幸隆の国から

いい湯、歴史の跡、豊かな自然、
幸隆を中興の祖とする真田一族の地「信州上田」、
東京と行ったり来たりしてます。

初めての「盛岡じゃじゃ麺」

2016-10-17 | 日記
盛岡駅近く、「HOT jaja」という、ちょっと変わった名前のじゃじゃ麺のお店を見つけた。
店名からして、辛さが特徴なんだろうと想像しながらお店に入った。
辛いもの好きの私は「中辛」、とんと辛いものがダメな家内は「辛くないの」をオーダーした。
テーブルには、お酢、ニンニク、唐辛子などの調味料が並んでおり、自分流の味にアレンジもできる。
さらに、なぜか生卵がたくさん置いてある・・・。

出てきたのは、器に盛られた汁のない「うどん」。
きうりの細切り、きざみネギ、すりおろしショウガなどがトッピングされ、てっぺんに味のついた味噌が乘っている。

● 運ばれてきた状態。



● 食べるのに先立ち、うどんと具、味噌とをごちゃまぜに混ぜる。



● 食べ終わった器に卵を割り、アツアツのスープを注いでもらうと卵スープになる。
これは、〆に飲む、ただし、麺とは別料金。

『岩手県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 東北(岩手・秋田)2泊3日... | トップ | 三大麺の〆は「盛岡冷麺」で »
最近の画像もっと見る

あわせて読む