★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

オール・ユー・ニード・イズ・キル

2014年07月05日 | ★★★+

【EDGE OF TOMORROW】 2014/07/04公開 アメリカ 113分
監督:ダグ・ライマン
出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 、ジョナス・アームストロング、トニー・ウェイ、キック・ガリー、フランツ・ドラメー、ドラゴミール・ムルジッチ、シャーロット・ライリー

日本原作、トム・クルーズ主演。

桜坂洋の同名ライトノベルをトム・クルーズ主演で映画化したSFバトル・アクション。
謎の侵略者“ギタイ”の襲撃を受ける近未来の地球を舞台に、その侵略者を相手に戦闘と戦死を繰り返す不可思議なタイムループに囚われた一人の兵士の壮絶な運命を描いた作品。
監督は『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs. スミス』『ジャンパー』などのダグ・ライマン。

主演がトムと決まって初めて知ったという日本産の原作。シネコン内に置いてあった試し読み冊子の漫画だけは読みました。それによると主人公たちはかなーーり若いんですけどね。まぁトムだから大丈夫でしょーということで観てきました。

もちろん、2D字幕版です!!

もともとの小説はわからないけど冊子の内容からすると、ループするのは同じでわりと設定は変わってるんですね。主人公がおじさんってことから違ってるか 笑。

これ、何も知らなかったら、まるごとハリウッド映画ですな。
しかもトムか好きそう~主演したがったのはよくわかる。

一体....トムは何回死んだんだろ、、、

軍の広報担当の少佐で戦闘に関しては素人、わけもわからずにいきなり前線基地に送られいきなり謎の生物と戦わされるという....。しかもすぐ死んじゃう。死んだと同時に基地に送られた最初の日にもどってしまう...これを延々と繰り返すというもの。

戦闘シーンの迫力は半端ない。原作は日本だけどやはりハリウッドだからこそのスケール感。原作に思い入れがある人にはどう感じたかはわからないですけどね。私は好みです。
死ぬたびに戦闘能力もアップしていくのも面白い。それと先にループ経験者が出てきてトムと絡んでいくのもいいし、先に進むために怪我をすると容赦無く殺されるトムがなんか新鮮。いつも最強な役が多いからあっけなく殺されちゃうのにクスッとしたり、、、。

最初の頃は戦ったことがありませーんなトムにも笑えた。安全装置の外し方がわからなくて焦ってるなんてトムらしくなーい、笑。何度もループしていくといつもの強いトムになってきて安心したり...。

しかし.....7月に入ってから仕事が忙しくて疲れてたせいなのか....不覚にもトム出演の映画で.....寝てしまったのであった、、、。ドンパチがあまりにも続いて心地よくなってしまい、私の頭が寝て起きて寝て起きて...とループしまくりでした...とほほ。リベンジしてこようかしらん。

ちょっと気になったのは...ラストシーン。なぜあそこまでループできたんだろ...。 

 

仮:★★★.8(睡眠ループにより興奮度はこのくらいかな)
★★★★(戦闘シーン)

 

オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
トム・クルーズ,エミリー・ブラント,ビル・パクストン,キック・ガリー,ドラゴミール・ムルジッチ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 

オール・ユー・ニード・イズ・キル 3D & 2D ブルーレイセット(初回数量限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
トム・クルーズ,エミリー・ブラント,ビル・パクストン,キック・ガリー,ドラゴミール・ムルジッチ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 

【Amazon.co.jp限定】オール・ユー・ニード・イズ・キル 3D & 2D ブルーレイセット スチールブック仕様(完全数量限定/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
トム・クルーズ,エミリー・ブラント,ビル・パクストン,キック・ガリー,ドラゴミール・ムルジッチ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 

All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)
安倍 吉俊
集英社

 

All You Need Is Kill 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
桜坂洋,竹内良輔,安倍吉俊,小畑健
集英社
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (30)   トラックバック (56)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブロークンシティ | トップ | マレフィセント »

