悠久なる雪月花-Blog Edtion-

ライダーやプリキュアの玩具類とゲームを楽しむブログ。

特別企画:今日は「猫の日」なので猫がらみのレビューを振り返ってみた

2017年02月22日 | 楽屋裏
2月22日は「にゃんにゃんにゃん♪」という事で「猫の日」です。
というわけで、当ブログでレビューされている猫がらみのレビュー記事をまとめてみました。かなり古い物ばかりですが、最近は懐かしい系ネタばかり扱ってるので”らしい”といえばらしいのではないでしょうかw?

■マックスファクトリー 朝比奈みくる ~文化祭ver.~


■マックスファクトリー 鶴屋さん(ネコ耳モードver.)


■トイズワークス 灼眼のシャナ ねこみみVer.


■バンダイ HGIF 涼宮ハルヒの憂鬱6


■ネコ耳天使のしゃるるとえるる

そういえば、ゆきぶねさん。昔は頻繁にイラストも描いてました。ていうか玩具サイトやる前はお絵かきサイトだったのですが、その頃に描いたオリジナル絵も残ってましたのでついでに貼っておきます。今も描けるかな…?

ちなみに「にんにん」という事で「忍者の日」でもあるそうです(2015年制定)。
調べてみたところ、一つだけ忍者がらみのネタがありましたので、こちらも合わせてどうぞ。

■メガハウス&アルター クイーンズブレイドEX 甲魔忍軍頭領 シズカ


以上、記念日に合わせて懐かしのフィギュアレビューを振り返ってみました。

[メインメニューに戻る]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイムカプセルが発掘されたようです。

2017年02月15日 | 楽屋裏

























実家の倉庫を片付けていた弟から「片づけていいのか分からんもんが出てきたんで確認してほしい」という連絡が入った。

倉庫には子供の頃、実家を建て替える際に一時的に封印した玩具をしまってあったのだが、一部は「親父に捨てられた」という報告を受けて紛失したものだと思っていたのだ・・・

しかし、実は捨てられておらずそれが発掘されたのだった!

すぐさま、その"タイムカプセル"を持ち帰り、撮影・投稿しながら選別をした結果、まさにお宝と言えるものがザクザクと出てきた。無論、経年劣化による破損や欠品は免れず残念ながら廃棄処分の物も多かったのだが「元祖SD ガンレックス」や「食玩グリッドマン」シリーズなど今では入手困難な玩具が手元に戻ってきた!

今回、発掘された玩具については洗浄・修復できたものから順次ブログに投稿しようと思っています。
[メインメニューに戻る]

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【お知らせ】二つのレビュー記事に画像を追加しました。

2017年02月12日 | 楽屋裏

バンダイ HG 1/144 ヘルムヴィーゲ・リンカー」と「バンダイ Figyure-riseBust 012 ラクス・クライン」のレビュー記事に上記の画像を1枚ずつ追加しました。両方とも当ブログ恒例の合成画像でまとめの項目に掲載しました。

再開当初はいろんな都合で合成画像の制作は控えて淡々と記事を作る…というつもりでしたが、やはり締まらないので時間に余裕のある休日などを利用して後付で制作する事にしました。ついでに今年からイメージ画像のみ「悠久なる雪月花」のロゴを入れるようにしました。まあ、世間一般がそういう流れになってるっぽいので。

ちなみに「バンダイ HGUC 1/144 MS-06 'ZAKUⅡ' 量産型ザク」のイメージ画像ですが、こちらは現在バラして仕上げてる最中なんで仕上げ後の追加投稿時と一緒に…というのが理想の流れとなっております。当初の予定より大がかりな作業になっていますが、もうしばらくお待ちください。

[メインメニューに戻る]

 
関連記事は上の画像からどうぞ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「フェネクスゴールドコーティングver」のランナー紹介

2017年02月02日 | 楽屋裏
イベント限定販売プラモデル「HGUC 1/144 ユニコーンガンダム3号機フェネクス(ユニコーンモード)ゴールドコーティングver.」のランナー紹介です。


