作家の林雄介のgooブログです

農林水産省の元キャリア官僚、今は作家。

青森にあるイエスの墓。(*^_^*)

2017-07-13 01:22:07 | 日記
いつもありがとうございます。林雄介です。(*^_^*)

イエス・キリストの墓が青森にありますが、荒唐無稽な話ではないのです。

なぜなら、織田信長の墓は日本に10以上あります。徐福の墓もたくさんあります。

日本人は、遺骨がなくても墓を作りますから(記念碑的な意味で)、著名人の墓=遺骨の安置場所ではないのです。

ちなみに、青森にあるイエスの墓には、イエスやイエス所縁の人間の遺骨は入っていないはずです。

もともと、外国から来た謎の人物の埋葬場所を明治以降に、イエスの墓としたのです。

日本には、シルクロード経由で中国に逃げてきたユダヤ人がわりと来ています。秦氏というのは、ユダヤ人です。ユダヤ人というのは、ユダヤ教を信じる人なので、中国民族のユダヤ人というのも、随、唐という中国が世界の中心的な国際都市だった時代には、あらゆる宗教、民族が中国にいたのです。

そして、東方に楽園があるというユダヤ人の伝承があるので、ユーラシア大陸の東の端にある日本には、中国からユダヤ人がわりと来ているのです。

青森にユダヤの伝承がありますが、秦氏がユダヤ人ですから、渡来人の中に一定数のユダヤ人はいたのです。正確には、ユダヤ教やユダヤ教的キリスト教を信じる中国人です。また、ローマから中国に逃げてきたネストリウス派やカトリックに異端認定されたユダヤ教的キリスト教徒が、日本に来ていますから、その人達の墓がイエスの墓と混同されたのです。

日本人の先祖が、ユダヤ人ではなく、渡来人に一定数のユダヤ人もいますし、ギリシア神話も入ってきています。ですから、古事記と旧約聖書とギリシア神話は似ているのです。

林雄介with,you。

ちなみにこの記事を書いたのは昨晩です。記事ストックは公開していない記事で一番古いのは4月に書いたものです。怪しい記事がたまってきています。

暑かったり、寒かったりしますが、皆さんもお身体、ご自愛くださいませ。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神社に奉賛することについて... | トップ | 我が家の歴史。幕末。(*^_^*) »