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2014-07-06 05:41:19
たしかに結局主人公は何回ループしたのか、気になりましたね。
ちょろっとでも語ってくれれば良かったのですが…。

戦闘シーンは迫力満点で、
ギタイの動きは不気味で、とても見応えがありましたね。

そうそう、ラストはなぜあそこにループ出来たのか、気になりました。
睡眠ループ (まっつぁんこ)
2014-07-06 06:41:28
これで睡眠ループにはまるとはさすがです。(笑)
わたしもラストのループは ? 疑問符 でした。
こんにちは (りお)
2014-07-06 08:26:09
ラストは確かに不思議でしたが、そんなところにツッコむのもアホらしくなってしまう程、ハマれませんでした。
最後のループは、これまでのループと違うということを示すためだけで、何故あそこなのかという意味はない気がします。
Unknown (mig)
2014-07-06 17:20:29
寝ちゃったのにかけちゃうゆかりんすごい★
やっぱりでも面白ければ寝ないんじゃない?笑
トムちんの活躍はいーけど、こう
戦うだけで終わりって話は私には物足りないよー>_<
Unknown (はるみん)
2014-07-06 22:45:22
こんばんは~。
よくよく考えると納得いかない点も多々ありそうだけど、観てる間は怒涛のループとテンポで思う間もなく進んでいったって感じで。(^^;
ラストはなんかキツネにつままれた気分だったけど楽しめました(^0^)
こんにちは (たいむ)
2014-07-07 09:09:43
そうそう最後のループのスタートがなぜあそこなのかわからないですよね。
ともかく、けっこう楽しめました。
こんにちは。 (みぃみ)
2014-07-07 09:52:06
無事帰還迄の道のり、yukarinさん御自身もループなさってらしたのですね。
オツカレサマデス。

原作を、トムおじさん(←表現、面白いのでいただきました♪)に上手く置き換えてるな~と思いました。
(この作品では鍛えられてできていく)トムたんのイイ身体の理由も上手く整合してるっ!と。

弱弱のトム・クルーズ、新鮮でしたね☆。
水たまりに顔つっこむなんて、いいの~~と:笑。
Unknown (えふ)
2014-07-07 18:53:21
ループしちゃうから飽きちゃう?かとおもったけど、
かえってトムがあっけなく殺されちゃうのが可笑しかった(笑

ドンパチが心地良くなってループしちゃうなんて・・・
さすがyukarinさん!!(爆
貧弱でしたので見応えアリw (メビウス)
2014-07-07 23:15:56
yukarinさんこんばんわ♪

少なくとも『貧弱なトム・クルーズを観る事が出来る』っていう意味でなら本作は見応えがあった作品でしたねwエンタメトムは自分もやはり『強い』か『ヒーロー』っていうイメージがあるので、安全装置も外せなくて色々言い訳つけて戦場に行きたくないって駄々こねてるトムには結構ニンマリしてしまいました(笑

そいえば最後のループですが、ホントなんであそこまで戻れたんでしょうね?ああいうとこは変にご都合主義だったかな?ループ能力もまた元に戻ったのか非常に気になります。
BROOKさんへ (yukarin)
2014-07-09 23:07:06
こんばんは♪
ちゃんと数えてた人はいないんでしょうかねぇ。
戦闘シーンはさすが迫力がありましたね。
最後のループはちょっと都合が良かったかな?
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2014-07-09 23:12:30
ガチャガチャしすぎるとウトウトしやすくなるんですよね、笑。
まっつぁんこさんもやはりラストには疑問ありでしたかー。
ちょっと都合良かったかないう気もしなくなも...
りおさんへ (yukarin)
2014-07-09 23:15:08
こんばんは♪
はまれなかったんですね残念。
最後のループはあまり気にしないほうがいいのかもしれませんね。
migさんへ (yukarin)
2014-07-09 23:17:43
あははー頑張ってみたよぉー、笑。
うん、特にドラマがあるわけではないし、同じ戦闘シーンの繰り返しだからウトウトしちゃったのかもね。
でも戦うトムが見られたからいいっかな
はるみんさんへ (yukarin)
2014-07-09 23:20:44
こんばんは♪
あまり気にしないのがいいんでしょうね。
戦闘シーンはとても迫力ありました。
楽しめたもん勝ちですねこれは!
たいむさんへ (yukarin)
2014-07-09 23:29:11
ちょっと寝てしまいましたけど、私もわりと楽しめたほうです。
最後のループはなぜ?と思いますよね。
Unknown (ふじき78)
2014-07-13 23:26:55
大雑把予想