【Aランナー(ユニコーンガンダム流用)】


【B金メッキランナー】


【C金メッキランナー×2】


【Dランナー(ユニコーンガンダム流用)】


【Dランナー(ユニコーンガンダム流用)】


【E1金メッキランナー(アームド・アーマーDEUM)×2】


【E2ランナー(アームド・アーマーDEUM)×2】


【クリアーパーツ/ピンク】


【ポリパーツ】


【組立説明書&シール】

基本はユニコーンガンダムとまったく同じです。それに付け加えてフェネクス用のパーツが僅かに追加されている他、機体色を忠実に再現する為、外部装甲に金メッキ処理が施されているのが最大の特徴。
パッケージは、この手の限定プラモにありがちな単色仕様で側面には従来のようなキット紹介の画像は一切ありません。また組立説明書にも機体解説など記載されておらず、組立手順だけが書き記されているのみです。

1/144スケールながらも5400円と非常に高価なガンプラですが、メッキと言えばつや消し派(?)ですので今回もしっかりつや消し仕立てで仕上げたいと思います。
なお、当ブログのつや消しガンプラレビューも合わせてご覧ください。


バンダイ HGUC MSN-00100 百式
バンダイ BB戦士400番 レジェンドBB「騎士スペリオルドラゴン」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【お知らせ】過去記事のテキストを再編集しました。

2017年01月31日 | 楽屋裏
ただ今、「トランスフォーマー」カテゴリー内の「ギャラクシーフォース」シリーズにおきまして、テキストを書きなおしております。画像につきましても後日、撮り直す予定です。その際にはまたご連絡いたします。

三輪強襲兵 ランドバレット
技術者ファストエイド
交通管制官 スキッズ
戦士 エクシリオン

上記の記事はテキストを編集しなおしました。
メインメニューに戻る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【お知らせ】ヘルムヴィーゲ・リンカーレビューに画像を追加しました。

2017年01月31日 | 楽屋裏
先日投稿した「バンダイ HG 1/144 ヘルムヴィーゲ・リンカー」に画像を追加しました。







ご覧の通り、一部塗装&スミ入れをするなどして仕上げた状態を撮影し編集した画像を15点ほど追加し、加筆も加えています。これで「バンダイ HG 1/144 ヘルムヴィーゲ・リンカー」レビューは完全版となります。

ちなみに次回の模型ネタは…

お楽しみに~。
メインメニューに戻る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【お知らせ】パソコンがメーカー修理となりました

2016年07月25日 | 楽屋裏
表題の通り、パソコンがメーカー修理となりまして、レビュー投稿がしばらくできない状況になりました。

期間は長く見積もって1か月という事なので、8月下旬まで画像を張り付けるような記事の制作が不可能になりました。

しばらくは不定期更新もしくはパソコン復帰までの間、更新休止とさせていただきます。

管理人:ゆきぶね雪舟
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[ミニ四駆] 押入れに眠っていたかつての愛車が再び走り出した。

2016年07月14日 | 楽屋裏
【注意】
この記事はPC環境を想定して制作しています。
一部の携帯・スマホでは正しく表示されない個所がありますので、あらかじめご了承ください。


弟がミニ四駆を始めた途端に実家裏の工場に友達とお金を出し合いサーキットを作った事で、現在、我が家はミニ四駆ブームが訪れている。
自分も古くからミニ四レーサーだったりするわけで、かつての愛車を引っ張り出し走らせに行っているのだが…

現在のミニ四駆公式ルールでは、かつての「ハイパーダッシュモーター」クラスの高性能モーターが解禁されているが、我が家では古い公式ルールで使える範囲のモーターを使用している。アトミックチューンモーターとはかつての「ハイパーミニモーター」に該当するモーターなのだ。

高性能のモーターを使っちゃいけない…というわけではないのだが、そんなもん使ったら簡単にコースアウトするだろって事で、まずは性能控えめのモーターでタイムアタックしている。しかし、コースがコースなのでそれでも吹っ飛ぶのだ。あれこれ試行錯誤しながらコーナー対策をし、その上でタイムの向上を目指すのが楽しい。何より先に高性能なモーターで出したラップタイムを低い性能のモーターで上回るという達成感がたまらない。

