悠久なる雪月花-Blog Edition-

ライダーやプリキュアの玩具類とゲームを楽しむブログ。

バンダイ アクションアーカイブ ジャンボット

2011年01月30日 | チープトイ
・メーカー:バンダイ
・発売時期:2010年12月下旬
・標準価格:525円(税込・全4種)

2010年12月に公開の劇場版「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」に登場するウルトラマンゼロ(ウルティメイトゼロ)やジャンボットのアクションフィギュアの他、変身アイテムや武器などがラインナップされている商品。

今回は「変形!ジャンボット」に封入されているジャンボットを紹介します。この商品はゼロと同様に各関節が可動し、差し替えでジャンバードに変形する事も可能(ただし余剰パーツが発生)です。ゼロと比べると可動範囲は多少不満があり、色分けもシールに頼っているところが多々ありますが、食頑としては秀逸な出来栄えである事に違いありません。

なお、今回もゼロ同様、シールは貼らずに撮影してあります。
■ウルトラ3部作その2「鋼鉄の武人」Aパート







今回は「バンダイ アクションアーカイブ ウルトラマンゼロ 」の続きになります
ゼロはディケイド達と"凶悪な宇宙人"を探しに行ったようです

■ジャンボット







【全身】
特撮ファンなら誰もが思うであろうグリッドマン酷似のロボットヒーローw
各部のボリュームが厚く重量感漂うボディをしており、スミ入れして引き締めたいところです


【頭部】
騎士風のデザインがカッコいいジャンボット
目じりの黒い部分がやや薄くなっているのがちょっと残念かな?


【首の可動範囲】
ゼロ同様、首の可動範囲は広いのですが、ジャンボットの場合は変形した時の都合が大きそうです








【武器】
ジャンブレードとシールドが付属
シールドはジャンアックスに変形しない模様
変形ギミックを応用すれば、股間にブレードを取り付けられますが、真似してはいけないw


【武器の組み合わせ(オリジナル)】
武器の取り付け方次第では写真のような"ちょっと凄そうな形態"にもなります




【アクション】
二重関節も含まれていたゼロと比べるとジャンボットの関節はそれほど広い可動範囲を持っていません
それでも肩は前後に可動するようになっていますので、ただの食玩フィギュアとは格が違うようです

■ウルトラ3部作その2「鋼鉄の武人」Bパート



(商品価格が戦闘力に変換されてしまう装置。つまりゼロやジャンボットの攻撃力は500ポイントになる)



完璧美少女戦士です!

■ジャンバード





【ジャンバードへの変形】
ジャンバードへの変形は差し替え式
もともと組み換えが前提の変形方式っぽいけど、余剰パーツまで出てしまう構造ってどうなの?


【余剰パーツ】
頑張ってみたけど、やっぱりどうしてもパーツは余ってしまうようです










【ジャンバード】
なんか無理して変形するなって感じの見た目ですねw




【ジャン・・・?】
この形態なら余剰パーツは左腕1本だけになります!
そういう問題じゃないって?・・・ごもっとも;

■ウルトラ3部作その2「鋼鉄の武人」Cパート







なんかもう散々な扱いだったね、ジャンボット・・・
というわけで、次回は「ULTRA-ACT ウルトラマンベリアル」に続きます!

■まとめ
2011年2発目のネタは前回に引き続きウルトラマンネタでした
ジャンボットも今後、レビューで使おうかと思っていたんだけど爆発させちゃった・・・テヘッ
まあ、ぶつけた本人は「ジャンボットは囮よ!」とか言い出しそうですな~w

さて差し替え式変形を搭載という事でしたが
普通にアクションフィギュアとしても堪能できるアイテムです
公式の変形よりもダチョウ形態の方が安定性があるのはどうかと思いますがねw

