作家の林雄介のgooブログです

農林水産省の元キャリア官僚、今は作家。

ベジタリアンについて。(*^_^*)

2016-10-14 02:28:34 | 日記
いつもありがとうございます。林雄介です。(*^_^*)

ベジタリアンだけやったことないですね。玄米食をやっていた関係で、結果的に肉食を避けていた時期もありますが、イデオロギー的に植物も霊はいるので、動物食おうが植物食おうが同じだと思っていますから、ベジタリアンだけはやったことはないです。

また、仏教の菜食主義もおかしい。釈迦が動物の命をとらないように菜食主義ということはあり得ないことです。釈迦は、動物と会話ができたといわれています。動物と会話が可能であれば、植物や樹木の霊とも会話が可能なはずです。

霊の器を殺すという趣旨であれば、植物でも虫でも霊は宿っていますから、動物限定というのはおかしい。そもそもヤーベが肉食認めてるし…。

肉食否定したら、ライオンやパンダは困りますしね。

カラスが外でぎゃあぎゃあ鳴いてますけど、カラス、最高神の使者です。ヤタガラスっているでしょ?カラス自体が、神獣です。しかし、だいたいの動植物が何らかの神の使者です。鯨とイルカは太陽神の使者。ネズミは大黒天の使者。

だからといって、ネズミの保護したら、大変なことになりますよ。祟るだけなら、池とか埋めた方が祟りますよ。わき水が出るところは99%、龍か蛇がいますから、埋めたら祟ります。

実家の近所に弁天町というのがあるんだけど、井戸も社もないんですよ。弁天町というのは、通常、弁財天の祠があって池がある。公園と保健所になっているんですが、明治に廃仏やった時に、弁財天の祠壊して、池埋めて、建物建てたんじゃないかな?。→めちゃくちゃ祟りますよ。

弁財天さんも三種類あるんですよ。白蛇が化身した弁財天→もろにご利益ある(地方議員クラス、地域密着ご利益型)。白龍化身の弁財天→経済は抜群(国会議員クラス。地方経済の振興)神様の弁財天→ほとんどいない。生活に密着したご利益ない。国の方向性考えるとか。(大臣クラス、国政の運営)。

本当の弁財天さんだと、参拝者の願いを叶えないので、本当の弁財天さんは白龍、白蛇さんを雇用して、実務は白蛇さんがやってるんですよ。

で、普通の町内の祠で国家安寧、天下泰平、世界平和を祈る人、あまりいませんから、実務型の白蛇さんが弁財天やっているんですよ。(白蛇=弁財天ではない。弁財天に化身できるのは優秀な白蛇だけ)。白龍は弁財天に化身できる。無能な白龍はいないから。

白蛇は直に祭ると、あぶく銭持ってくるから、危ないです。勤労、勤勉、ギャンブル、宝くじの類いを一切やらず、酒を一切飲まず、無欲に世のため、人のためだけに生涯貫けるならともかく、出家するより人生のハードルあがるので、直に祭るのはやめた方がいいです。

神社でもお寺でも、神様がいるところなら、神様が必ず白蛇でも龍でも雇用してますから、必要があれば、神様に派遣してもらうべきです。人間が判断するんじゃなくて、神様が必要なら貸してくれますよ。で、仕事が終わったら帰る。こういうのは弊害ないです。

林雄介with,you。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なりすましメールとかブログ... | トップ | 上司が机をあさる(検索回答... »