Where there's a will, there's a way.

Yukiの英語学習、読書記録、日常を書いたブログです。

スマホ断食 ネット時代に異議があります

2017-03-20 21:26:32 | 本-その他
図書館から借りた『スマホ断食 ネット時代に異議があります』を読了。
タイトルには「スマホ」と書かれていますが、スマホ以外にもパソコンやタブレットにも共通した内容です。本書ではネット社会における影響力や危険さが書かれています。「スマホ絶ち」についてはほんのちょっと触れられているだけです。
道でも電車内でもどこへ行ってもスマホ、スマホ、スマホ…。カフェやレストランなどで時々目にしますが、2人以上のグループが席に座った途端、全員がそれぞれのスマホを取り出して只管それに夢中…。せっかく相手がいるのだから、一緒にお喋りした方がずっと楽しいでしょうに…。そこまでスマホから離れられないなんて何だか異様な光景ですし、まるで「スマホの奴隷」みたい。
やはりFacebookなどのSNSの影響力は大きいですね。それで「繋がり」を持ったり、自己表現をしたり。私もSNSによって前に親しかった人と連絡が取れました。でも、それによって個人情報が漏れてしまうのは怖いです。
それと無断のコピーも問題でしょう。大学のレポートや卒論などで、ネットに書いてある文章をそのままコピペしてしまうケースが多いようです。盗みの罪を犯すだけでなく、自分で考えて書く力も失われるとも言われています。
電子書籍の影響はどうなのでしょう?10歳の甥は塾でタブレットを使っているそうですが、紙のテキストよりも成績は良くなるのか?私もFireでニュースを、Kindleで電子書籍を読んだりしていますが、やはり紙の方が頭に残りますね。でもコストと資源のことを考えると、電子書籍も100%悪いわけではありません。
現代ではネットから完全に離れるのは難しいでしょうが、もし離れられるとしたら束縛から解放されて案外ほっとするかもしれませんね。

スマホ断食 ネット時代に異議があります
クリエーター情報なし
潮出版社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5分の使い方で人生は変わる | トップ | 新しい幸福論 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。