一応、一部彩色済みとはいえスミ入れしたり部分塗装したりする箇所が多いアイテムです
仕上げれば、かなり見栄えが変わってくると思うので
塗装の練習台として活用してもいいんじゃないでしょうか?
【その他、玩具レビュー一覧に戻る】
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

バンダイ アクションアーカイブ ウルトラマンゼロ

2011年01月23日 | チープトイ
【概要】
・メーカー:バンダイ
・発売時期:2010年12月下旬
・標準価格:525円(税込・全4種)

2010年12月に公開の劇場版「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」に登場するウルトラマンゼロ(ウルティメイトゼロ)やジャンボットのアクションフィギュアの他、変身アイテムや武器などがラインナップされている商品。

今回は「戦え!ウルティメイトゼロ」に封入されているウルティメイトゼロを紹介します。この商品は各関節が可動し、付属の「ウルティメイトイージス」を鎧や弓として装着する事が可能。食玩でありながらも高いプレバリューを誇っており、サイズが大きく割高感のある玩具と比べると非常にリーズナブルな1品。

大きさも仮面ライダーの玩具と変わりないので、これを買ってしまえば玩具版がいらないのでは? ・・・そんな秀逸な内容となっています。
■ウルトラ3部作その1「光の国からの来訪者」Aパート







というわけで、2011年初の演劇ネタです
仮面ライダー・プリキュア・ウルトラマンという夢(?)の競演!

■ウルトラマンゼロ







【全身】
一部、安上がり感は感じさせる造形ですがボリュームがあり、表側だけならしっかり塗装もされています


【頭部】
ゼロスラッガーは一体型となっている為、取り外しは不可
ゲートの処理も粗い所が見受けられますが、形状的には高いクオリティです




【首の可動範囲】
食玩ながらも首の可動範囲が非常に広いのが特徴
これは飛行ポーズがしっかり再現できる為の配慮かと思われます


【背部】
背部は塗装が省かれている箇所が多いです
しかし、食玩ながらも7つのビスでしっかりネジ止めされており剛性が高いです


一方、仮面ライダー組の出来の粗さときたら・・・
そういやボリュームのあるバースも色分けはシールのみなど散々な内容だったような;








【アクション】
これが525円の可動範囲か!?恐ろしすぎる、太っ腹すぎるw!!
仮面ライダーの玩具ですら、ここまで綺麗に片ヒザを付けるポーズは出来ないというのに;
あえて悪いところをあげれば手首が曲がらない事なんですが
ここまで動くと、そんなのはどうでもいいような気もしますね・・・
■ウルトラ3部作その1「光の国からの来訪者」Bパート







いやいや、単純にmktnが完璧なだけです
■ウルティメイトゼロ

【ウルティメイトイージス】
ウルティメイトイージスは一部シールによる色分けが必要となります
今後、演劇で酷使する事を踏まえてシールは貼りませんでした






【ファイナルウルティメイトゼロモード】
弓状形態では両腕のいずれかにも装備可能です
多少のバランス取りは必要となりますが、十分に自立は可能です




【ウルティメイトイージスを装着】
ウルティメイトイージスは背部のネジ穴の一部にジョイントを差し込む事でのみ固定されます
その為、軸穴がゆるくなった場合、ウルティメイトゼロモードを維持できなくなる恐れがあります








【ウルティメイトゼロ】
ウルティメイトイージスが鎧となるギミックを完全再現!
可変ギミックゆえにプロポーション的な意味合いでは不十分な箇所もあるかもしれませんが
食玩でこれを再現して提供してくれる事が嬉しいですね


さりげなく煽るな、ファイズw




【アクション】
鎧を装着した分、肩の可動範囲が制限されますが、それでも躍動感のある動きを付ける事が可能です


【身長比較】
食玩ながら大きさはFFRディケイド以上、OCCオーズ未満という大きさ
玩具版ではライダー玩具と一緒にするにはオーバーサイズとなるので、丁度良いサジ加減です


そりゃ、FFRディケイドより可動範囲が優れているからね・・・嫉妬もするわ;
そして、オーズ。お前は何を言ってるんだ?


