Where there's a will, there's a way.

Yukiの英語学習、読書記録、日常を書いたブログです。

英語の苦手な姪

2017-11-12 14:26:21 | 英語学習
久しぶりの英語学習ネタ。元々本ブログは英語関連ばかり取り上げていたのですが、最近は和書とか日本語のネタばかりになっています…(汗)。
数日前に妹から、中学1年生の姪の英語の出来が良くないことを聞きました。昨日学校帰りの姪がうちに来たので詳細を尋ねたところ、どうも英作文が苦手らしいのです。彼女は6月の英検で5級を取得していますが、それでも弱いようですね。
母と私からのアドバイスとして、教科書を最初から復習すること、そしてCDを聴いて音読することを勧めました。特に中学生レベルの英語は基礎の基礎ですし、その基礎の土台がしっかり出来ていないといつか崩れてしまいます。彼女はまだ1年生ですし、今からやり直しても遅くはありません。

ところで今日、本屋さんへ行って、「Penguin Readers」を買ってきました。散々迷った結果、選んだのは…

Penguin Readers: Easy Starters MARCEL AND THE WHITE STAR (Penguin Readers (Graded Readers))
Penguin Readers: Easy Starters FLYING HOME (Penguin Readers, Easystart)
Penguin Readers: Easy Starters A NEW ZEALAND ADVENTURE (Penguin Readers (Graded Readers))

の3冊で、どれも英検5級程度の入門レベル。本文は14~15頁ほどありますが、カラーイラストが中心で1頁当たり6行ぐらいしかないので、そんなに負担にならないと思います。
日本発行の洋書シリーズだと「ラダーシリーズ」があるけれども、こちらは英検4級レベルからで姪にはまだ難しい。それに頁数が多いので、Penguin Readersに慣れてからでないとかなりの負担になってしまうと思います。
姪は読書好きなので、こういう洋書を読むことで少しでも英語が楽しめるようになればいいかなと思います。
ついでに…、私が読むために『日本人のこころ Japanese Values and Virtues (ラダーシリーズ Level 5)』も買っちゃいました(笑)。英字新聞は読んでいるけれど、洋書とは随分ご無沙汰しているなぁ…。でも会社内でこんなの読んでいると、カバーを掛けていてもかなり目立ちそう(汗)。別に悪いことはしていないけれど、どんな目で見られるかしら?
補足ですが、Penguin Readersに代表されるGraded Readersの場合、Amazonよりもリアルな本屋さんで買った方がお財布に優しいです。それにAmazonだと最悪だと届くのに何日もかかります。比較的広い本屋さんでは買えるので、面倒でもぜひ足を運んでみてください♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TOEIC(R)偏重

2015-12-09 21:42:00 | 英語学習
予約していた『PRESIDENT (プレジデント) 2015年 9/14 号』がやっと読めました。
特集は「『英語』0秒勉強法」でそこそこ期待はしていたのですが、正直内容にがっかりしました。
「英語勉強法」と言っても「TOEIC(R)でいかにスコアを上げるか」がメインで、純粋に英語力を上げる方法はあまり書かれていませんでした。「これはTOEIC(R)に向かない」など、TOEIC(R)偏重と思われる内容ばかり。
たしかにTOEIC(R)が悪とは言い切れません。私も毎年TOEIC(R)を受けていた時がありましたが、スコア目標を立てることでモチベーションが上がりましたから。それにある程度は英語力のものさしにもなります。
でも、「単にTOEIC(R)スコアを上げたいから」などという理由で英語を勉強するのもどうかと思います。本誌には「TOEIC(R)の裏ワザ」のようなことが書かれているけれど、それにも限界があるのでは。TOEIC(R)の勉強だけでは本物の英語力は身に付かないと思います。
私の場合は公式問題集を解いただけで、TOEIC(R)の勉強は殆どしていません。洋書や英字新聞を読んだり、またはCDを聴いたりして、特別にTOEIC(R)対策をしなくても自然とTOEIC(R)に結果がついてくると思います。それに自然に英語に触れた方がよほど楽しいです。
本誌のような記事ってこれからも他の雑誌にも出てくるでしょうが、「TOEIC(R)だけの勉強」は御免です。

PRESIDENT (プレジデント) 2015年 9/14 号
クリエーター情報なし
プレジデント社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つい買ってしまったリスニング教材