> ちょっと気になったのは...ラストシーン。なぜあそこまでループできたんだろ...。

かかった血の量によってループ距離が伸び縮みしたりするんじゃないすか(適当)
こんにちは。 (タケヤ)
2014-07-19 14:13:42
ループループループと
大変な作品でしたが
段々強くなっていくトムが
ステキでした。

ウトウト観賞でしたか?
僕は昨日の「トランセンデンス」が
まさしくそうでした。

仕事お疲れ様です。
みぃみさんへ (yukarin)
2014-07-21 17:42:51
私も違った意味でループしておりました、笑。
原作付きだけどちゃんとトムおじさんの映画になってましたね。
初っぱなの弱弱トムはほんと新鮮でしたわー、笑。
貴重でしたね。
えふさんへ (yukarin)
2014-07-21 17:44:46
そうそう何度も同じシーンは飽きそうだけど、あのトムが何度も殺されちゃうなんてほんと新鮮よね。
ドンパチの音もずっと続くとなんかの周波数が合うのかもね、笑。
メビウスさんへ (yukarin)
2014-07-21 17:51:25
こんにちは♪
強いトムを知ってる人ならある意味楽しみの作品でもありますね。
安全装置~にはほんと笑っちゃいましたもの。
なかなか貴重なシーンですよね。
最後のループも深く考えてはいけないのかもしれませんね。ご都合主義な感じもしますがトムに免じて許します、笑。
タケヤさんへ (yukarin)
2014-07-21 17:53:32
こんにちは♪
そうですね、ループのたびに強くなってくと、だんだんいつものトムになってく感じでしたね。
ウトウトしてしまったのは失敗です 汗
映画も万全な体調で観たいものです
ふじき78さんへ (yukarin)
2014-07-21 22:09:48
おー血の量ですか~なるほど。
ってほんとだったりして、笑。
ようやく観てきました (ノルウェーまだ~む)
2014-08-03 23:20:43
yukarinさん☆
随分とお疲れだったのですねー
私はもともと戦闘もので寝るたちなので、今回も同じ事を繰り返すようだし、ゼッタイ寝るわーと思ったら、案外面白くてしっかり観てました。
でもやっぱり途中少しだけ緊張が続かず、字幕を読み飛ばしたりしてたから怪しいかも~~
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2014-08-04 12:58:50
この時は忙しかったものでうっかり...
戦闘ものは好きだけどずっと続くと寝ちゃったりしますね。
今回はまだ~むと逆だったようです 笑
こんにちは (maki)
2014-11-12 09:30:48
まさに「死にゲー」感覚で楽しめた本作でした
ゲームをプレイする身としては、
この設定だけでも共感性高い~~。
ひゃああーとおののいていたトムちんが、
ラストでは別人のようになっているのがまた面白い点でしたね
こんばんは! (ヒロ之)
2014-11-17 22:46:56
タイムループものは好きなのでかなり楽しく鑑賞出来ました。
日本の原作をここまで面白く作ってくれると嬉しいものがあります^^
makiさんへ (yukarin)
2014-11-18 18:14:15
こんにちは。
私はゲームをやらないんですよねぇ。
おののいてるトムは貴重だと思います 笑
トムがだんだん強くなっていく点では面白い作品でした。
ヒロ之さんへ (yukarin)
2014-11-24 22:44:25
こんばんは。
これが日本の製作だったらここまでの面白さにはならなかったでしょうね。
Unknown (たお)
2015-01-16 09:10:18
遅らばせながら、あけましておめでとーございます!
本年度もよろしくお願いいたします。
で、本作。
序盤のアホちゃんっぷりに不安を感じましたが、死にながらしっかりとハンサムに仕上がってたので一安心って感じで。
たおさんへ (yukarin)
2015-01-20 14:29:32
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
最初はそんなのトムじゃなーいと笑いつつ、死ぬたびにしっかり(笑)してきていつものトムになっていくあたりこれはこれで新鮮な感じで面白いと思いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

