幸隆の国から

いい湯、歴史の跡、豊かな自然、
幸隆を中興の祖とする真田一族の地「信州上田」、
東京と行ったり来たりしてます。

米子大瀑布(須坂市)

2016-11-02 | 日記


NHKの大河ドラマ「真田丸」を観ている人たちは、この光景を思い出すだろう。
ドラマのオープニングに出てくる、二本の滝がこれなんだそうだ。
ただし、TVの映像では、中腹から流れ落ちる滝の上の方には、荒々しい岩櫃山がそびえている。
そのため、よほどこの景色を覚えている人でないとピンとこないかもしれない。

高速道を長野東・須坂で下り、ナビのいうまましばらく走ると最後の集落になる(上八丁だったか?)。
その集落から紅葉の林道を約20Km山に入ると、駐車場に到着する。説明書によると、海抜1,300Mとある。
駐車場から、30分ほど山道を登ると、岸壁を落ちてくる「不動滝」、「権現滝」の二本の滝を目にすることができる。

地元の人によると、紅葉の見頃は一週間前だったとのことだった。
紅葉は盛りを過ぎていて残念だったが、対岸から眺めるこの雄大な光景は飽きることがなかった。
権現滝は、滝のしぶきが当たる直下近くまで行くことができ、滝の迫力を感じることができる。

●権現滝の下から見上げる。



●近くから見る不動滝

『長野県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 追加の「干し柿作り」 | トップ | 信玄も攻め切れなかった「砥... »
最近の画像もっと見る