2015-11-25 21:29:16 | 英語学習
久しぶりの英語ネタ。元々本ブログは英語学習ブログなのですが、最近は和書レビューブログ化しています…(汗)。

最近はリスニングとして『マララ・ユスフザイ国連演説&インタビュー集』を聴いています。CDにはマララさんのインタビューや演説が入っているのですが、まだ10代なのに彼女の意見がしっかりしていること。私の10代の頃とはまるで大違いです(汗)。

で、今日はお休みだったので、某ショッピングモールへ。寒くて雨が降っていたからか、モール内は比較的すいていました。
あるテナントさんでかわいいセーターを見つけました。欲しいなぁと誘惑されそうになりましたが、今月はピンチだし似たようなカーディガンがあるのでやめました。
その他いろいろなお店を見ながら、本屋さんへ辿り着きました。そこの本屋さんは私の住む地域では最大で、語学書も充実しています。それで偶々見つけたのが『[生声CD&電子書籍版付き]対訳 セレブたちの卒業式スピーチ ――次世代に贈る言葉』。1,296円(税込)と安いし、シュワちゃんやティム・クック氏など有名な方々ばかりだし、見つけるなり即購入。これから聴くのが楽しみです。
しかし、「ス●ードラー●ング」ってどうしてあんなに高いのでしょう?そのためにウン万も払わなくても巷の本屋さんでは安価で良質なCD教材がたくさん売られているし、NHKの語学講座は無料ですし…。

[生声CD&電子書籍版付き]対訳 セレブたちの卒業式スピーチ ――次世代に贈る言葉
クリエーター情報なし
朝日出版社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英語学習の継続は力なり

2015-10-19 21:34:56 | 英語学習
母は毎朝とある情報番組を見ているのですが、あるコーナーに私もついちらっと目が行ってしまいました。
登場したのは小学生で英検1級に受かった、現在中学生の男の子。何とTOEIC(R)も970点だそうです。他人と比較するのは良くないけれど、やはり凄いです…。何だか英検準1級、TOEIC(R)780点の私が情けなくなりました(汗)。
その子はどういう勉強法をしたかというと、只管英語に触れていたらしいです。英語の勉強を始めた3歳の頃は1日3時間ほど英語に接していたとか。洋書を読んだり英語のDVDを見たりと、どっちかというと英語を「楽しむ」って感じで、ガチガチの「勉強」ってわけではないですね。
別にその子は帰国子女でも留学生でもなく、高い英会話スクールに通っているわけでもありません。勿論、日本語も大切にし、和書も読んでいるらしいです。
こういう勉強法って特に目新しいわけではありませんし、当たり前と言えば当たり前です。英語力を身に付けるには何と言っても「継続」ですから。でも大抵の日本人は大金を払ってスクールに通ったり教材を買ったりはするけれど、すぐに挫折してしまう。英語ってそんなすぐに身に付く筈はないです。
今はWebで気軽に英字新聞が読めたり、Kindleの無料の洋書が買えたり、勉強しやすい環境だと思います。CDなど音声も手軽に手に入るし、図書館によっては洋書も置いてあります。その代わりに選択肢が多すぎて、どれが自分に合っているか迷ってしまうことも。派手な宣伝に惑わされず、地道に英語学習を続けたいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

禁断の英語攻略

2015-06-16 21:04:26 | 英語学習
図書館で予約していた『週刊ダイヤモンド 2015年 4/4号 「雑誌]』がやっと借りられたので早速ページをペラペラ捲ってみました。
特集は「禁断の英語攻略」で、「NHK英語の秘密」、「『TOEIC(R)』の謎」とある。英語学習者は放っておけないタイトルですね。
TOEIC(R)はどっちかと言えばテクニックのことが書かれていました。例えばリスニングでは説明が流れている間に問題文を読んでおくとか、Part 5では全文読む必要がないとか。「必勝ボキャブラリー」も載っていて、上級になるとけっこう難しいです。
NHKの英語講座に関しては、これから聴く人もそうでない人も参考になるかと。ラジオとTVを合わせると以前よりバラエティに富んでいるように思えます。どれだけ真剣に番組を制作しているのかが分かりました。私も一時期NHKを聴いていたけれど、下手な英会話スクールに通うよりもNHKをやった方がずっと英語は上達します。
オンライン英会話も気になります。講師はフィリピン人など必ずしも英語ネイティブとは限らないけれど、英語を話すのは非ネイティブの方が多いですからね。それにネイティブだって文法を間違えることも多いらしいですし。
残念ながら英検のことは載っていませんでした。う~ん、社会人には英検は不人気なのでしょうか?英検はけっこう使われている単語ばかり出てくるし、4技能がきちんと身に付くからいいと思うのですが…。