現在のセッティングは、何度もコースを走らせて欠点や無駄を見つけ、そぎ落とした結果にたどり着いた状態。
世間では「提灯セッティング」と呼ばれる物が流行っているが、アトミックチューンモーターではそんな大それた仕掛けは必要ないしオーバーウェイト(過重)となるので、シンプルな見た目に納まっている。

ボディが無加工なのは個人の趣味であり、自分に課した制約。
自分はフルカウルミニ四駆が好きだし、その中でもデザイン的にまとまりがある初期セイバーが好きなのだ。そのセイバーの形は極力残したい。肉抜き、形状が変わるような加工は厳禁としている。ミニ四駆は早く走らせるのも重要だが、車としてカッコイイのも重要だと思うのだ。

今回の走行会で分かったのは、コーナーやジャンプ対策はほぼ完成された状態となったが、電池をケチってるのでどうしても馬力に劣るという事。マスダンの重りも重すぎるようなので、ハーフサイズの重りを入手してくる事。外れやすいゴムブレーキに変わる代案を用意する事の3点。これらの問題を克服し、消耗品の劣化が激しい場合は取り替えたり、ならし運転やモーターのブレークインを徹底し、性能の底上げを計れば一応の完成にたどり着けると思う。

現在の自己ベストは14秒なので目標は13秒台。それ以上の速さを求めるとなるとモーターをランクアップする頃合いじゃないかと思っている。
さてどうなる事やら?

[メインメニューに戻る]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビキニの日だからビキニフィギュア特集!

2016年07月05日 | 楽屋裏
【注意】
この記事はPC環境を想定して制作しています。
一部の携帯・スマホでは正しく表示されない個所がありますので、あらかじめご了承ください。


この記事は2016年7月5日の呟きをまとめたものです。
画像をクリックすればツイッターのページにて大きめの画像を見る事が出来ます。

7月5日はビキニの日という事で過去の美少女フィギュアレビューからビキニ水着のフィギュアを集めてみた。
当ブログにはこれ以外にも水着フィギュアはあるので興味が沸いた人は探してみてください…って18禁フィギュアの方まで探しに行ってもパスワードなんて教えませんよw?

[メインメニューに戻る]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[撮ってきた] ~そうだ、東山動物園に行こう 2016年梅雨編~

2016年06月30日 | 楽屋裏
【注意】
この記事はPC環境を想定して制作しています。
一部の携帯・スマホでは正しく表示されない個所がありますので、あらかじめご了承ください。


この記事は2016年6月26日の呟きをまとめたものです。
画像をクリックすればツイッターのページにて大きめの画像を見る事が出来ます。
植物園から花園橋を渡るとこども動物園エリアに到達するのだが、バラ園の近くにかつて小さな遊園施設と飲食店があった。今は再開発整備により遊園施設と飲食店は閉鎖されてしまっている。しかし、今も残る遊園施設の一角には、あの昔懐かしいキャラがカバーに包まれて放置されているのだ。これは歴史的にも価値のある遊具なので、遊園地エリアに移動して再稼働してあげて欲しい。

遊園施設跡の近くにはタヌキやハクビシンといった小動物が飼育されている。その奥には近年完成したツシマヤマネコ舎もある。これは保護・繫殖・研究を目的とした施設でこども動物園エリアで公開されている動物の中では一線を画している。一方でポニーやヤギ、羊など移動動物園の類でお馴染みな動物は直に触れ合える為、多くの家族連れが訪れるスポットだ。
今回は訪れなかったが、隣には「小鳥とリスの森」という施設があり、こちらも直に触れ合える事が出来る。まあリス相手に不用意に手を出したら危ないのだが(そもそも見つからない事が多い)。
そんな事よりも、こども動物園で事件が起きた。
あのブタが立っていた!
しかもブヒブヒ鳴いていた!!

