幸隆の国から

いい湯、歴史の跡、豊かな自然、
幸隆を中興の祖とする真田一族の地「信州上田」、
東京と行ったり来たりしてます。

期日前投票の後信州へ

2017-06-28 | 日記
今日から信州へ来たので、朝の出掛けに都議選の不在者投票を済ませた。
市場移転、オリンピック・パラリンピックをはじめ、課題山積の東京都。
都民の期待に応えられる、実力のある人に当選してほしいと願っている。

東京は雨だったが、群馬県に入るころから小やみになり、信州に入ったら晴れていた。
この地方(上田・塩田平)は全国有数の雨量の少ない土地だけに、地面は乾いており梅雨時とは思えない。
途中、高速を降りて新鮮な野菜を買うため、東御の「雷電くるみの里」に立ち寄ってきた。
ここは、江戸時代の名大関「雷電」誕生の地であり、その銅像がどんと立っている。
品揃えも豊富で、しかもリーズナブルな価格が付いている。
いつ行っても大勢の客でにぎわっている。

お店の入口と雷電の像

  

豊富な夏野菜が並ぶ

  
『長野県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 久しぶりに新宿で飲み会 | トップ | 梅雨の晴れ間の麦刈り »
最近の画像もっと見る