青い空、白い雲、舞う翼。 @ CBR600RR KONICA MINOLTA

CBR600RRコニミノでのんびりと走り回る、そんなチキンライダーの記録です。('-'*)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

極秘ツーリング(その2)

2009-02-11 11:35:00 | CBR600RR (ツーレポ等)
痛恨のへっぽこ 【Report file No.7D9-0D0-2】

食後の休憩をしていると、日が昇ってくれたお陰でかなり暖かくなってきました。

さすがにインナーまで着ていたら暑いだろうと思い、丸天を出発する前にインナーは脱ぎました。

後は光電子のお陰で余計にポカポカだったんだろうなぁ~。

ほんと、これほどツーリング日和になるとは思いもしなかったよ。


11:xx頃 柿田川公園を散策

一同、ちょっと走った所にある柿田川湧水へ。



そういや、ゆたくさん達が行っていた場所だったな~と思い出しながら、これはひょっとして “ゆたくさんの通った所を巡るツーリング” なのでは!?って錯覚に。(笑)


それにしても、満腹状態にポカポカ陽気・・・そして昼下がりの公園。

昼寝の条件が揃ってまいりました!

かきくすずさん・・・眠かったんじゃなかろうか。 2時間ぐらいしか寝てないって言ってたし。

それにしても、あまりの暖かさにジャケットも脱いできたかきくすずさんは、通りすがりの地元民にしか見えません。(笑)

何という風格・・・ッ!!



あ、ちなみにこの写真に写ってる人は一般人です。

かきくすずさんじゃないので、あしからず!

奥の方に水の湧いている所があるので、そこでお水に触れる事も出来ます。



公園へ移動。 入って直ぐにあるのが、この噴水。

陽気のせいか噴水周辺は虫が湧いてて、噴水の方までは近寄るのを辞めておきました。

ちょっと珍しいなぁ~と思ったのは、ベンチに鍋の灰皿がおいてあったことでしょうか。

近年の愛煙家は端に、隅に、追いやられてますからねぇ。 そういう意味で助かる公園のようです。

ちなみにゆきは非喫煙者なので、至ってどうでもいいアイテムです。



白っぽい模様の所から水が沸いてます。

肉眼で見ると、川底の小石や砂がモヤモヤと動いているのが良く見えるんですよ。



所詮は携帯カメラ・・・もしEXILIMケータイだったらもっと綺麗に撮れたんだろうか。

それは置いといて、川底も良く見えるほど綺麗な川です。

さすがマイナスイオン発生地帯、何となく癒される気がします。



どうも水面の反射と木の陰で見辛いんだけど、この円状の部分は少し深く掘られていて、やはり底から水が湧いているようです。

なかなか清涼感のある色合いですねぇ。

まぁ、陽気も良くてジャケットを着てると暑いぐらいだったので、実に丁度良い場所だと思います。

ちなみに・・・ここでの階段の上り下りから、太腿の怪しい疲れ感を感じていました。

ぅぅ、足重いよ~。


併設されているお店で、暫し休憩することに。

アイスコーヒーを飲もうかと思ったけど・・・


  店員さん 『この時間はまだやってません。』


え?アイスティーはあるのに? コーヒーは駄目なの? 今日、こんな暑いのに。

まぁ、無いんじゃ仕方ない。 アイスティーを注文しました。


  K-1さん 『ゆきさん、前の房総の時もアイスティーじゃなかったですか?』

  ゆき 「え、そうでしたっけ? ・・・K-1さん、よく見てますね!(*゜ロ゜*)」


改めて見たら紅茶飲んでましたけどね。(笑)

あの日は寒かったからなぁ~。

まぁ、そんな話はいいか・・・ここでも毎度の如く雑談(コーヒー、紅茶、ハーブなどなど)をしてました。


13:10頃 富士見パークウェイ

休憩も程々に、走りに飢えている人にとってのメインイベントです。

ほかの人たちが楽しみにしてた峠道だよ、峠道。



富士見パークウェイの入口あたりにて。

こっそり撮るつもりが、見事に感づかれてたのは何故なんだぜ!