56 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014年6月28日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 を鑑賞しました。 トム・クルーズの来日から覚めやらぬうちの先行上映はだから 客入りはまずまずでした。 が、なぜか、おっさんばっかり! 日本橋がどうなのか いや、周りは女性のが全体的には多かったが、映画の内容なんでしょう...
オール・ユー・ニード・イズ・キル/EDGE OF TOMORROW (我想一個人映画美的女人blog)
日本の桜坂洋のライトノベル(同名)が原作。 主演、トムちん。(原作若い男だけど、、、) 監督は、「ボーン・アイデンティティー」(つまらん)、「Mr.&Mrs. スミス」(ブラピとアンジー夫婦になる前の夫婦喧嘩)、 「ジャンパー」(まぁまぁ)などのダグ・...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Edge of Tomorrow 監督: ダグ・リーマン 出演: トム・クルーズ 、エミリー・ブラント 試写会場: ワーナー・ブラザース試写室 公式サイトはこちら。(2014年7月4日公開) ある日、決死の任務に就くことになったウィリアム・ケイジ少佐は、本格的な戦闘が...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (花ごよみ)
原作は桜坂洋作の小説All You Need Is Kill。 ハリウッドで映画化、世界公開です。 主演はトム・クルーズ。 主人公ケイジを演じます。 共演は戦場の女神、 リタを演じるエミリー・ブラント。 宇宙からの侵略者ギダイとの戦闘の中で 滅亡寸前の地球を救うため、 戦...
オール・ユー・ニード・イズ・キル・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
勇者さまが、できるまで。 地球が、突如として未知のエイリアンの侵略を受けた近未来。 戦闘中に戦死したはずの主人公は、目覚めるとその前日に時間が巻き戻っている事に気付く。 そして延々と繰り返される、同じ一日の覚醒と死。 なぜ彼は、時空の無限ループに陥っ...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 □監督 ダグ・リーマン□脚本 クリストファー・マッカリー、ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース□原作 桜坂洋□キャスト トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ブレンダン・...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 面白さの秘密 (映画のブログ)
 娯楽映画や娯楽小説は、私たちを心地好く現実逃避させてくれる。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の痛快な面白さの根底にあるのも、虫がいい現実逃避である。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の原作は日本の小説『All You Need Is Kill』。"kill"とい...
[映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これまで何度も語っていることだけど、私は、時間ループネタの小説を書いたことがある。  世に色んな時間ループ題材の作品があり、最近では「まどか☆マギカ」が心に残っているが、この『オール・ユー・ニード・イズ・キル』も、きっちりと作り上げられた傑作と言えよ...
劇場鑑賞「ALL YOU NEED IS KILL オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (日々“是”精進! ver.F)
ループの先にあるものを目指して… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406290000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】All you need is kill [ 桜坂洋 ]価格:626円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも...
オール・ユー・ニード・イズ・キル~戦場の広告屋 (佐藤秀の徒然幻視録)
Come Find me When You Visit The Louvre! 公式サイト。原題:Edge of Tomorrow。桜坂洋原作、ダグ・リーマン監督。トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (あーうぃ だにぇっと)
オール・ユー・ニード・イズ・キル@TOHOシネマズ日本橋
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)』 (公式)を本日、先行上映にて劇場鑑賞。採点はちょっと緩めで、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。なお、桜坂洋氏の原作ライトノベル『All You Need Is Kill』は未読。 ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
広報担当の将校が地球外生物との最終決戦の場に突然放り込まれて、同じ行動を繰り返していることに気がつく。人間側の葛藤は丁寧に描かれているのに、侵略者はまるで機械みたいだ。この映画の主要テーマは人間の学習能力の向上なのか。
