★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

怒り

2016年09月17日 | ★★★★

2016/09/17公開 日本 PG12 141分
監督:李相日
出演:渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、佐久本宝 、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子、池脇千鶴、宮崎あおい、妻夫木聡

あなたは殺人犯ですか?

STORY:八王子で残忍な夫婦殺人事件が起こるが、犯人の行方は杳として知れず、整形して日本のどこかで一般の市民に紛れて逃亡生活を送っていると見られていた。事件から1年後、千葉・東京・沖縄に素性の知れない3人の青年が現われる。歌舞伎町の風俗店で働いているところを発見され、千葉の漁港で働く父・洋平に連れ戻された愛子。漁港にふらりと現われ働き始めた青年・田代と恋に落ちるが... (allcinemaより)


「横道世之介」「さよなら渓谷」などの原作者・吉田修一のミステリー小説を映画化。監督は『悪人』『許されざる者 (2013)』などの李相日。

前に観た『悪人』では“本当の悪人とは?”と考えさせられる作品でしたが、今回は“信じる”ことを考えさせられる作品でした。とにかく重い、重い作品でした...が、とても見応えありました。

冒頭から予告編で何度も観た残忍な夫婦殺人事件の現場。家の廊下や壁が血だらけのショッキングなオープニング。壁に謎の“怒”という血文字が不気味。捜査は進まず一年後...。

物語は事件の捜査をする警察のほかに、東京、千葉、沖縄に現れた3人の男のそれぞれのドラマが並行して展開。普通ならそれぞれが最後でつながって~となるのが交わらないという、、、

この3人のうちの誰がか事件の犯人であることはわかるけれど、テレビから犯人の顔写真が公開されるんですが3人それぞの顔がミックスされた感じでした。それぞれ3人も胡散臭く描かれているので誰が犯人でも...って感じでなかなかうまい写真でしたねぇ。

タイトルの“怒り”は思ってたのとは違ったけれど、それぞれの“怒り”が描かれてましたね。ただの犯人探しの作品ではない所が良かったし、冒頭から先が見えない展開に引きこまれて面白かったです。役者さんたちの熱演も素晴らしかったですねー。

いやー妻夫木くんと綾野剛くんのからみにはドキドキしちゃいました。文字通りの身体張った演技でしたね。実際に撮影中は一緒に暮らしてたというから驚き。役作りとはいえ、目覚めちゃったりしないんだろうかと余計な心配しちゃいましたわ、、、  汗

★★★★.2
鑑賞日:2016/09/17

 

「怒り」オリジナル・サウンドトラック
SMJ
SMJ

 

怒り(上) (中公文庫)
吉田 修一
中央公論新社

 

怒り(下) (中公文庫)
吉田 修一
中央公論新社
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 追撃者 | トップ | 「11周年」 »

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (BROOK)
2016-09-18 14:55:51
観終わって、かなり疲れました…。

キャスト陣の演技は素晴らしいものがありました♪
妻夫木さんと綾野さんのシーンは、かなりビックリというか…^^;

全体的にかなり重厚な作品でした。
こんにちわ (にゃむばなな)
2016-09-18 15:09:26
やっぱりこのコンビの作品は重厚で見応えがありますよね。

「怒り」とはどういう感情なのか。

それを様々な登場人物を通して描く、まさに傑作です。
Unknown (mig)
2016-09-19 00:07:41
こんばんは〜
悪人よりも、ずっとよかったあ。

信頼しあうにはやっぱり会話、隠さないで話すのは重要だと思うの。
Unknown (mig)
2016-09-19 00:09:54
あれ?11周年記事、コメント入らなかったー
おめでとう!お付き合い長くなったけどこれからもよろしくね!!
翔の映画も今後ともよろしく、、、、
お久しぶりです (shake)
2016-09-19 20:58:58
>普通ならそれぞれが最後でつながって~となるのが交わらないという、、、

そうそう!そこがなんとももどかしかったというか、なんというか・・・。さらに重さを醸し出してましたね。

11周年、おめでとうございます。
相変わらずコンスタントにレビューを書き続けてらっしゃるyukarinさん、ほんとに凄い!
これからもずっと楽しみにしています~
11周年おめでとうございます (ここなつ)
2016-09-20 12:45:59
こんにちは。
この後の記事で11周年だと拝見致しました。おめでとうございます。きっと、その年どしで感じること、観方など、様々、それぞれ、だったのではないでしょうか?

