数年ぶりの

春に仕事が始まるまで、数年ぶりにはじめてしまいました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今回はこれです

2017-03-06 15:04:08 | 日記
     題名
登場人物
 荒瀬純玲(あらせすみれ)

私の愚痴を聞いてくれますか、私は今年で三十歳になります。もちろん付き合っている彼は居ます(これを書いている時点では過去形です)、この年になるとそろそろ結婚も考えるのは自然だと思いませんか、付き合い始めた頃は、結婚の事はあまり考えないでその時が楽しかったら良いと思っていたけど、それが年数が経ってくると、彼は私の事をどう思っているのだろうかと思うようになってきました。お互い仕事をしているので、どちらを優先するのかと聞かれたら、その時は仕事を優先しますと言っていた時期もあります、でもさすがにこの歳になると今は考えが違います、だってそろそろ年頃だし結婚したいと言う気持ちがでてきたというのが本当です。友人や同僚たちの中には子供が何人もいると言う人が私の周りに居ることも結婚したいと言う気持ちになるきっかけです。そんな彼から連絡が有って、近々会って話がしたいので時間を作っておいてほしいと言われたんです、その日が昨日でした。やっと彼も覚悟を決めたんだとわくわくしながらその日を迎えて会ったんです、その時はよそいきの服を着て、もちろんあれもね。待ち合わせの時間に言われた場所にすこし遅れて行った方が良いかな思い、数分だけど少し遅れて行ったんですよ、まあ、じらしも少し必要だと思ったんですよ、でもね、待ち合わせの場所なんですが、スタバなんですよ、すでに彼は来ていてコーヒーを飲んでいて、多分この後に食事かなと思いながら彼が座っている所まで、私もコーヒーを持って行って彼の前に座り、まずがコーヒーを一口飲んだ時すぐに彼から話だしてきた。私はもうドキドキしながら彼の話を聞き出したその時に、とても信じられない言葉が彼のあの口元から出てきた、何だと思いますか、その言葉を聞いたときに私の心の声が聞こえて来たようだった。
まずは彼が話したことは、最初、結婚という言葉が出てきたときは、やったと思ったけどすぐに、結婚したい相手が居るので別れてほしい、すでに相手には子供も出来ている。ね、わかるでしょ私の心の声が何と言っていたか。彼と付き合った長い年月が無駄だったということでしょう、その時私は何を思ったのか、分かったは別れてあげるから、今すぐ宝石を買ってくれたら別れると言ったんです、なんで宝石なのか、今思うと分からないけど、婚約指輪がほしかったのかな、つい出た言葉だったと思う。もちろん、買いましたよ、めちゃくちゃ高いのを数点ね、彼のカード限度額いっぱいだったかな。その後、彼と別れた後に、いま宝石を買ったお店に行って全て買い取ってもらいました。でも、いままで失恋の経験がないまま付き合ってきたので、さすがに堪えました。今日は、そんな私の傷ついた心を慰めるために、宝石を買い取ってもらったお金で旅行です。え、その時の金額はいくらかって、だって限度額いっぱいですよ、今年一年間は働かなくてもいいぐらいですよ、あ、言い忘れたけど、彼は老舗の跡取りなのでカードもそれなりに良いカードなのよ。
これから、縁結びの神社に行きます、もちろんお願い事はただ一つ、良い男が見つかりますようにと、お賽銭は少しフンパツしなくてはね。
        つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ライバル県は・・ | トップ | 今回はこれです 2 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。