家畜にされるわけでもなく、幸せそうにのんびりと寝てばかりブタ。私はおそらく「東山動物園でもっとも幸せな生き物」と太鼓判を押しているのだが、この日訪れた時、初めて愛想を振りまいている姿を目撃した。あまりにも珍しいので人だかりか出来ているほどだ。普段、寝てばかりなので人は寄り付かず、その姿は醜いもので人気がないのだが、この日のブタはしっかり仕事をしていたのだ!
・・・まあ、立ってたのは1匹だけで他は寝てたんですけど。
彩景橋を渡り本園にたどり着いた。
いつもの通り、バードホール・・・つまり鳥小屋の中に入って一休憩する。
ここは始めは鳥臭いのだが慣れてくるとそうでもない。むしろ、回を重ねる度にこの匂いを嗅ぎにくるようになる。また、休憩するには丁度良い腰掛もあり、のんびりとクジャクやオシドリを眺めながら疲れた足を休ませる。というのがいつものパターンなのだが、今回はやたらと鳥がうるさい。どうやら端で隔離されているオウムが騒いでいる様だがクジャクも落ち着きなく動き回る。ブタの時もそうだったが、こんな騒がしいバードホールも初めてだ。
と、思った矢先にクジャクが羽を広げて求愛のポーズを取る。しかもやたら長時間、その姿を人に向けて「人間どもよ、私を撮るが良い!」と言わんばかりにアピールしてくる。無論、自分を含めた来園者は携帯やカメラを取り出して一斉に撮影会。その横でオウムがけたたましく泣き叫ぶ。
果たして、これは休憩と言えたのか…人の流れに押される形でバードホールを後にした。
現在、東山動物園と言えばゴリラである。
メスなのに「イケメンゴリラ」と評判になり全国各地から、そのイケメンっぷりを見ようと人が押し寄せる。とはいえ、そのイケメンっぷりを見ようにも舎の入り口付近で仏像のように座っている為、その御尊顔はなかなか見る事は出来ない。かしこい人は、この為に望遠レンズのカメラを構えて狙っているのだが、こうなるとゴリラ見るより人間を観察していた方が面白かったりする。ちなみにゴリラもイケメンなのだが、隣のチンパンジーもイケメンっぽい奴がいるという事を語っておこう…。
自分が知る限り、東山動物園で飼育されている動物の中で年上なのがアフリカゾウのケニーだ。もう40超えている。アラフォーだ。東山にいる姉貴だ。
昔、アフリカゾウは他にもいたはずだが気付いた時にはケニー1匹だけになっていた。大人の事情で増える事はなさそうなので、ケニーがお亡くなりになれば東山動物園でアフリカゾウは見られなくなる。実は本当は本園に戻ったらそのまま退園して大須に行こうかと思っていたのだが、やはり姉貴を見ずして立ち去るわけにはいかないと予定を変更して北園までやってきたのだ。
生存確認の意味合いもあるのだが姉貴は元気そうに餌を食べていたので、まだまだ長生きしてくれそうだ。一応、アフリカゾウの寿命は60~80年だそうで下手すりゃ年下の自分が先に逝ってしまいかねないw

携帯のカメラで撮影した分は以上となります。
カメラで撮影した分も後日、機会があればまとめて記事にします。

[メインメニューに戻る]
◆関連記事
[撮ってきた] ~そうだ、東山動植物園まで花見に行こう (アジサイ編)~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[撮ってきた] ~そうだ、東山動植物園まで花見に行こう (アジサイ編)~

2016年06月27日 | 楽屋裏
【注意】
この記事はPC環境を想定して制作しています。
一部の携帯・スマホでは正しく表示されない個所がありますので、あらかじめご了承ください。


この記事は2016年6月26日の呟きをまとめたものです。
画像をクリックすればツイッターのページにて大きめの画像を見る事が出来ます。
今回は植物園まで行ってアジサイを見るのが目的だった為、入場して早々モノレールに乗る。
植物園からまた戻ってくるだけでも体力を使う上に、大須商店街にも行って買い物する予定なので極力体力の消耗は抑えたい。ちなみに片道大人300円。高いと思うかもしれないが移動手段だけではなく遊具も兼ねている施設なので仕方ない。参考なまでに地下鉄東山線名古屋駅から栄駅までの運賃は200円である。

