Where there's a will, there's a way.

Yukiの英語学習、読書記録、日常を書いたブログです。

人工知能の核心

2017-11-23 20:08:20 | 本-その他
図書館から借りた『人工知能の核心 (NHK出版新書 511)』を読了。
著者は将棋棋士の羽生善治氏。彼は人工知能の専門ではありませんが、専門的すぎない文章でかえって読みやすくて良かったかも。人工知能が囲碁の名人に勝ったというニュースが話題になりましたが、本書を読むとどこまで人工知能が人間を超えるかが気になります。最近「Amazon Echo (Newモデル)、ヘザーグレー (ファブリック)」を使い始めましたけれど、「頭がいいなぁ」なんて感心してしまいます。
ただ、感情までは人間に近づくかは疑問です。たとえ覚えていくことで頭は良くなっても、人工知能が小説を書くことなどはできないと思います。

人工知能の核心 (NHK出版新書 511)
クリエーター情報なし
NHK出版
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どうぶつの森ポケットキャン... | トップ | ビッグデータの正体 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

本-その他」カテゴリの最新記事