【フリー壁紙】
画像をクリックすると別窓で1024×768サイズの画像が表示されますので
右クリックから「背景に設定」を選んでご利用ください
■ウルトラ3部作その1「光の国からの来訪者」Cパート







この続きは「バンダイ アクションアーカイブ ジャンボット」に続きます!
■まとめ

雪月花では初めてとなるウルトラマンネタでした
正直、私自身はあまりウルトラマンに興味はなかったのですが
このウルトラマンゼロ(や、ベリアル)には興味を引くものがありまして購入してしまった経緯ですw

しかし、これは別にファンでなくてもなかなか興味深い一品でして
食玩としては高価かもしれませんが、アクションフィギュアとしてみた場合
これは決して高価とはいえません・・・ていうか、安価です

そして知らず知らずにウルトラマンの世界に足を踏み入れる事になるやもしれませんw
【その他、玩具レビュー一覧に戻る】
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

軍曹合体ケロボットⅤ であります -後編-

2010年03月16日 | チープトイ



















■軍曹合体 ケロボットⅤ







5体のケロロメカが合体する事で完成するケロボットⅤ
発想が昭和テイストでありながらも、それは今尚、熱い魅力を漂わせています




単体ではイマイチ遊び辛くても、合体すれば途端にプレバリューが広がります
しかも、食玩レベルの合体物でありながら、幅広い可動範囲を実現!
カバヤのオリジナル合体ロボシリーズが小粒に見えてしまう完成度です


武装はタマダイバーのコクピット部がライフルとして機能します…ZZガンダム?


さらにギロドリラーのドリル部分をハンドパーツと差し替える事もできます
ドリルは漢のロマン! 必殺ギガドリルブレイク!?


そういう可哀想な事を言わないのw
でも、実際にドロロ以外の4種を集めればロボットになるのは確かです







結局、自分のせいにされてしまうディケイドであった…マル
(いや、確かにKYなディケイドが悪いんだけどねw)



ちなみに大きさはFFRディケイドと同じくらい
5種揃えるとだいたい2000円くらいかかるので、FFRディケイドとの価値は変わりませんね
(もっともFFRディケイドは、今だと1000円以下で投げ売られてますが…)

まあ、変形合体する分、ケロボットⅤの方がお値打ちに感じますでしょうけど


ちなみにこの方ともほぼ同じサイズ
でもケロボットⅤはフル可動なのに対して、あちらさんは合体すると可動は死んでいます…
その分、合体前のプレバリューで負けてますけどね~

というわけで、軍曹合体ケロボットⅤでした
ミニプラを除いた合体ロボットネタとしては史上最高の出来だと思います
変形合体・合体後の可動範囲の広さ・彩色済み人形が付属と色々とお買い得です
出来ればシリーズ化して欲しい一品ですね






































これ、ネタではなく現実で頻繁に起きるんだから余計に悲しくなる;

【関連リンク】
チープトイ レビュー一覧
軍曹合体ケロボットⅤ であります -前編-
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

軍曹合体ケロボットⅤ であります -前編-

2010年03月15日 | チープトイ

【概要】
 メーカー:バンダイ
 発送時期:2010年3月9日
 標準価格:1個399円(税込)

陸・海・空の5体のメカが合体してロボットになるケロボットⅤがスーパーのお菓子売り場で登場!
最近の食玩としてはちょっとだけ値が張るとはいえ、合体すると約145㎜のロボットが完成します。
バンダイの食玩はミニプラなどで、高いクオリティの商品を繰り出していますが、ここにきてまた一つ強力な商品を送り込んできた感じです。