作品(「怒り」)の方ですが、私はこれは究極のラブストーリーのオムニバスなのではないかと思いました。
特に優馬と直人の絡みは…めっちゃ純愛に見えましたです。
BROOKさんへ (yukarin)
2016-09-21 22:33:47
こんばんは。
必死に観てたので疲れました。
本当にみなさんの演技は素晴らしかったですよね。
いやー、あのお二人は...ほんと...役がらとはいえ頑張りましたね。中途半端じゃないところが良かったです。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2016-09-21 22:35:14
こんばんは。
それぞれの怒りが表現されていて見応えありました。
俳優陣の演技も素晴らしかったですね。
migさんへ (yukarin)
2016-09-21 22:37:31
こんばんは。
私もこちらのほうが良かったかな。
うん、会話が大事よね。

あ、11周年になりました。
もうお知らせだけでもいいかなと思ってコメント欄は閉じちゃたの。ありがとー今後ともどうぞよろしくね。
翔さんの映画ももちろん応援しますからね!
shakeさんへ (yukarin)
2016-09-21 22:42:18
わー!お久しぶりです。
何とも言えない気持というか重さがありましたよね。

なんとか11周年を迎えることができました。
ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたしますー
ここなつさんへ (yukarin)
2016-09-21 22:48:22
こんばんは。
確かに極のラブストーリーなのかもしれませんね。
優馬と直人のシーンはへんないやらしさもなく見られました。

なんとか11年も続けることができました。
今後ともよろしくお願いいたします。
Unknown (FREE TIME)
2016-09-27 00:07:35
こんばんは。
怒りは人によって表現の仕方がさまざまである事を認識した映画でしたね。
最後まで交わる事のなかった3箇所を、1つの殺人事件で結びつける構成は見事だったと思います。

11周年おめでとうございます。
当ブログも5月に11年目を迎えましたが、これからも続けられるよう頑張っていきましょうq(^^)p
こんばんは~~ (マリー)
2016-10-03 22:30:00
PCからの書き込みだいっ!←なにをいばってる?(笑)

この作品も早く書きたい!だんだん私のなかでの勢いが~~~・・・
どのエピも響いたけど
私は若い2人が不憫で~~~。
すずちゃん、すっごく頑張っていたしね。心が痛かった・・・
BFの佐久本宝くんもすごくよかった。なんともいえない表情が刺さったなぁ。
とりあえず落ち着いたら
まずこの作品アップしたいな。。。
FREE TIMEさんへ (yukarin)
2016-10-05 23:12:32
こんばんは。
さまざまな怒りが描かれてましたね。
3つのエピソードも印象に残りました。


FREE TIMEさんも11周年だったんですね。
おめでとうございます。そしてありがとうございます。
お互い頑張りましょう。今後ともよろしくお願いいたします。
マリーさんへ (yukarin)
2016-10-05 23:15:49
こんばんは。
新PCからさっそくどうもです。
なれるまで大変だけどがんばって!