ところでこのモノレールは度々問題起こして運行休止になっている。
前回、来た時も運休していたのだが今回は運行していて助かった。スピードは決して速くなく植物園方面から来たモノレールが見えてから駅に到着するまで「止まってるんじゃねーか?」と疑いたくなるほど。流石に子供たちは痺れを切らしてギャーギャー喚いていた。
モノレールに揺られながら動物園の景色を楽しみつつ植物園駅に到着。
今回は植物園に用事があったのでモノレールを利用したが、普段もモノレールに乗って植物園から歩いて戻ってくるルートで見学しても悪くないと思う。

植物園駅前の温室は現在工事中で柵に覆われている。その片隅の道をたどりながら奥に進むのだが、木々が太陽の日差しを遮り湿気を吸ってくれるので天気の割には涼しい。清々しい気分でアジサイ園にたどり着いたのだが目の前に広がったのは何とも寂しいというか期待ハズレな光景だった。

恐らくだが完全に時期を外したのだろう。花を見れば枯れかけてる物がチラホラとある。体調などの問題で延期しまくってたが、やはり6月上旬に見に来るべきだったのだ…。
本命が空振りに終わった所でしばらく途方に暮れたが、せっかく来たのだから奥まで散策してみた。
アジサイ園の近くには大きな池がありコイも泳いでいる。以前は餌を売っていたと記憶していたのだが、今は水質保護の為、逆に餌をやるなと注意書きがされていた。ちなみにこの池のほとりに屋根付の休憩所があるのだが、そこで婆ちゃんが絵を描いていた。ちょっと覗いてみると、それはもう見事な水彩画でアジサイも綺麗に咲き誇って…婆ちゃん、その風景どこにあるの?

さらに奥へと進むとトンボは飛びまくってるわ、メダカは泳いでいるわといった田舎のような風景を楽しみ、山道を登って花畑に辿り着く。ここで植えられた花を楽しんだりした。ちなみにヒマワリを育てているらしく、これは夏に一目見ておきたいと思うくらい大量に植えられていた。ちなみにこの花畑の近くに桜の園があるのだが、今や葉っぱが生い茂っており春に見たような華やかさはなかった。
植物園を後にして動物園に向かう途中、なんとアジサイ畑が目に飛び込んできた。しかも植物園の時よりも花が多い。さっそく撮影しに近寄ってみたが、近くで見ると所々花が終わっている。やはり来る時期が遅すぎたのだ…。

この近くにはバラ園もある。見ごろは確か5月下旬で以前にもバラ目当てで撮影しに来た事がある(写真は撮ったが記事にはしてない)。だから6月下旬にもなってまだ咲いてるバラがあるのは正直意外だった。アジサイよりまだ見応えがあるのは何とも皮肉な事やら…。ちなみに品種名にはプリキュアを連想させるような名がいくつか見られたが、以前来た時にもムーンライトという品種があったりする。花とオヤツとプリキュアは切っても切れぬ縁なのだ。

というわけで、植物関連のネタはここまで。
次回は動物ネタをお届けします。

[メインメニューに戻る]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[ガンプラ] HGゴッドガンダムハイパーモード(ゴールドメッキ)の途中経過

2016年06月23日 | 楽屋裏
【注意】
この記事はPC環境を想定して制作しています。
一部の携帯・スマホでは正しく表示されない個所がありますので、あらかじめご了承ください。


この記事は2016年6月18~21日の呟きをまとめたものです。
画像をクリックすればツイッターのページにて大きめの画像を見る事が出来ます。
金メッキのガンプラにつや消しを噴いて作ろう第3弾(いつのまにコーナー化したのやら)はゴッドガンダムです。

なんと21年前のキットですが、現在のHGシリーズの先駆けとなっただけの事はあり今見ても整ったプロポーションです。
これをノーマルキットで作るとなるとあちこち細かい部分塗装などが必要となるのでしょうが、劇中のハイパーモードを金メッキで再現したという事だけあり、そういった手間もいらずに綺麗に仕上げる事が出来ます。

それをあえてつや消しを噴いてスミ入れまでして仕上げたらどうなるか?
結果は仏壇に飾るガンダムが出来ましたw
現在、新品で手に入れるのは難しいキットではありますが、幸運にも見つける事が出来たらつや消し仕上げをしてみてはいかがでしょうか?