オール・ユー・ニード・イズ・キル (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 一匹の敵を倒したトムさんは、死ぬと同じ
オール・ユー・ニード・イズ・キル (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞オール・ユー・ニード・イズ・キル/EDGE OF TOMORROW 2014年/アメリカ/113分 監督: ダグ・ライマン 出演: トム・クルーズ/エミリー・ブラント/ビル・パクストン/ブレンダン・グリーソン/ノア・テイラー 公式サイト 公開: 2014年07月04日...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(11) エミリー・ブラント演じるリタのキャラに魅了されっぱなし!(笑)
オール・ユー・ニード・イズ・キル (とりあえず、コメントです)
桜坂洋著の原作をトム・クルーズ主演で映画化したSFアクションです。 近未来を舞台に戦うトム・クルーズの作品なら面白そう!と予告編を観た時から楽しみにしていました。 ヨーロッパを焦土にするような謎の宇宙生物との戦いは、めまぐるしく変わりながら繰り広げられてい...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (だらだら無気力ブログ!)
結局、何回死んだのかな?
オール・ユー・ニード・イズ・キル (心のままに映画の風景)
近未来の地球。 謎の侵略者“ギタイ”の攻撃によって、人類は滅亡寸前にまで追い込まれていた。 軍の広報担当として危険を遠ざけてきたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、一兵卒として最前線へと送られてしまう。 戦闘スキルゼロのケイジは、強大な敵...
オール・ユー・ニード・イズ・キル / Edge of Tomorrow (勝手に映画評)
日本作家桜坂洋のSFライトノベル「All You Need Is Kill」をハリウッドで映画化。原作は読んでいないので、原作との際は示せません。一部には、『原作』ではなく『原案』との表記もあるので、結構ストーリーが違うのかもしれませんね。 SF作品としては、なかなか面白いの...
All You Need Is Kill (ぷかざの映画・本感想記)
All You Need Is Kill 3D吹替版観ました。?[自己満足度 ★★★☆☆ 3/5]?※ネタバレありの感想ですのでご注意ください。?
オール・ユー・ニード・イズ・キル★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度も戦闘するうちに技術を身に付けていくさまを描く。監督は、『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs. スミス』などのダグ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル 3D (そーれりぽーと)
日本人のライトノベルが原作、トムちん最新作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を3Dで観てきました。 ★★★★★ 凄く良くできたタイムループ映画。 トムちん演じる主人公は軍の少佐だけれど、広報一本でここまで来て戦闘に関しては全くの素人という設定。 この映画...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (はるみのひとり言)
もう先行上映ありましたけど・・・翌日の試写会で観ました。謎の生物ギタイの侵略が進み、世界は滅亡寸前に追い込まれてました。軍の広報担当だったケイジ少佐は、危険を逃れようとしたため上官の怒りを買い、戦闘の経験もないのに新兵として最前線の送り込まれてしまいま...
「オールイ・ユー・ニード・イズ・キル」:ザ・リピーター (大江戸時夫の東京温度)
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、明らかにビートルズの『All You
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」みた。 (たいむのひとりごと)
先行で鑑賞。日本の桜坂洋氏のSFライトノベル『All You Need Is Kill』(未読)を原作にした映画ということで、そう思うとソレっぽく感じてしまう既知感はあったかも。本当はカナリ悲惨な状況
映画:「ALL YOU NEED IS KILL」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成26年7月1日(火)。 映画:「ALL YOU NEED IS KILL」。 監  督:ダグ・リーマン 原  案:桜坂洋 美  術:オリヴァー・スコール 音  楽:クリストフ・ベック 編  集:ジェームズ・ハーバート キャスト: ウィリアム・ケ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル  EDGE OF TOMORROW 繰り返す (Said q winning)
ストーリー:近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなく なっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイムループの世界にとらわれ、戦闘と 死を繰り返す。そんな...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Edge of Tomorrow監督:ダグ・リーマン出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン、ノア・テイラー
