you/blog

つれづれなるままに・・・・

慢性睡眠不足

2016-10-20 | 日記

人それぞれ睡眠時間は違うと思うし満足できる時間も違うと思いますが

私はほぼ毎日睡眠不足に陥ってる気がします

どんなに遅く寝ても4時半くらい起きなくてはならないのが理由ですが

毎日朝起きる習慣ができてしまって

休日も6時に起きればいいのに4時半に起きるという悪循環><

 

4時半に起きる理由は子どもが朝早くに家を出るから・・・

勉強を朝型にシフトして5時半に家を出て学校で勉強するスタイルになり

お弁当や朝食があるので必然的に早く起きる羽目に・・・

元々超型人間なのでそれ自体は問題がないのですが

夜早く寝られるかというとそうではないので慢性的に睡眠不足になってしまってます・・

 

夜早く寝られない理由は上の子どもの帰りが遅いから・・・

夕食を作って置いておけばいいというのでその言葉に甘えて

いつ私が寝てしまってもいいように準備はしておくのですが

連日実習で疲れて帰ってくる子どもが帰ってくるまでなんとなく気になって眠れず・・・

親ばかかもしれませんが夜遅いとやはり心配もあります

疲れすぎていてお風呂と食事を済ませてリビングのソファーでそのまま寝てたりすることも多いので

体調を気遣ってあげたいという気持ちもあります

諮問があったりすると寝る時間も削ってるので余計に・・・です

実際、今かなり疲れ切っているようでQOLがどんどん下がっている感じです

これが年内いっぱい続くというから子どもも大変だなぁと・・・

ただ週末にサークル活動や友人と夕食食べて帰る時は寝てしまってることもありますが^^;

 

子どもの生活時間が各々違うので私の睡眠時間が奪われている感じがしますが

彼らも頑張っているので弱音を吐くわけにもいかず・・・

ただ一つ彼らと違うことは若くないということです^^;

5時半に送り出してからや夕方少しだけ寝ないと体がもたない日も最近増えつつあります・・・

下の子の受験が終わるまではこちらも頑張らなくては^^;

私が唯一寝れるといいますか寝だめをしてるのは旅してる時かもしれません

子ども達が私を旅に出るように勧めてくれるのは

一度しかない人生を悔いなく楽しむことと、出かけた時くらい家事もせずのんびりして欲しいということです

1泊の短い時間でも大変ありがたいです・・・

実際今月岡山行った時も18時くらいから爆睡してました^^;

旅先であちこち行きまくってるように思われがちですが、

昔から私の旅は無理はしないこと・・

また来ればいいというスタンスなので欲張らず、割と途中でホテルに帰って昼寝してたり、

出来る限り大浴場の付いたホテルに泊まってのんびりくつろぐという感じです

旅先なら気兼ねなく昼寝もできるし、自分の時間をくれる子どもたちには感謝です!

まだまだ頑張らなくては・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食欲ありすぎる秋 | トップ | 真面目 or 頭が固い or 柔軟... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
毎日 (山水)
2016-10-20 08:29:27
4時半起床はきついですね 子どものためなら頑張れるでしょうけども
睡眠は大事 (グッドラック)
2016-10-20 20:18:41
youさんは
慢性的な睡眠不足とのこと子供達のことがあるから
ゆっくりできないのは致し方ないとしても
なんとか空き時間に睡眠する時間が欲しいところですね

自分は7時間催眠が目標
朝起きるのが最近は辛い^^;
山水さん (yuko)
2016-10-21 05:29:23
頑張らなきゃならないんですが、疲れが抜けません^^;
若くはないので^^;
グッドラックさん (yuko)
2016-10-21 05:33:35
7時間寝てみたいですね^^;
7時間寝たのはいつだろう??夏の長野旅行の時だけはやたら寝てた気がするのですが・・・
若くないので日に日に疲れがたまってる気がします(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。