そして、とびうおさん・・・あんまり写りきってなくてゴメンなさい。

ここから先は、料金所前までフリー走行になりました。



かきくすずさんを先頭に、ぶらほね君、とびうおさん、ゆき、K-1さんと出発しましたが・・・。

K-1さんに即効で抜かされ、のんびりとマイペースで走ることにしました。(笑)


峠道って殆ど走った事がないので、結構ビビリながら走ってました。

最近になってRIDERS CLUBの付録を見たり記事を読んだりし始めていたので、何となく走るラインとかはイメージ出来てるんだけど、実際にそのラインで走ろうとするのって難しい。

なにせ、スピードを乗せて寝かせて走るなんて街中じゃしないしね。

おまけにコーナーのギア選択をミスってて、立ち上がらない立ち上がらない。∑(゜д゜;;;)

きっと傍から見たら 『おまえなにしてんの?』 って言われると思う。。。

あぁ、峠怖ぃ怖ぃ。


それだけならまだしも、下り坂の減速中にブレーキを更にかけて・・・


  ミノルさん 「ガッガッガッガッガッ★」


何の音でしょう? 実は前輪ブレーキがロックしかかってました。(*´ェ`*)

危うく死んでたよ。(大袈裟)

まぁ、それだけゆきのライディングは不安のある走りという事が分かって頂けたかと。

・・・怖い怖い。

すっかり心の中に恐怖心を植えつけて料金所に到着。


13:xx頃 韮山峠 料金所

当然のことながら4人は入口で待ってました。

アハハ・・・コワインダモン。

伊豆スカイラインに入る前に、かきくすずさんがブレーキレバーの位置を近くにセットしてくれました。

これで少しはブレーキを使ったコーナリングが出来る・・・のかな?(^∇^;)


13:xx頃 伊豆スカイライン

途中の複雑な分岐までは纏まって走って、道なりに走ればよい所からはフリー走行です。

・・・あぁ~、みんな早いのね~。

しかも、真後ろをかきくすずさんが視姦してくれてます。 ( ゜д゜ )ガーン


走ってるうちに、コーナーの曲がり始めが早い事に気が付いたゆき。

イメージと違うのは何でだろうと思ったら、前を走るとびうおさんを意識し過ぎてショートカット気味に回ろうとしているんじゃないかと思い・・・。

少し間を広げようとペースを落としたら、ホーネットは見えなくなりました。

あぁ~・・・追いつけないのねぇ・・・。


どんだけヘボライダーなんだよ・・・とか思わないで下さい。 ただのチキンライダーなので。

後は何ていうか、CBRが宝の持ち腐れっていうんですかね・・・いいじゃん形が好きなんだぃ。

なんだか悲しい気持ちになりつつ、事故だけはしないように追いかけました。(=w=)


13:40頃 スカイポート亀石

勢い余ってパーキングを通り過ぎかけたけど、無事に到着しました。



みんな楽しかったようで良いなぁ~。

かきくすずさんもみんな上手い上手いと言っていたけど、漏れなく見抜かれていました。


  かきくすずさん 『 (肩をトンと叩き) がんばろうね。』

  ゆき 「やっぱ全然ダメっすね~。エヘヘ・・・」


走ってる本人が凹んでるので、ダメなのは良く分かってます・・・。

だけど、ちょっとその切り口にびっくりしました。


  かきくすずさん 『一般道から見てて思ってたんだけど、肘と足スペースないよね。』

  かきくすずさん 『無いというか当たってない? そのせいでセルフステア妨げてるんだと思うよ。』

  ゆき 「・・・ッ!?

  ゆき 「ぁ、いや・・・そう言われると前から肘と膝が当たるなぁ~とは思ってましたけど。」

  かきくすずさん 『お金が許すなら、バックステップ入れてみなよ。 もっと楽に曲がれるようになるよ~。』

  ゆき 「うっ・・・!!

  ゆき 「・・・た、確かにバックステップは入れようかなって、非常に悩んでたアイテムなんですよね~。(*゜ロ゜*)」


敢えて言おう、かきくすずさん凄過ぎ。

元々の感覚からして怖いから曲がれないだけなんだと思ったけど、こういう基本的なポジションにも悪影響がある事を教えてくれるとは・・・。

いや~・・・これは収穫でした。 今までノーマルステップは体に合ってるのか?って疑問だったんですもん。

お陰で足の位置が良くなかったと判ったのでスッキリしました。


  かきくすずさん 『だって、ゆきさん足長すぎだよ~。 標準的な日本人体型じゃないもん。(笑)』

  ゆき 「え、長過ぎですか・・・。


肘と膝のスペースを見るのに、CB1300SBにも跨らせてくれました。

アップハンだからはっきり判りにくいけど、確かにスペースの違いに納得。


  かきくすずさん 『いいなぁ~、足の長い人は。(笑)』

  ゆき 「


今まで自分の乗り方だけの問題で片そうとしていたけど、バイクを体に合わせて乗る事が始めの一歩のようでした~。(今更かよ!)

でも良く考えればその通り!

だけどそれに気付かないで自分の乗り方のせいにしていたのだから・・・全くダメですね。(笑)



そんな感じで暫く雑談していると・・・赤のVFRがパーキングに入ってきました。

パニアケースに、長身で、髪はショートっぽいなぁ。 眼鏡もかけてそう・・・?