オール・ユー・ニード・イズ・キル (風に吹かれて)
ミッションを必ずクリアする男トム・クルーズ 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow 原作: All You Need Is Kill (桜坂
オール・ユー・ニード・イズ・キル IMAX-3D/トム・クルーズ (カノンな日々)
原作が日本の桜坂洋さんによるライトノベルというキャッチコピーで大々的に宣伝されているトム・クルーズ主演のSFアクション・ムービー。たしかにハリウッドで採用されるようなSF監 ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ダグ・リーマン 【出演】トム・クルーズ/エミリー・ブラント/ビル・パクストン/キック・ガリー/ドラゴミール・ムルジッチ/シャーロット・ライリー 【公開日】2014年 7月4日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 近未来。地球は謎の侵略者からの攻撃を受け...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow)』ダグ・リーマン監督、トム・クルーズ、エミリー・ブラント、他 "目覚めたら... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラストに触れています。『オール・ユー・ニード・イズ・キル』Edge of Tomorrow原作 : 桜坂洋監督 : ダグ・リーマン(ダグ・ライマン)トム・クルーズ、エミリー・ブラントビル・パ
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (時間の無駄と言わないで)
日本のラノベがトム・クルーズ主演で映画化される時代が来るとはねぇ。 エンドクレジットでトム・クルーズよりも先に日本人の名前が出てくるのは感慨深い。 で、とても面白い映画 ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Akira's VOICE)
やっぱりラブストーリーでした。  
映画:オール・ユー・ニード・イズ・キル 鑑賞直後に「もう1回続けて観てもいいかも」って凄い久々! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
NYステイ時、この映画が公開直前で、けっこう広告にヒットした。 原題は、Edge of Tomorrow。 どうも?同時間軸を何度タイムループしてる主人公たちの話らしいな、と。 同時間軸ループなSFというと、当ブログ的にぱっと思い出すのは2作品。 ひとつは、ビル・マー....
オール・ユー・ニード・イズ・キル  監督/ダグ・ライマン (西京極 紫の館)
【出演】  トム・クルーズ  エミリー・ブラント  ビル・パクストン 【ストーリー】 近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイム...
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』観てきた~ (よくばりアンテナ)
近未来SFアクション。 トム・クルーズ主演。 日本のライトノベルが原作。 まさしくゲーム感覚。 何度でもやり直しちゃうRPGで経験値をたっぷり積んでラスボスにのぞむっていう(・∀・) ニヤニヤ 楽しめました。 異星人が侵略してきて、二等兵として...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を109シネマズ木場1で観て、トムちんのSFは難し目ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★ぶひょひょひょひょんって宇宙人は大好き】   時間を操れる敵に勝てるのか。 時間を操れるなら、ドラえもんじゃないけど、もっと上手く操れるだろ、 って ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ダグ・ライマン 出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 【解説】 作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度....
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 日本発である訳 (はらやんの映画徒然草)
日本の同タイトルの小説を原作として、トム・クルーズ主演、ダグ・ライマン監督で映画
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (或る日の出来事)
しょっぱなからネタばれするが…
オール・ユー・ニード・イズ・キル (to Heart)
原題 Edge of Tomorrow 製作年 2014年 上映時間 113分 原作 桜坂洋『All You Need Is Kill』(集英社スーパーダッシュ文庫刊) 脚本 クリストファー・マッカリー/ジェズ・バターワース/ジョン=ヘンリー・バターワース 監督 ダグ・ライマン 出演 トム・クルーズ/エミリー...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (ダイターンクラッシュ!!)
2014年7月13日(日) 19:20~ 109シネマズ川崎7 料金:2300円(IMAX3D) パンフレット:未確認 これまた使い古されたループもの 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』公式サイト 最近では「ミッション:8ミニッツ」、毛色は違うが「バタフライ・エフェクト」...