なお、レビューはもうしばらくお待ちください。
[メインメニューに戻る]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[ダイソー] メッシュベースバスケット横長型(大サイズ)でフィギュアを壁に飾ろう!

2016年06月17日 | 楽屋裏
【注意】
この記事はPC環境を想定して制作しています。
一部の携帯・スマホでは正しく表示されない個所がありますので、あらかじめご了承ください。


この記事は2016年6月17日夜の呟き(一部拝借)をまとめたものです。
画像をクリックすればツイッターのページにて大きめの画像を見る事が出来ます。
如何でしたでしょうか?
ワイヤーネットとメッシュバスケット、ついでに画びょうもダイソー商品ですので300円(税抜)で壁かけフィギュア棚ができます。

無論、実際にはカゴを複数買う必要があるのでもっとお金はかかるのですが、それでもフィギュア棚を買うよりは安く済みますし、棚が置けないようなスペースでもこれならコレクションを飾る事が出来ます。
今回はプリキュア関連の商品を飾りましたが、カゴに納まればガンプラだって飾れますしトランスフォーマーだって飾れます。

コレクションを持て余している方は一度試してみてはいかがでしょうか?

[メインメニューに戻る]

◆関連記事
[購入報告] 魔法つかいを飾るケースを買ってみた
100円ショップのフィギュアケースを買ってみた
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[ガンプラ] HGゴッドガンダムのランナー紹介

2016年06月17日 | 楽屋裏
【注意】
この記事はPC環境を想定して制作しています。
一部の携帯・スマホでは正しく表示されない個所がありますので、あらかじめご了承ください。


「HGUC 百式」レビューを終えて間もありませんが、次のガンプラネタを購入してきたのでご紹介します。
なかなかレアなプラモが手に入りました(^^)v

BB戦士「騎士スペリオルドラゴン」から始まった金メッキプラモというマイブーム。
百式が作り終わる頃から「次は何にしようか?」と悩んでしましたが、ネタ的に面白いものと出会う事が出来ました。ぶっちゃけ「ネタの為には金閣寺もありだな」とか思っていましたがw
なお、金メッキプラモシリーズの過去番はこちらから。


【HGUC 百式】



【BB戦士 騎士スペリオルドラゴン】

今更だけど、ポーズが似通っている…;

[メインメニューに戻る]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[お知らせ] 『模型』カテゴリーに過去記事を引っ越し再公開しました。

2016年06月02日 | 楽屋裏
かつて当ブログには「ガンダム」というカテゴリーがありましたが、画像領域調整の為に廃止となっていました。
しかし一部の記事は「消すには勿体ない」という理由で削除されずに保存されていた物もありました。
先日「模型」のカテゴリーが追加されましたが、それら一部の記事を「模型」のカテゴリーに引越しして再公開する事にします。

再公開されるレビューは下記の通りです。

◆MG MS-06K ザクキャノン(2008年8月22日投稿)

◆BB戦士 龍将飛将(2008年9月5日投稿)

◆HG GN-0000 ダブルオーガンダム(2008年9月25日投稿)

◆ちーびー戦士 殿様ガンダムEX Jr.(2008年10月7日投稿)

◆HG GN-X Ⅲ アロウズ型(…だったもの;)(2008年10月17日投稿)

◆BB戦士 ダブルオーガンダム(2008年11月9日投稿)

◆HG オーライザー(2009年1月29日投稿)

以上、7点となります。画像をクリックすればレビューページにジャンプします。
「模型」カテゴリーのレビュー一覧は、今年の夏にメインメニューの模様替えをしますので、その時に投稿する予定です。
まずは報告まで。

[メインメニューに戻る]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加