なんにせよ、実物そのものの出来に不満は感じられませんでした
ていうか、見慣れてくると可愛く見える…どちらかというと妹の方が好きなのにw


そして、おたふくなのっぺらぼう顔も付属
これは以前のシリーズで採用されていたらき☆すた夏服版と同じノリのオマケです


そうです、シールが付いているんです
これで、自分の好みの顔にしてくださいという親切設計と思わせた
ボーナスパーツのコストダウンなのです
(違うと思います;)


まあ、とにかく試しに貼ってみましょう



あれ、これシールじゃない?


なんと今回からシールではなくデカールになっています
おいおい、素人になんて高度な作業をやらせるんだよ;

平面に張るくらいなら初めてでも何とかなりますが
曲面に張るのって結構、難しいんですよね~


というわけで、見事にスジが入ってしまいました orz
私の心境が唯のポーズに表れています

もうね、本当にやっちまった~って感じw
でも、予備が沢山あるので、失敗してもやり直す事が出来るのでご安心を


さて、次はギターケースです
背中に背負わせる事が出来るのですが、これだとスタンドが取り付けられませんね…
仕方ないのでdi:stageに付属しているクリップ型のジョイントで固定しました


ところがスタンド台と一緒にジョイントパーツが紛れ込んでいました
今回、スタンド台はdi:stageを使ってるので気付かなかったよ;


というわけで、これで安心してスタンドに固定できます


ちなみにギターケースは付属の差し替えハンドパーツを使う事で手に持たせる事ができます


ですから、このようにセクハラされても…


即座に反撃できますw
ていうか、地味に殺傷能力があるのでリアルでは真似しないように!(誰もしません)


お気付きの方もいるかもしれませんが、ケースの中にギー太(ギター)を収容できます


付属のベルトパーツを取り付けて、さっそく唯に持たせてみましょう


その前に、今回の差し替え用ハンドパーツにはギー太を持たせる為の専用のパーツが3種類付属しています


ギー太を持たせる時は、これらのパーツを使うのが基本となります




軽快な演奏アクションこそ、このシリーズの醍醐味となるでしょうね~


出たー!唯の必殺、歯弾きギターw!!


と、まあ、大まかな付属品の紹介は以上です
あとは制服キャラのお約束というべきでしょうか…上履きも付属しています

そういえば、素の状態でポーズ撮りしてなかったので、ここらで数枚貼っておきましょう




いつもの事ですが、あちこち制服に干渉する為、可動範囲が限られてしまいます
ポーズを付けて撮影しようとしたり、人形劇を演じさせようと思った時に
思い通りのポーズが出来ないと思う事もあるでしょう…;




毎度のお約束ですね…ルル助、乙w
(でも今回は軽めのツッコミで良かったなw)


ちょっくら、お気に入りのfigmaと挿げ替えもしてみましょうか
戦うウェイトレスやロボ子もいいですが、ラムの発売が待ち遠しいですな~

ええ、もちろん将来的にビキニに挿げ替えでしょうw!


ちなみにウチにしか出来ない挿げ替えネタ、ディケッセル
でも、そろそろ色も剥げてきたし、関節もかなりくたびれている…;

ていうか、あんまり似合ってないわ、コレw


というわけで、唯でした
もう、けいおんシリーズは予約が始まったら戦争で焦ります…物凄い人気ですよね;

実際、唯は予約し損ねていたので発売日に店頭買いに賭けていたんですが、無事に手に入って良かったです
個人的に不満があるとすれば、やっぱり関節の強度とか妙に固い事ですかね?

過去にガチガチに関節が固いのに当たって、それに気付かずねじり切ってしまったり
突拍子もなくポッキリ逝ったりと、商品管理に疑念を持っているだけあって、ビクビクしながらポーズを付けてました;

あと共通して言える点は可動範囲の改善がされてない事ですね
やっぱり制服やスカートに干渉して可動範囲が制限されていますので
意外に思い通りのポーズが取らせられないという事も多々あります

まあ、いつもの事ですけどね~w

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バンダイ ロボット魂 魔神英雄伝ワタル 龍神丸

2010年01月17日 | アクションフィギュア

【概要】
 メーカー:バンダイ
 発売時期:2009年12月25日
 標準価格:3990円(税込)

「おもしろカッコいいぜ!」のフレーズで有名な魔神英雄伝ワタルより、ロボット魂版「(初代)龍神丸」です。
これがイベントで出展された後に正式に商品化が決定したと知った時は小躍りしたもんですw
予約が始まった頃には有無も言わずにポチッたもんですが、まさか発売された頃には病魔に犯されているとは思いもよりませんでした…;

