Where there's a will, there's a way.

Yukiの英語学習、読書記録、日常を書いたブログです。

だれが「本」を殺すのか 延長戦

2017-07-16 14:41:07 | 本-その他
図書館から借りた『だれが「本」を殺すのか 延長戦』を読了。
本書は『だれが「本」を殺すのか』の後に書かれたもの。ただし、内容がかなり被っているので、本書から読んでも大丈夫です。もうちょっと新たな情報を期待していただけに、そこら辺が残念でした。
本書では講演とインタビュー、書評を1冊に纏めています。ベストセラーを何十冊も置いて「無料貸本屋」化する図書館、小さな本屋さんの減少など、本が読まれない様々な問題が浮き彫りされています。
学生が図書館を勉強部屋代わりにするのが、私は悪いとは思いません。たしかにそのおかげで一般の人が読書席を使えなくなることはありますが、カフェはお金がかかるし勉強禁止のところもありますから。むしろマナーの悪い一部の中高年男性の方が嫌です。それに自宅で勉強しても、ついダラダラしてしまうのですよね。

だれが「本」を殺すのか 延長戦
クリエーター情報なし
プレジデント社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読書進化論 | トップ | アナウンサーの日本語論 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。