you/blog

つれづれなるままに・・・・

蜷川実花/うつくしい日々

2017-07-13 | 読書

父が逝った日の空は綺麗すぎて怖いくらいだった

父蜷川幸雄がゆっくりと死に向かう一年半 光は眩しく、世界は驚くほど美しくなっていった

そんな父の死に向き合う日々を写した蜷川実花さんの写真集

 

 冒頭こう綴られていました

 朝起きたら信じられないくらい空が青くて、あまりにも綺麗だった。

どうせ逝くならこんな日がいいよね、って思った。

蜷川さんの写真というとカラフルでポップで華やかなお花っていうイメージだったのですが

この写真集は全く違っていました

とにかくとても自然って言うか何気ない日常の風景ですがそのなかに美しさとか優しさ

そういうものが感じられる写真です

なんていうのでしょう・・・自分の大切な父の死と向き合っている中で感じられるものを表現してるって言うか

なにげない小さなことって言うか 例えば今日の空の色とか雲とのコントラストが美しいとか

道路わきに咲いている草花の素朴な美しさ 宍道湖の湖面がキラキラしてたり

こういうことにふと感動したり癒されたりすることって私もよくあるんですけど

きっと同じような感覚だったのかな??と勝手に想像してしてしまいました

勿論私の感性など蜷川さんの足元にも及びませんが(笑)

疲れてバタバタしている時なので写真の美しさにとっても癒されましたし

お父様への思いもつづられていてなんだかとってもほっこりしました

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思うは招く/植松努 | トップ | 加納美術館 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
県美で見た (山水)
2017-07-13 17:23:23
あのど派手な写真展思い出します
山水さん (yuko)
2017-07-13 21:48:33
ど派手じゃなくて逆にちょっと拍子抜けしました
とても美しい写真集でした
写真 (グッドラック)
2017-07-14 06:22:57
写真は同じ被写体でも
撮影する人の思いが
不思議と現れますよね(^^)

今日は栂池高原から白馬岳までの登山
iPhoneですがいい写真が
撮れたらいいなと思ってます(^^)
グッドラックさん (yuko)
2017-07-14 06:46:37
私はとっても写真が苦手です(笑)

山の風景は稜線や樹林帯、植物いろいろな被写体があり、同じ場所を登ってもまったく同じのはないのが自然ですよね
素敵な写真撮れるといいですね
登山お気を付けください
白馬岳・・・羨ましいです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。