週刊ダイヤモンド 2015年 4/4号 「雑誌]
クリエーター情報なし
ダイヤモンド社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

単語力不足

2015-05-29 20:39:44 | 英語学習
久しぶりの英語ネタ。って、ここって元々こういうブログなはずですが…(汗)。
いつも読ませていただいている大阪の主婦さんのブログを読んで、最近英単語力不足だなぁと感じました。主婦さん、再度英検1級を受けられるとか、受けられないとか?数年前に合格されたというのに再チャレンジなんて偉いですね。もし私が1級を取ったら「卒業」という形で一生受けないかも。
で、結局買ったのが『英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)』。準1級も併せて買おうかと思いましたが、載っている単語の9割くらい知っていて意味ないのでやめました。Amazonならストレートで買えますが、カバーが付かない→1級の問題集が丸見え→自分が準1級取得者バレバレ→恥ずかしい、ってことで、英検に限らず検定本はAmazonでは殆ど買いません。でも気合を入れるために胸元に「英検準1級バッジ」を付けていることが多いから同じこと?
旧版と大きく変わったこと、それは音声がWebから無料でダウンロードできること。今までは別売でCDを買わなければいけなかったですから(しかも高い!)、これは大きいです。ファイル形式がMP3だから、ウォークマンやスマホにも取り込めるとのこと。序でに過去問もそうしていただけると助かります、旺文社さん…。

実は私、こういう単語集と言うのが苦手ですし、あまり使ったことがありません。2級受験の時は母に単語集を買ってもらったものの、途中で挫折してしまいました。準1級受験の時は英語学校で対策講座を受けていたので買う必要がありませんでした。
単語って様々な文章を読むことで覚えるのが良いのかもしれません。単語集を使うのもいいですが、それは「確認」という形で。普段からバッグに入れておいて、ちょっとした隙間時間に単語集を使うといいですね。そう言えば高校時代、英語科の先生から「ほら、こうしている間に単語1つ覚えられるでしょ?」なんて言われた記憶が。たしか彼女は10代で1級に合格したと思います。
日頃英語に接していて、やはり単語力は大切だなぁと痛感します。たとえ多少文法が滅茶苦茶でも単語で通じることがありますからね。

英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)
クリエーター情報なし
旺文社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

使える英語勉強法

2015-03-16 21:23:38 | 英語学習
図書館で予約していた『THE21 2015 年 02 月号 [雑誌]』を受け取って読みました。
特集は「使える英語勉強法」で、英語学習者には興味津々のタイトル。企業の社長、「英語のプロ」、TOEIC(R)満点取得者など、様々な人の英語勉強法が書かれています。
どの人もそれぞれ工夫をされています。隙間時間を使ったり、仲間を見つけて勉強したり、「TOEIC(R)SWテスト」を目標にして話す練習をしたり。英語学習ってその人の性格や目的によって違うから、「1つ」ってことはないんですよね。「100%ネイティブスピーカーに近づける必要はない、日本人なんだから寧ろそれは無理」というのにはほっとしました。
やはりTOEIC(R)対策も書かれています。ただ、500点レベルで「わからない問題は適当にマークして」が少々気になりますが、このレベルだとそう言わざるを得ないかもしれませんね。800点レベルでは原書を読むことを勧められていますが、中にはどんな本を読めばいいのか分からず躊躇してしまう人も出てきそう。
無料アプリの紹介もあり、スマホがあればいつでもどこでも気軽に勉強できそうです。

THE21 2015 年 02 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
PHP研究所
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人気英語学習法ランキング

