Where there's a will, there's a way.

Yukiの英語学習、読書記録、日常を書いたブログです。

人工知能は私たちを滅ぼすのか

2017-07-29 21:56:25 | 本-その他
図書館から借りた『人工知能は私たちを滅ぼすのか―――計算機が神になる100年の物語』を読了。
本書は人工知能の話と言うよりも、コンピュータとインターネットの歴史と言った方がいいかもしれません。
プロローグとエピローグ、そして各章の初めには2030年の日本を舞台とした物語が書かれていますが、スマホはすっかり過去の遺物となっています。この物語が現実となるのかどうか…?
著者がクリスチャンかどうかは定かではありませんが、歴史を聖書の物語と照らし合わせながら進めています。聖書の物語と言っても有名な箇所ばかり用いられていますので、教会に行ったことがなくてもついて行けるでしょう。
本書を読んでいると、最近のコンピュータやインターネットの進化がいかに目まぐるしいかがよく分かります。そのうち車に乗るのに運転免許証なんて必要がなくなる日が本当に来るかもしれませんね。

人工知能は私たちを滅ぼすのか―――計算機が神になる100年の物語
クリエーター情報なし
ダイヤモンド社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読書力 | トップ | 平成29年度第1回実施分日本語... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

本-その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。