Where there's a will, there's a way.

Yukiの英語学習、読書記録、日常を書いたブログです。

読書進化論

2017-07-11 20:58:19 | 本-その他
図書館から借りた『読書進化論‾人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか‾ (小学館101新書)』を読了。
本書はかの有名(?)な勝間和代氏によって書かれた1冊なのですが、彼女の著書の宣伝が非常に多い印象でした。もうちょっと読書について深く触れてほしかったのですが、そこら辺が残念でした。
大型書店をぶらぶら歩く楽しさはよく分かります。彼女のように本をどっさり買いませんが、私もタイトルや帯に惹かれて買うことはありますからね。

読書進化論‾人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか‾ (小学館101新書)
クリエーター情報なし
小学館
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「処方せん」的読書術 | トップ | だれが「本」を殺すのか 延長戦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。