Where there's a will, there's a way.

Yukiの英語学習、読書記録、日常を書いたブログです。

リストラと能力主義

2015-03-11 21:09:30 | デジもの
図書館から借りた『リストラと能力主義 (講談社現代新書)』を読了。
リストラに関する誤りを指摘した本書。ただ、従来の年功序列も良いとは言っていません。能力主義の方が競争が激しいとされているけれど、年功序列も見えないながらも競争を促していたとか。新卒社員の一斉雇用とか社宅とかがそれにあたるそうです。
後半はフィクション形式の文章が含まれていますが、部長は要らないなど実際にありえそうな話に思えました。
本書の内容とは関係ないのですが、2000年当時の著者森永卓郎氏は太っていたのですね。最近の方が顔がほっそりしているし、若く見えます。それなりにダイエットしたのでしょうか…?

↓こちらが現在の表紙。こちらだと当時の森永氏の写真は載っていないですね。
リストラと能力主義 (講談社現代新書)
クリエーター情報なし
講談社
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 成果主義と人事評価 | トップ | 休む技術 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

デジもの」カテゴリの最新記事