2014-09-16 22:14:44 | 英語学習
「TOEIC(R) SQUARE」というサイトに「人気英語学習法ランキング」という、殆どの英語学習者なら興味をそそる記事がありました。
第1位はやはり「英語学習用の書籍・雑誌」。リアルの本屋さんやAmazonのサイトへ行くと、様々な学習書や雑誌が売られていますものね。
第2位は「無料のスマートフォンアプリ」。時代を反映していますね。
第3位は「洋画・海外ドラマ・洋楽」。記事には「英語学習の王道」なんて書かれていますが、隙間学習に向いていないため私は活用していません。
4位以下は英会話スクールとかラジオの英語講座というふうになっています。
意外にも「洋書」がランクインされていません。洋書は「学習」というよりも「趣味・娯楽」のうちに入るのかもしれませんね。

で、TOEIC(R)800点以上の人と795点以下の人では若干学習方法が異なるようです。
800点以上の場合、英字新聞や英雑誌が第3位に入っていますが、795点以下はランク外。この学習法は初級者ほど敷居が高いものなのでしょうか。でも日本語訳付きの『The Japan Times ST』(旧:『週刊ST』)などがありますから、是非とも挑戦してほしいものです。ところでこの英字新聞って紙版なのでしょうか、Web版なのでしょうか、それとも両方?まぁ、最近だとWeb版を読む人が増えているでしょうね。
逆に795点以下では「英会話教室」が第4位なのに、800点以上ではランク外。私が思うに、英会話教室は「受け身」だけだとなかなか効果が実現できない場合が多いでしょう。「習いに行く」と言うよりも「実践の場」として活用するといいかもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに図書館で英字新聞

2014-09-10 22:16:07 | 英語学習
今日は水曜日でお休み。電車に乗って某駅周辺の商業施設へ行こうとも思ったけれど、わざわざ電車代をかけてまで買う物もないので、近場で済ませることにしました。
時間が余ったので、図書館で久しぶりに『The Japan Times』を開きました。昨日のテニス決勝の結果とか、普天間基地の社説記事とか、グラノラが人気という記事とか、1時間ばかり読みました。
『The Japan Times』ってちょっと前まではWebで無料で読めたのですが、今は月当たりに読める数が制限されているのですよね。やはり全て無料にしてしまうと、紙での購読者が減少してしまうからでしょうか。
序でに『FORTUNE』5月19日号も読みました。特集はGoogle社からYahoo社のCEOになったメリッサ・メイヤー氏。彼女が就任してからのYahooの動きが書かれていました。1回読んだだけでは理解できなかったので、結局借りて家でもう一度読みました。う~ん、英検準1級レベルでは英雑誌は難しい…(汗)。

NIKKEI ASIAN REVIEW』Web版の購読をしていることもあって暫く図書館で英字新聞を読まなかったのですが、やはり図書館で読むと集中できますね。自宅だとどうしてもダラダラしてしまいます。
時間があったら、また図書館で英字新聞を読もうかなと思うのでありました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NIKKEI ASIAN REVIEWの購読を始めました

2013-12-05 21:32:44 | 英語学習
さんざん迷ったのですが、とうとう『NIKKEI ASIAN REVIEW』のデジタル版の購読を始めました。
ネックとなったのは購読料でした。それに毎日少しずつ読むのを続けられるかどうか不安でした。でも、お金を払えば、ちゃんと元を取れるように頑張って読むようになるのではと思いました。やはり制限なしに無料だと、よほど意志がない限り続かないでしょうね。
購読のしかたは簡単。まず、TOPページへアクセスし、右上の「Subscribe」をクリック。すると購読申し込みのページが出てきますから、名前、住所、クレジットカード番号など必要事項を入力して送信。完了後はすぐにログインして読むことが出来ます。
私は購読期間を3ヶ月にしました。今なら1ヶ月分の購読料(17.99ドル)で3ヶ月読めます。ただし1度申し込むと返金は不可なので、注意が必要です。
この新聞はスマートフォンにも対応していて、専用アプリ(Android、iPhone両方可)があります。Webサイトの場合はパソコン版のを読むことになるので、アプリの方が読み易いです。
英語レベルは易し過ぎず難し過ぎず、丁度いいです。おそらく英検準1級、TOEIC(R)700~800点くらいの人が対象なのでは?英文の長さは隙間時間でも読めるほどです。まずは日本に関連した記事から挑戦すると読み易いかもしれません。
これで少しは英語に触れる時間が増えるようになるといいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加