というわけで、今回は毎度お馴染みの寸劇を交えながら各メカの紹介をしていきたいと思います。



■ケロコマンダー



大きなケロロ風の頭に小さな足が二本ついているという、ある意味勇気のあるデザイン
躓いたら、上に乗っているケロロはえらい事になりそうだw


コクピット周囲
ケロロ人形はコクピット側の凸ジョイントで固定できます
つまり、ケロロのケツ穴に挿入…


彩色済みのケロロ人形が付属
小さいながらも丁寧に仕上げられています

そのまま地面に置いても後に倒れてしまうのでFFRディケイドの台座で固定
この台座のジョイントはケロロのケツ穴とサイズが合います
■ギロドリラー



ドリル戦車もしくは削岩機であるギロドリラー
5体のメカでは一番頑丈で強そうなイメージですね


キャノピーは開閉可能
しかし、コクピット部にはジョイントがありませんので、ギロロ人形を固定できません
ロボットに合体した時、ギロロ人形の向きを変えるために設計をケチったのかもしれませんw


こちらも良く出来たギロロ人形
ケツ穴はありますが、ギロドリラー自体に差し込むジョイントはないので挿入する機会はありません
■タマダイバー



潜水艇のタマダイバー
両脇に車輪が付いてますが、本体には車輪が付いていない為、スムーズに転がし走行させる事はできません


キャノピーは開閉可能
人形を固定させる為のジョイントも付いています


タママ人形にはちゃんと尻尾も忘れずに付いています
ミニサイズなのに芸が細かいですね
■クルランダー



二本のアームを搭載した作業車の様なクルランダー
見た目はまるで古代怪獣ツインテール


アームは意外とフレキシブルに可動


キャノピーも開閉可能
右側は空席ですが、合体時にタママが乗り込みます


ミニサイズながらも個性がちゃんと出ているクルル人形
独特な笑い声が聞えてきそうですw
■ドロジェッター



忘れちゃいけないドロジェッター
5体のメカの中では一番まとまったデザインですね


コクピット周辺…座席らしい装飾もなく、ちょっと簡易的過ぎるような気がする;


実はアップする時に貼り付けるのを忘れていたドロロ人形
彼はやっぱり存在感が薄いようですw
出来栄えも悪くなく、良く出来ているだけに不憫ですね…





おおっと…こんなんで大丈夫か?
不安を残しつつ続きは後編で!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムゲンバイン ムゲン超魔獣 -ムゲンキラーホエール-

2010年02月02日 | チープトイ

【概要】
 メーカー:バンダイキャンディートイズ
 発売時期:2010年1月下旬
 標準価格:全6種類各315円(税込)

ロングセラーを続け、仕様変更による再販までされているムゲンバインシリーズに新メカが登場。
新たなムゲンバインは初の悪役となる「超魔獣」
超魔獣たちは、合体したムゲンバインと同等の戦闘力を持っており、今回、紹介する「ムゲンキラーホエール」は、ムゲンパイレーツのライバルキャラという設定となっています。









キラーホエールとはシャチの事なんだけど、いまいちシャチのようには見えないですね(^^A


口は開閉できます
うん、悪そうな面構えだw


ちょっと動きをつけて海中を猛スピードで泳いでいるイメージで…
躍動感があってカッコイイですな~


もちろん、単品で組み替える事だって出来ます
こちらはムゲンゴリラって感じかな?


さらにムゲンダチョウ?
パッケージなどではムゲンガイゼルとの組み合わせで似たような合体例が紹介されていますが
単品でもこの通り出来ちゃいました


■2体合体パターン



ムゲンサタンとの合体例
ムゲンキラーホエールの強化版って所かな?




