人生第二章 挑戦者

<左半身麻痺の機能回復と生活奮闘記>
脳卒中に倒れ、その後の障害、失われた機能、生活を取り戻す記録

間一髪!!助かりました

2017年06月09日 20時46分05秒 | 良い出来事・うれしい事
朝5:35 頃の空


昨夜、寝ているとお腹の調子が悪くて夜中に起きました。昨夜の夕食で何かお腹の具合を悪くするような物を食べてしまったのでしょうか?朝までお腹の調子が悪くていつもより早く目が覚めてしまいました。
 その後、朝食後、薬を飲んだら楽になって行きましたね。何が原因だったのでしょうか?梅雨入り入り食材が傷む季節になりました。食中毒には注意は必要ですね。特に、生ものには注意です。昨夜の腹痛は、”これからの季節は、食中毒に注意しなさい!!”との神様からのお告げのように思われました。

 そんな出来事で、今朝はいつもより、二、三分早く家を出ました。今朝は、駅に着いたのが早く、いつも乗る準特より早い各駅に乗る事が出来ました。その後、新宿に到着して、山手線ホームに行きますと、6:22の山手線はトラブルで遅れていて、駅のホームに停車していましたので、私は、この6:22の山手線に乗って、電車が動き出すのを待つ事にあしました。座って待っていましたら、”この後の山手線の到着は、もっと遅れます。この電車にお乗りください”の車内アナウンスが流れて来ました。

 この後の山手線の到着が遅れる事は、山手線ホームは、通勤者でごった返して、ホームに人が溢れる事になります。障碍を持つ私にとっては、最も、危険な状況になります。6:22の山手線は2分遅れで出発して、やれやれ一安心の思いになりました。
 その後、大崎に着いて、会社ビルに向かって歩いていますと、後から歩いて来た人達が、”今朝の山手線はすごい混んでいたな”という会話が聞こえてきました。そうか、山手線はすごい混んでいたのか、もし、一本遅い山手線に乗っていたら、新宿駅の山手線ホームの大混雑に遭遇して、もしかしたら、通勤者とぶつかって、倒れて、大怪我をしていたかもしれなかったかな?と想像したら、怖くなって、間一髪!!6:22の山手線に乗れて、無事に大崎に到着して助かった!!の思いが強く感じました。

 間一髪!!助かったのは、遡れば、昨夜の腹痛が原因で、いつもより早く起きて、いつもより早く、家を出て、いつもより早い電車に乗れた事です。昨夜の腹痛は神様からのお告げのように思われました。

 その後、会社ビルに向かって歩いて行きますと、いつものように”激励のご婦人”と朝の挨拶をして、”天使の女子中生”と朝の挨拶をして。今日も安心の一日のスタートを切る事ができました。
”天使の女子中生”と出会ったその日は、いつも、良い事が起こります。今朝の”間一髪!!助かりました”もこの良い事だったと思えました。

今日は午後半休を取りました。帰りました。

今週も無事に終わりました。感謝!!

記録  
 
 天気: 曇時々晴
 最高気温(℃)[前日差]  27℃[+2]
 最低気温(℃)[前日差] 19℃[0]
 血圧: 110/77/65
 訓練:歩行: 左腕の振り。リズム歩行。左足加重。大きな歩幅で足の回転を上げる。背を伸ばす。胸を張る。
<行き> 
 自宅発 05:35:00 
 烏山駅着 05:56:00
 タイム 2100
 各駅 05:58
  電車:座る。
 山手線  06:24
 電車:座る。
 会社事務所着 07:02
<帰り> 
 
星と太陽と青空に願いを』

家族が健康で安全で平和な日でありますように。
私の体の障害が治りますように。
元のように左半身が動き歩けますように
通勤時間は雨が降らずに晴れますように
地震が起きませんように。
悪いことが起きませんように。
明日は今日より良いことがありますように

訪問者の皆さんが健康で安全で平和な日でありますように。

今晩も『太陽と青空と星に願いを』でおやすみなさい。

挑戦者とカメラマン(妻)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日から梅雨入り | トップ | ”LA VIE EN ROSE100”の誓... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。