で、勘の良い人は 「あれ、もしかしてにしださん(※1)だったりして?」 という話に。

  (※1)房総ツーでゆーこさんのお連れさんとして参加されてた方です。

ただ、お声をかけるのも何だし、遠くから見てただけなので人違いって可能性もある。

でも、すっごいにしださんっぽかったな。(笑)

似てるようなと思いつつ、結局1人も声をかけずに亀石峠を後にします。


<区切りが中途半端になるので、次回に続きます。>

それにしても、峠怖いよ~って・・・ちかぴさんと同じ気分だったのかな。(=w=)

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
モバイル用 にほんブログ村 : バイクブログホンダ(バイク)カワサキ初心者ライダー
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 極秘ツーリング(その1) | トップ | 極秘ツーリング(その3) »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
白美味かったです (K-1)
2009-02-11 13:04:17
お疲れさまでした。そして白生キャラメルごちそうさまでした。
普通の生キャラメルとはまた違った味が楽しめました。

ツーリングは何だかんだいっても、無事に家に帰ることが
大事で、マイペースで楽しむ事が大事だと思っているので、
自制心のあるゆきさんが一番大人だと思いますよw

富士見パークウェイを選んだのは、あの辺の他の峠道(椿や長尾峠)
に比べてとにかく交通量が少ないからで、やっぱ僕も本気組が
いっぱりいる所は走りたくないですから(汗)。
Unknown (INTER)
2009-02-11 13:14:43
ゆきさん、Ciao!

一杯走っていて楽しそうですね~。

自分がなかなか走る時間が取れなくてウズウズしているんで、
メチャうらやましく読ませていただきましたヨ。

とにかく、ツーリングではマイペースが一番だと思いますよ!
楽しく楽しくネ。
Unknown (蒼い鳩)
2009-02-11 20:49:26
お疲れ様です。
同じ冬とは思えない天気ですね。気分いいだろうなぁ…マイペースで走れたら。うまい人に合わせるのは大変ですよね。フロントロックなんて洒落にならんです。
走れること自体は羨ましいけど、ハイサイドで転倒なんて御免こうむりたいですからね、マイペースが一番ですよ。
お久しぶりです。 (MIDO)
2009-02-11 23:14:57
いろんなところに行ってますね!羨ましいぃ。
うちのほうは、2月にしたら今日はとても暖かい日だったので午後からCBRの走り初めをしてきました。
やっぱりバイクって良いなぁと改めて実感です。
早くもっと暖かくならないかな!

ところで、公道・峠は『チキン走り』が一番の走り方ですよ。
そんなにへこむことないですッ!

バックステップの話がでましたが、ポジション調整に有効なアイテムですよ。
しっくりこない場合、さらに調整できるのでとても便利です。
ちなみに自分はMORIWAKI製のものを使ってますよ。
峠怖い。 (Z-REX)
2009-02-11 23:19:48
ツーリング、いい天気で良かったですね
機会があれば、ご一緒させて下さい♪

数台で走る際は周囲のスピードに気をつけて
前車についていこうとしてオーバースピードになったり、逆に前車が視界から消えた事で焦り、オーバースピード。。
スピードがのってきて、『怖い』と思ったら、無理はしない。自分の心に余裕を持つ事が大事ですね
なーんて、転倒したヘタッピが‥m(__)m

それにしても、ツー楽しそうだなぁ
こんばんは! (ぶらほね)
2009-02-11 23:27:15
あの、偽にしださんにはびっくりしましたよね。笑
おもわず声かけたかったですが、間違えていたら嫌だし。。。(>_<)

前輪ガッガッガ。
ひえ~ですね(^^;ロックしなくてよかったですね、、、。
転倒してしまったらもう、コニミノもゆきさんも(>_<)

CBRもバックステップにして、ゆきさんもレーシーになっちゃいましょう!笑
Unknown (ぶらほね)
2009-02-11 23:28:28
あ、、、いつもの癖でやっちゃいました(泣)
Unknown (かきくすず)
2009-02-12 00:57:33
こんばんは~~

