幸隆の国から

いい湯、歴史の跡、豊かな自然、
幸隆を中興の祖とする真田一族の地「信州上田」、
東京と行ったり来たりしてます。

諏訪大社「秋宮」の御柱

2016-12-31 | 日記
新しい年を迎える諏訪大社「秋宮」の御柱に対面した。
今年春、七年に一度行われる「御柱祭」で、御柱を曳く体験をした。
本殿を囲んで建つ四本の柱は、天に向かって真っすぐに立ち上がり、
そこには神が宿る、神々しさを感じる。
御柱にタッチし、来年もよい年になるようパワーを与えていただいた。

  

そのあと、少し離れた場所にある「春宮」を参拝。
こちらは、秋宮に比べて静かだ。



諏訪には、日本酒の蔵元が五軒固まってあるが、今日はそのうちの二軒がオープンしていた。
「真澄」の宮坂醸造さんと「麗人」の麗人酒造さんに立ち寄って、もちろん、何種類かのお酒を試飲。
冷えた純米酒がおいしく、一本購入。
試飲の杯数も重なったので、ほろ酔い気分で、近くのお蕎麦屋さんで「年越しそば」。
今日は、まさに雲一つない快晴で、暖かく良い一日だった。
諏訪湖の向こうには、雪をかぶった穂高の方向が良く見えた。
諏訪湖の湖面もすでに暗くなった。
一夜明けると新たな年、この稚拙なブログにお付き合いいただいた皆様にとって、
翌年が良い年であることを祈りながら、今年最後の投稿をしてパソコンをシャットダウン。

  
『長野県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 今年の暮れは上諏訪温泉で | トップ | 新たな年を迎える »
最近の画像もっと見る