オール・ユー・ニード・イズ・キル 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
日本のライトノベルが原作で主演をトム・クルーズ が務めるSFアクション映画『オール・ユー・ニード ・イズ・キル』が公開されましたので観に行って きました。 こちらは3D作品で3D字幕版を観ましたが、面白かった ので次の週に2D字幕版をリピート、計2回鑑賞と なりまし...
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」☆マシンガンの嵐 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
熱烈なトムちんファンのお向かいさんの予定に合わせて、ずーっと待っていたトムちん映画をようやっと観られたyo♪ 評判がそれほど高くないようだったので、ちょっと期待度を下げて行ったら、結構楽しめちゃった。
オール・ユー・ニード・イズ・キル (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」監督:ダグ・ライマン出演:トム・クルーズ(『オブリビオン』『アウトロー』)エミリー・ブラント(『LOOPER/ルーパー』『アジャストメント ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル EDGE OF TOMORROW (まてぃの徒然映画+雑記)
トム・クルーズ&エミリー・ブラント主演の近未来アクション。 異星からの侵略者ギタイがヨーロッパを占拠する中、各国連合軍は起死回生の上陸作戦を計画する。最前線での取材を拒否したケイジ少佐(トム・クルーズ)は、脱走兵として二等兵に降格され上陸作戦の先陣を....
オール・ユー・ニード・イズ・キル (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
オール・ユー・ニード・イズ・キル '14:米 ◆原題:EDGE OF TOMORROW ◆監督:ダグ・リーマン「フェア・ゲーム」「ボーン・アルティメイタム」 ◆主演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、キック・ガリー、ドラゴミール・ムルジッチ、シャーロッ...
運命は自ら支配せよ~『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (真紅のthinkingdays)
 EDGE OF TOMORROW  近未来。エイリアンの侵略により、地球人類は滅亡の危機に瀕していた。米 軍広報官ウィリアム・ケイジ(トム・クルーズ)は、実戦経験の無いまま、ロンド ンで最前線に送られてしまう。戦闘開始後、あっけなく戦死するケイジだった...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (いやいやえん)
【概略】 謎の侵略者により滅亡寸前となった世界。同じ日を繰り返すループ能力を持つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタに鍛えられる。 SFアクション 謎の侵略者「ギタイ」からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。 軍のPR活動に従事...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (銀幕大帝α)
EDGE OF TOMORROW 2014年 アメリカ 113分 SF/アクション 劇場公開(2014/07/04) 監督: ダグ・ライマン 『ジャンパー』 製作総指揮: ダグ・ライマン 原作: 桜坂洋『All You Need Is Kill』 出演: トム・クルーズ:ウィリアム・ケイジ エミリー・ブラント...
死ねば死ぬほど強くなるのね。(^_^;)~「オール・ユー・ニード・イズ・キル」~ (ペパーミントの魔術師)
オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray] by G-Tools ニード・フォー・スピード以外は全部最近見たな。(爆)それはさておき。 劇場公開の時はさして興味なかったんだけどね、GyaO配信が始まっ....
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」レビュー(トム・クルーズ、未来を変える為に死ぬ) (翼のインサイト競馬予想)
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画「オール・ユー ...
【映画】オール・ユー・ニード・イズ・キル…久しぶりに時間旅行についてダラダラ考察 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本来、年賀状書いたり、大掃除しないといけない時期 最近は(普段なら)ほとんど書かないブログ記事を書くという現実逃避行動に出ているピロEKです そんな訳で映画観賞記録 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (監督:ダグ・リーマン、出演:トム・クルーズ、...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Edge of Tomorrow) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ダグ・ライマン 主演 トム・クルーズ 2014年 アメリカ/オーストラリア映画 113分 SF 採点★★★ 難易度が高めな上にミスってもリセット出来ず、コンティニューがないくせに残機が一機。ゲームだったらこれ以上ない鬼畜さですよねぇ、人生って。クリア出来...