幸隆の国から

いい湯、歴史の跡、豊かな自然、
幸隆を中興の祖とする真田一族の地「信州上田」、
東京と行ったり来たりしてます。

五月晴れの空に舞う凧

2017-05-05 | 日記
今日は端午の節句(子供の日)だが、近頃、屋根より高く泳ぐこいのぼりを見ることが少なくなった。

我が家では、きれいに晴れた青空に凧を揚げた。
昨日の「佐久バルーンフェスティバル」の会場で買ったパーツで作った凧である。
絵は、熊のプーさんを描いた(描いたつもり)。
午前中は風がなくおとなしかった。
午後になると、山に向かって吹き上がる風にのって、勢いよく、右に左に、上に下にと活発に動き回っていた。

『長野県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 佐久バルーンフェスティバル | トップ | 七重八重花は咲けども »
最近の画像もっと見る