幸隆の国から

いい湯、歴史の跡、豊かな自然、
幸隆を中興の祖とする真田一族の地「信州上田」、
東京と行ったり来たりしてます。

応える東京の暑さ

2017-07-23 | 日記
東京と信州を行ったり来たりしていると、信州から東京へ戻った時の暑さが応える。
日中の気温はそう変わらないにしても、信州は、朝晩の気温がさがること、湿度が低いことなどで過ごしやすいことは間違いない。

たまたまこの間行った、湯の丸高原(池の平湿原)の休憩所にあった寒暖計は19度をさしていた。
この気温だと、林の中では、ウィンドブレーカを羽織る女性もいる。
平地より10度程度低いようだ。
住まいのあるところ(上田)は、その日、屋外で35度程度、屋内は27,8度であっただろう。
それでも家にはエアコンは無いが、何とかなる。


東京に戻ってからは、このところの暑さは、エアコンなしではとても無理である。
信州と同じ程度の温度設定にしたとしても、天然の冷気の快適さにはかなわない。
夏は、どうしても信州滞在が多くなってしまうのだ。
『東京都』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 蓮の花・信濃国分寺 | トップ | 富良野・へそ祭り »
最近の画像もっと見る