白いブツありがとうございました。

超美味しかったですよ。

ツーリングはレースではないので

マイペースが一番です。

あまり気にせずゆっくりCBRを理解してあげてください。

・・・・・前リポートの
“かきくすずさんは・・・くぁwせdrftgyふじこlp”
のくぁwせdrftgyふじこlpの部分がすごく気になるのですが・・・・・… ボソッ
す、すみません・・・。 (とびうお)
2009-02-12 09:27:33
>前を走るとびうおさんを意識し過ぎて・・・
ほんとにこの日はなんだかすみません・゜・(PД`q。)・゜・
SAを逆送したり、ヘタレ走りにゆきさんを巻き込んだり・・・。
言い訳ぽく弁解しますと、あのときは
「う、後ろからミノルさんがキタ━━━━(*゜∀゜*)━━━━!!」
と思ってがんばってたのです。
これに懲りず、またご一緒してください!
Unknown (ゆたく)
2009-02-12 21:24:51
赤いVFRの偽ニシダさん(!?)がいた?
もしかしたら、前を走り抜けたかもしれませんよ~。
伊豆スカの途中で、コニミノのCBRにコニミノのジャケットという出で立ちの人のいる(分かりにくいな(^^;)グループがパーキングで談笑しているのを目にしました。
あとでWESTERさんとその話をしたら、WESTERさん、赤い、トップケースを付けたVFRもいた、と(^^;
こりゃあ、もしや?
いらっしゃいませ (ゆき)
2009-02-12 22:47:24
◆ K-1さん

お疲れ様でした。
白キャラメルは持ってきて良かったです。

確かに、無事故、怪我無しで楽しく帰るのがベストですよね。
自制心というよりも、迷惑をかけちゃいけないと思って、無理の無いペースで走らせて貰いました~。(笑)

富士見パークウェイは交通も少なくて走りやすかったですね~。
あのぐらいならまた走ってみたいな~と思いました。
本気の方とは一緒に走れないですね。。。(^^;

◆ INTERさん

まだ寒い日もありますが、走ってますよ~。
INTERさんは5台目計画があるし稼げる時に稼がないと。(^^;
しかも、あのホイールも計画されているんですよね?

楽しめるペースで走る事が第一ですかね。
でも、もっとバイクを気持ちよく走らせる事が出来たらと、今回の峠を走って思いました~。

◆ 蒼い鳩さん

ほんとですよ~。日中の暖かさはビックリするほどでした。
上手くて早い人ばかりだったので、逆にマイペースで走れました。(笑)
でも、フロントロック気味になったときは “あー、やっちゃった!” と思いました。(^^;

転倒してたら、みんな前ですからねぇ。
どれだけ放置されてしまうのかと想像すると恐ろしいです。
安全運転。安全運転。

◆ MIDOさん

ちょこちょこと走れてますね。ヽ(*´∇`)ノ
お、MIDOさんもいよいよ走り始めですか~。おめでとうございます!
待ちに待ったといった所ですかね♪

へこむことないですか。(^^;
でも、もっともっと隠れたポテンシャルがあるのに、それを引き出せないのはちょっと悲しいんです。
もっと精進しなくちゃ~。

バックステップ、Ninjaでは1ポジでしたが、CBRは調整出来るものにします!
種類が色々合って悩んじゃいますよね~。
いらっしゃいませ (ゆき)
2009-02-12 22:47:43
◆ Z-REXさん

ほんとに良い天気だったことが嬉しかったですね~。
機会があったらZ-REXさんともツーリング行きたいです!
ミーティングがあったら、そっちでもお会いしましょう~。

そうですね!スピードは気をつけないと、事故に直結しますからね・・・。
安心して走れるペースが一番かな。(^^;
でも、ワンステップ上の走りが出来たらな~と思いました。

◆ ぶらほねさん

あれ、どうしてもにしださんじゃないかって思ったんですけどね。
声かけに行っても良かったんですが、違う人だったり覚えてなくて知らないよって言われたらどうしようかと。(笑)

その記号はねぇ・・・gooブログに改善を要求したいですね。ヽ(゜Д゜#)ノ

◆ かきくすずさん

白いブツ、ご賞味頂けたでしょうか。
そして、色々とアドバイスありがとうございました!

確かにレースじゃないですもんね。
でも、もう少し乗りこなせるといいな~って。
また機会がありましたらCBRを理解するのに付き合ってやって下さい。

前のくぁwせdrftgyふじこlpは・・・アレですよ。
一言じゃ言い表せないっていうか。(=w=)

◆ とびうおさん

いやいや、とびうおさんが悪いんじゃないですよ!
ヘボいゆきが悪いのです。精進致します・・・。

巻き込んだんじゃないので、気にしないで下さい!
ちなみに懲りるとか懲りてないとかは無いので?
また一緒にツーリング行きましょう~。

◆ ゆたくさん

おや、前を走り抜けたんですか!
って、コニミノCBRにベリックジャケットなら私かもしれません!
あ、コニミノリュックは背負ってましたけどね。(=w=)

・・・んん? ゆたくさん?WESTERさんが同じ所に!?
なんてニアミス!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。