you/blog

つれづれなるままに・・・・

この嘘がばれないうちに/川口俊和

2017-05-12 | 読書

コーヒーが冷めないうちにの続編で7年後を描くお話です

愛する人を思うがゆえに生み出した優しい嘘・・・

22年前に亡くなった親友に会いに行く男 母親の葬儀に出られなかった息子 結婚できなかった恋人に会いに行く男の話

妻にプレゼントを渡しに行く老刑事の話

どの話もとても心温まる話でした

個人的にはこちらの方が読みやすかったように思います・・・2冊続けて読んだからかもしれません・・

 

ただどんなに優しい嘘だったとしても 私は基本的に嘘は苦手です

なぜかというと 嘘をついていることがすぐにわかるというか感じてしまうからです

自分への思いやりだと感じれば感じるほど余計に切なく申し訳なく思うだろうから・・・

時として鈍感な自分だったら楽に生きられるのかも・・・と思うのですが

かなり敏感みたいで自分には鈍感力が必要ではないかと思います

だから優しい嘘をつかれる時がこれから先起こったとしたら 嘘に付き合うことも必要なのかな?

相手に対する思いやりも必要なのかな?と思っているところです

でも・・・子供たちに一つだけお願いしてることがあります

それは・・・余命宣告 残された人生を悔いの残らないようにしたいから嘘はつかないで・・と

 

川口さんの2つのの本は短編ドラマにしたらいいなと思いました

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コーヒーが冷めないうちに/... | トップ | 出雲空港 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
短編小説の楽しさ (グッドラック)
2017-05-12 12:45:26
今回の本も
とても興味深いですね

youさんの言う通り
ドラマ化されると面白いかもです

短編小説も
たまには楽しみたいです!
 (山水)
2017-05-12 18:04:03
嘘は嫌ですが どうなんでしょう知らないほど鈍感になるのも必要かもしれませんし・・
グッドラックさん (yuko)
2017-05-12 19:35:17
とても売れてるらしいです
受け入られやすい本なのでしょうね
前作に続きほっこりします
山水さん (yuko)
2017-05-12 19:37:41
おっしゃる通りです
鈍感力が私には課題です

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。