人生第二章 挑戦者

<左半身麻痺の機能回復と生活奮闘記>
脳卒中に倒れ、その後の障害、失われた機能、生活を取り戻す記録

Oさん

2017年05月19日 23時59分00秒 | 交友 出会い


Oさん

 本日は多忙の中、お会いできて大変うれしく思いました。

 さて、定年退職を前にして、思い出される事が多々あります。良い思い出、悪い思い出、・・・・。数え切れないほど。
その中でもOさんからいただきました“魔法の言葉”は、必ず、Oさんにお返ししなくてはならない事でした。

 私は病気に倒れて、障碍を持つ体となって将来を悲観して弱気になりました。2012年4月に会社復帰してから、現実社会の厳しさには、もうダメだと思う時が多々ありました。

 でも、現実社会の厳しさに負けていては生きては行けませんので、Oさんからいただきました“魔法の言葉”をパソコンのディスクトップ保存しておきて、自分に負けそうな時には、この“魔法の言葉”をかみしめて読んでいました。

 また、Yさんからも私に辛い事があっても“臥薪嘗胆”の思いですよ。この言葉をいただきました。

この言葉のおかげで、その後の5年間をやって来れたと言っても過言ではありません。

 私は、定年退職を前にして、もう二度と、Oさんに会う機会は無いと思いました。その前にOさんには、“魔法の言葉”と私の“5年間で学んだ事”を絶対にお渡したいと願っていました。

 本日はOさんに“魔法の言葉”をお返し出来た事、私の“5年間で学んだ事”をお渡した出来た事で思い残す事はありません。本日は、万感の思いでした。

 これからの定年後の生活は、決して、甘く楽な生活ではありませんが“5年間で学んだ事”を基本にして、家族、力を合わせてセカンドライフを毎日、笑顔のある明るい生活で楽しもうと計画しています。

今は、日々変化の多い時代、世界ですが、世界の広がり変化をチャンスと捉えられまして、社員の方々が一致団結されまして難局を乗り越えて、よりよい企業となりますように、ご発展を祈念いたします。

そして、ご家族がご健康で、安全で平和な日々を過ごされますように祈念いたします。

私は、セカンドライフにやってみたいこと、やるべき事を“LA VIE EN ROSE 100”として計画しました。
生きている間にすべてできるかわかりませんが、セカンドライフは、”Let It Be”、そして、”Take it easy”で行こうと思います。

本日の再会に、本当に大変ありがとうございました。

/body_walk/}記録 

 天気: 曇時々晴
 最高気温(℃)[前日差]  22℃[+2]
 最低気温(℃)[前日差] 15℃[-1]
 血圧: 114/70/69
 訓練:歩行: 左腕の振り。リズム歩行。左足加重。大きな歩幅で足の回転を上げる。背を伸ばす。胸を張る。

<行き> 
 自宅発 05:35:00 
 烏山駅着 05:56:00
 タイム 21 00 
 準特 06:10:00
  電車:座る。
 山手線  06:30
 電車:座る。
 会社事務所着 07:04





<帰り> 
 会社出発: 17:07
 山手線:   17:26
  電車:座る
 京王線各駅: 17:54
  電車:座る。
 烏山出発: 18:21:00
 自宅着 : 18:53:00 無事到着。 
 タイム:32分00秒

星と太陽と青空に願いを』

家族が健康で安全で平和な日でありますように。
私の体の障害が治りますように。
元のように左半身が動き歩けますように
通勤時間は雨が降らずに晴れますように
地震が起きませんように。
悪いことが起きませんように。
明日は今日より良いことがありますように

訪問者の皆さんが健康で安全で平和な日でありますように。

今晩も『太陽と青空と星に願いを』でおやすみなさい。

挑戦者とカメラマン(妻)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜のタワーブリッジ | トップ | フロージン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。