you/blog

つれづれなるままに・・・・

品をあげる人がやっていること/斎藤一人・高津りえ

2017-07-31 | 読書

銀座まるかんの斎藤さんの話が1・5章、残りが高津りえさんの話でした

斎藤さんの本は結構読んでいて読むたびに反省することも多いです

今回もたくさんのヒントをもらったように思います

今回は品格についての話でした

品をあげる人がやっていることは

いいことを「さらっと」実践する、他人の喜びに「よかったね」と言う

心から「人生」を楽しむ、思いやりのある「言葉」を使う、「いいこと」をちょっとずつ積み重ねる

「起こったまま」を受け入れる、「気」が枯れないようにする、「神様のおかげ」に気づく

いつも「意識」を高くもつ、「今できること」を考える

他にもいろいろでしたけど今回も参考になりました

第5章の斎藤さんの話は

私の友人が時々私に話してくれるような内容でとても共感がもてました^^

やはり私はまだまだ・・・

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人生とは、人の役に立つこと | トップ | つれづれ・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
生き方のヒント (グッドラック)
2017-07-31 09:16:11
ちょっとした本や人からのアドバイスで
辛い時も楽になれることがありますよね

人の悩みや辛く感じることは様々
でも生き方のヒントを参考にすることで
元気に前向きになれる場合も多いから
相談できる人や読書は
これからも大切にして行きたいですね
グッドラックさん (yuko)
2017-07-31 21:18:18
私は読書で結構癒されてます
元気をもらってます
でも根本的な解決には程遠いです(笑)
励ましになってるので読書はずっと続ける予定です

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。