YUKI - OMOLOLA

MY DAILY LIFE

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

魚こわい

2016年10月29日 20時30分54秒 | Weblog

昔々、同期のNちゃんに誘われて1年間お料理教室に通いました。

あれは忘れもしない、「アジのエスカベッシュ・オリエンタルソース」っていう魚料理を習う日のことでした。一人一匹、小アジの頭部を包丁でスパッと切り落とし、指で内臓を取り除かなきゃいけなかった。魚が恐い私にとって、これは地獄の罰ゲーム!そんなの到底無理なので、先生に私の魚を見本として使ってもらった。ここまではセーフ。

先生:「ここまで済ませているので、後は水道を使って流水で洗ってください。それならできるでしょう」

いやだぁ、魚を触るなんてこと自体ありえない。でも実習だからやんなきゃ・・・。
親指と人差し指で輪を作り、爪を立ててアジのシッポの端をつまむ。これなら当たるのは爪だけで、直接は指に触れないもんね。でも、あぁ、シッポから爪を通して変な霊気が伝わってくる。気持ち悪くなり、動悸がする、血圧あがる、冷汗がでる。我慢して水道まで持って行った。えらいぞ、自分。流水にそっと当てた時、はずみで魚がブルルンと動いた(気がした)。

「ひぇぇええ。生き返った!」

持っている手に電流が走った。魚が手を離れ、宙を舞い、流しにボタンと落ちた。ヌメヌメとした皮、グロい色、腹からを出して横たわっている胴体部分。チョロチョロと水が横を流れていく。エグイわぁ。捨てられた頭部はさぞ恨めしそうな濁った眼で、ごみ箱から私をにらんでいるんだろうな。こわひ・・・。なんかさ、料理教室ってホラーの要素満載だわね。

あ、そうだ、お箸!お箸でつかめば怖くないはず。お箸をとりに行く。しかしツルツル滑ってつかめない。やはり爪か?でも濡れた魚はつまみにくい。ニュルン、きゃぁ、気持ち悪~い。この魚、生き返ってまた動き始めるんじゃないか?飛びかかってきたらどうしよう?逃げたい!恐くて目をそむける。薄目で確認する。あぁ横たわったままだ。今晩絶対変な夢見そう。

その時、私は真剣なのに他人が見たら変な踊りをしてたと思うんです、多分・・・。年配の助手の先生が「どうしたの?時間かかってるけど?」と聞いてくださいました。流しに捨てられた魚を見て、不思議そうな助手の先生。無言で私の代わりに洗ってくださいました。あぁ本当にごめんなさい。

だけど私の場合、魚がいったん調理されちゃうと、それは料理として美味しく食べられるのよね。なんて勝手なんでしょうか。食欲の秋、プリップリのお刺身を食べたい私です。

「秋深き 隣は何を 食う人ぞ」

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サナギ虎馬 | トップ | サブのお尻 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
笑えない笑い話?! (プリくみ)
2016-10-31 15:29:46
お料理教室でこれだと冷汗ものですねでも、嫌なものはイヤだもんね!たまたま今回はお魚だけどこれが鶏だとしたら絶対捌けない
お店で季節になると店頭に並ぶ七面鳥丸ごととか豚足とか、見るのも無理です。
でも、鶏肉料理はするもんね。そして、美味しいと思って食べちゃう
矛盾してる~。
ありがたく命を頂いてます<m(__)m>
やはり魚コワイ (yuki-omolola)
2016-11-01 14:53:10
魚が怖いくせに、メダカ飼ってます。
メダカ飼ってるくせに、恐くて触れません。
触れないどころか、メダカの泳いだ水で手が濡れるのも嫌。
(間接的に魚に触れたことになり、気持ち悪い)
魚のエサの容器に貼ってある魚の写真が恐くて、使用前には剥がす。

なのにメダカの鑑賞は好き。あぁ、アンビバレント!

コメントを投稿