Where there's a will, there's a way.

Yukiの英語学習、読書記録、日常を書いたブログです。

パブリック―開かれたネットの価値を最大化せよ

2016-10-17 21:03:10 | 本-その他
Kindle本『パブリック―開かれたネットの価値を最大化せよ』を読了。
ブログ、Facebook、Twitterなど、Web上において様々な形で自分の生活などを公開できる場所は多いけれど、プライバシーの問題が絡んできそう。私の場合はFacebook以外は匿名で公開しているけれど、写真や記事などどこまで公開するべきか判断が難しいことがあります。
「プライバシーの権利」もあれば、勿論「知る権利」もあります。そういうところの線引きが最近曖昧になってきています。まぁ、「知る権利」のお陰で必要な情報がWebで簡単に手に入ったり、ずっと連絡が取れなかった人とWeb上で出会うことができたりと恩恵も多いですが。
ある商品をWebで調べたりすると、その後にその商品そのものや関連商品がバナー広告で出ることがあります。「ブラウザが自分の好みを知っている」と考えるとぞっとするけれど、逆に考えると関連商品の情報を知ることができるなど便利なことも。
今は小学生でもスマホを持つ時代。これからはWeb上のプライバシーに関する議論がもっと盛んになるでしょうね。

パブリック―開かれたネットの価値を最大化せよ
ジェフ・ジャービス
NHK出版
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Spotty Powder and other Spl... | トップ | とうとう正規雇用です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。