ムゲングリフォンとの合体例
首長竜をイメージして作ってたんだけど、結局、翼が付いたおかげでドラゴンのようになってしまったw

~2体合体パターンの作例は、まだまだ続きます! 追加更新をお楽しみに!!~

【関連リンク】
ムゲンバイン ムゲン超魔獣 -ムゲンデビル-
ムゲンバイン ムゲン超魔獣 -ムゲングリフォン-
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムゲンバイン ムゲン超魔獣 -ムゲングリフォン-

2010年01月29日 | チープトイ

【概要】
 メーカー:バンダイキャンディートイズ
 発売時期:2010年1月下旬
 標準価格:全6種類各315円(税込)

ロングセラーを続け、仕様変更による再販までされているムゲンバインシリーズに新メカが登場。
新たなムゲンバインは初の悪役となる「超魔獣」
超魔獣たちは、合体したムゲンバインと同等の戦闘力を持っており、今回、紹介する「ムゲングリフォン」は、ムゲンファラオのライバルキャラという設定となっています。







グリフォン型の超魔獣「ムゲングリフォン」
付属のシールがやたらと多く、貼るのに苦労した一品でしたw

基本的にブロック構造なので、単体分のパーツ数では見た目とあ可動範囲とか語れる部分は少ないですね
もっとも、そういう所に注目するような玩具ではないんですがね


ムゲンバインの楽しみ方は、やっぱりパーツを組み替えてオリジナル形態を見出す事でしょう!
というわけで、これは単体での組み替え例「ムゲンワイバーン」

■2体合体パターン



ムゲンデビルとの合体例「ムゲンドラゴン」
どちらかというと、ムゲングリフォンのグレードアップバージョンって所かな?




ムゲンデビルとの合体例その2「ムゲンドラグーン」




ムゲンキラーホエールとの合体例
…ムゲンキメラとしか言えないですね、この異形な姿はw

~2体合体パターンの作例は、まだまだ続きます! 追加更新をお楽しみに!!~

【関連リンク】
ムゲンバイン ムゲン超魔獣 -ムゲンデビル-
ムゲンバイン ムゲン超魔獣 -ムゲンキラーホエール-
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムゲンバイン ムゲン超魔獣 -ムゲンデビル-

2010年01月27日 | チープトイ

【概要】
 メーカー:バンダイキャンディートイズ
 発売時期:2010年1月下旬
 標準価格:全6種類各315円(税込)

ロングセラーを続け、仕様変更による再販までされているムゲンバインシリーズに新メカが登場。
新たなムゲンバインは初の悪役となる「超魔獣」
超魔獣たちは、合体したムゲンバインと同等の戦闘力を持っており、今回、紹介する「ムゲンデビル」は、ムゲンアーサーのライバルキャラという設定となっています。







悪魔がモデルのムゲンデビル
見た目が悪魔っぽいというより、色合いが禍々しいので、それっぽく見える感じですね


手持ちの武器は分解して組み立て直せば背中に収納する事も可能です
これぞ、ムゲンバインが持つ無限の可能性の賜物


ムゲンバインはパーツの一つ一つがブロック見たいな物なので
人によって色々な楽しみ方を見出す事ができます

ムゲンデビルだけでも発想力次第で複数の形態を見つけ出す事もできます
ちなみに上の写真は「ムゲンデビル スーパーモード」みたいな感じ


さらに組み替えてムゲンバットなんて形態にも
■2体合体パターン



ムゲングリフォンとの合体例「ムゲンケンタウロス」




ムゲングリフォンとの合体例その2「ムゲンデビルスタチュー」




ムゲンキラーホエールとの合体例「ムゲントリトン」

~2体合体パターンの作例は、まだまだ続きます! 追加更新をお楽しみに!!~


食玩はバンダイキャンディートイズやカバヤが魅力的な商品を展開していますが
バンダイの食玩は子供だけではなく大きなお友達まで視野にいれ商品としての完成度も高いのが特徴です

ロングセラー商品となっているムゲンバインは、そろそろネタ切れじゃないかと不安になっていましたが
初の悪役が登場した事で盛り返しが謀れるかどうか注目ですね

【関連リンク】
ムゲンバイン ムゲン超魔獣 -ムゲングリフォン-

ムゲンバイン ムゲン超魔獣 -ムゲンキラーホエール-
コメント
この記事をはてなブックマークに追加