縁鍼灸院 女性の健康ブログ |広島の鍼灸院

広島市・中区・袋町で針灸院を行う女性鍼灸師のブログ。女性の健康、東洋医学、針灸、養生法に関する事など。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ストレスについて

2011-03-31 23:24:46 | 東洋医学について
今日はストレスと体調についてです。

東洋医学では「心身一如」という言葉があり、体と心は一体であると考えています。

日頃どんなに健康に気を使っていても、心の状態が健康でないと不調となって体に現れます。

心がバランスを崩すのは感情の急激な変化です。

これを七情の乱れと言います。

怒る・喜ぶ・思う・憂う・悲しむ・驚く・恐れる の7つの感情があり、これらの感情が高まりすぎたり長期間にわたり続くと体の不調等として現れます。

悲しみや、クヨクヨとするなどが長く続くと倦怠感・根気がなくなる・頭痛などの症状を起こしやすくなり、考えすぎたり、思い悩んだりと言う事が続くと、胃腸症状・食欲不振・みぞおちの詰まり感や痛みなどを起こしやすくなり、怒ったりイライラなどの状態が続くと気が頭に昇り、のぼせ・頭痛・肩こり・筋の引きつり・足の冷えなどをおこしやすくなります。

喜んだり、怒ったり・悲しんだりと言うのは誰もが経験しますが、長期間感情のアンバランスが続くと体に何らかの症状となって現れます。例えば、肩こりなどの症状と心は一見関係のないように感じますが、実は密接につながっています。


日常生活の中で感情の乱れは起こりやすく、上手に気分転換を出来ればいいのですがそう簡単にできない場合が多いと思います。

針やお灸で、気の流れを整え体をリラックスをさせ、ストレスを抱え込まないように早めのケアをお勧めします。



広島市・中区にある縁鍼灸院ホームページ



ほのぼのブログ




ココロと体のブログ









ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胃の張り | トップ | ストレスと針灸 »
最近の画像もっと見る

東洋医学について」カテゴリの最新記事