まあ、そんな話はさておき、龍神丸です。
このシリーズは過去にタカラトミー(当時タカラ)がプラクションシリーズと題してギミック付きのプラモデルとして発売され人気を博したわけですが、一部の魔神はその内臓ギミックゆえに可動範囲が制限されるなど、アクションモデルとしては不十分なものでした。
当時から普通に動かして遊べる龍神丸が欲しいと思っていた私にとっては、ようやく念願が叶ったって感じです。

ちなみに超魔神英雄伝時代にも一応アクションモデルのようなものがバンダイから発売されていましたが、その頃は(一時的に)玩具から卒業していたので買い集めていませんでした。
というか、弟が買っていたのですが、関節がヘタレやすく満足いく出来ではなかったと記憶しています。











造形としては、このレベルでも問題は感じません
あえて言うならば、額の搭乗口が小さいすぎるような気がしますが…








彩色済みの戦部ワタル人形が付属!
ガチャフィギュアですらフルカラーなんですから、オマケフィギュアもフルカラーで当然なのが今の時代
昔は黄色一色の無彩色フィギュアでしたw

ちなみに近くで見ると相当、はみ出していたりしますがスケールそのものが小さいので
離れてみると、あんまり気にならないレベル

というか、この大きさでしっかり顔を書き込んでいるのは凄いと思う






前述の通り、額の搭乗口(赤い部分)が小さいので、全体的に丸みを帯びた頭部になっています
個人的にはもっとシャープに仕上げて欲しかったです






ワタルが龍神丸に搭乗する事で通常形態から戦闘形態へ移行します
これはパーツの差し替えによって再現




構造的に首の可動は絶望だろうと思っていたら、これまた予想外に動きました
ほぼ真横に向ける事も出来ますね


肩が前に傾くように可動しますので前に手を組む事が出来ます


肩の可動は龍牙に阻まれ制限されてしまいますが…


通常形態では龍牙が収容され干渉しない為、広く手を広げる事ができます


腰は少しだけ反る事が出来ますが、左右にひねる事はできません
(厳密にいうとほんの少しだけひねる事ができますが、雀の涙程度です)


膝関節が仕込まれており、膝を曲げるとそれに連動して膝あても動くようになっています
しかし、あまり曲げすぎると膝あての一部が外れてしまいます

ちなみに最初はスゲ~と感心しましたが
いざ、ポーズを付けて遊んでみたら、あんまり意味がなかったような気がしましたw;




『炎龍拳!』
という事で、炎龍拳用のエフェクトパーツとして透明の玉も付属しています
いや、そこはクリアレッドにすべきではないだろうか?

それとこれ握れません…乗せてるだけです
気に入らなかったらクリアレッドを吹いて接着しておく事をオススメしますよ;

ちなみに龍雷拳などのエフェクトパーツは付属してません…
そればかりか龍牙を取り外して『龍牙拳!』なんて真似も出来ません
そこは必要じゃないのか?(´・ω・`)






デフォルメ体型型のロボット玩具ですが登龍剣を引き抜くアクションもできるようになりました
まさか魔神でこれほどのフルアクションフィギュアが出るとは思わなかった…まさに感涙!


敵のロケット弾を切り裂きながらダッシュするシーンは、アニメで何度でも使いまわされた名シーンですなw


剣を掲げて『登龍剣ーッ!!』というポーズもできるようになりました
どうしても剣が傾いてしまうのは残念ですが、いやいや、よく頑張ったw!

あとはこれを決める相手役が欲しいところです


というわけで、相手役を見つけてきた
多分、やるだろうな~と予想していた読者も多いはずw

ちなみに「アック・スモッグル」とは第六界層を支配していたボスの名前です
搭乗魔神は、龍神丸の中の人がかつて演じていた初代コンボイのパロディ魔神「コンボス」でした


というわけで、ロボット魂版「龍神丸」でした
旧来のファンからしてみれば、今後も続けて欲しいネタです
高望みすれば、ロボット魂版「ゴーストン」を出すくらいの勢いでやってもらいたいもんですw

それが無理でも"丸"魔神は一通り出してもらいたいですね~

【関連リンク】
アクションフィギュア一覧

カバヤ トランスフォーマーガム 初代コンボイ
ハイブリットスタイル 初代総司令官コンボイ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加