どのエピソードも印象に残りました。
すずちゃんは今までとは違った役どころで大変だったでしょうね。
俳優陣の演技はどれも印象に残りましたよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『怒り』 2016年9月6日 よみうりホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『怒り』 を試写会で鑑賞しました。 このキャストであれば納得の出来栄えです。 【ストーリー】  八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され......
「怒り」@東宝試写室 (新・辛口映画館)
 Yahoo!映画ユーザーレビュアー試写会。客席は満席。           映画の話  八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が......
怒り (あーうぃ だにぇっと)
怒り@一ツ橋ホール
怒り (試写会) (風に吹かれて)
犯人は 今いずこあなたは殺人犯? 公式サイト http://www.ikari-movie.com9月17日公開 原作: 怒り (吉田修一著/中央公論新社)監督: 李相日  「フラガール」 「悪人」 
怒り (Akira's VOICE)
しんどい。 人間ってしんどいよ。(´;ω;`)ブワッ だが希望はある!
劇場鑑賞「怒り」 (日々“是”精進! ver.F)
“信じる”ということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201609180000/ 「怒り」オリジナル・サウンドトラック [ 坂本龍一 ]
『怒り』 (こねたみっくす)
彷徨い続けるこの怒りをどこへ向ければいいのだろうか。 2007年に起きたリンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件を基軸に、感情の中でもっともエネルギーを要する「怒り」に焦点を当......
「怒り」涙さえ出てこなかった…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[怒り] ブログ村キーワード  日本映画界を代表すると言って過言ではない、豪華俳優陣が集結!「怒り」(東宝)。重厚な、本当の意味で“重い”映画です。  東京・八王子で夫婦......
収まらない感情。『怒り』 (水曜日のシネマ日記)
現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄に現れた身元不明の男性を取り巻く人間模様を描いた作品です。
「怒り」:高密度重量級力作 (大江戸時夫の東京温度)
映画『怒り』は、本年度ベストテン上位を争うであろうヘヴィーな力作。2時間22分が
怒り (我想一個人映画美的女人blog)
「悪人」(10)の原作・吉田修一✖︎李相日(り・さんいる)監督再びタッグ。 「悪人」はそんなに好きじゃなかったけど、気になってたので初日に鑑賞。 随分とまた豪華キャス......
「怒り」情報を知って疑念を抱いた先にみた情報を信じ込む先に潜む真実から遠ざける疑...... (オールマイティにコメンテート)
「怒り」は八王子で起きた凄惨な殺人事件から3つのストーリーが展開し、その事件によって翻弄される3つストーリーの登場人物たちが翻弄されていく事になるストーリーである。1......
怒り ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「悪人」の李相日監督が再び吉田修一の小説を原作に、実力派俳優陣の豪華共演で贈るヒューマン・ミステリー・サスペンス。残忍な殺人事件が発生し、犯人が逃亡して1年後、千葉・......
怒り (シェイクで乾杯!)
群像劇だけど、複雑に絡み合ったそれらが最後まで交錯することがないという、 なんともやるせなく、重たい作品。
怒り (映画好きパパの鑑賞日記)
 愛とは人を信じることとは何かを問う内容といい豪華出演者の素晴らしい演技といい、さまざまな意味で、今年一番、重い映画でした。李相日監督は現在の日本で最も重たい映画を楽......
「怒り」 (ここなつ映画レビュー)
愛する者が、信じた者が、もし残忍な殺人犯だったら…。渾身のラブストーリーだった!不覚にも落涙。愛を、信頼を、疑い出した時の苦悩。裏切られたと思った時の絶望感。自分自身......
怒り〜沖縄問題とLGBTごった煮されても (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。吉田修一原作、李相日監督、坂本龍一音楽。渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、宮崎あおい、妻夫木聡、綾野剛、広瀬すず、佐久本宝、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、......
映画「怒り」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『怒り』(公式)を先日、TOHOシネマズ試写会にて鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら65点にします。なお、原作:吉田修一氏小説『怒り』は未読。 ......
『怒り』('16初鑑賞88・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 9月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:35の回を鑑賞。
映画「怒り」 (FREE TIME)
映画「怒り」を鑑賞しました。
怒り (映画的・絵画的・音楽的)
 『怒り』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)同じ原作者の小説を同じ監督が手掛けた『悪人』(2010年)がなかなか良かったので、本作もと思い映画館に行ってきました。  本作(注......
怒り  監督/李相日 (西京極 紫の館)
【出演】  渡辺 謙  宮﨑 あおい  松山 ケンイチ  妻夫木 聡  綾野 剛  森山 未來  広瀬 すず 【ストーリー】 八王子で起きた凄惨な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され......
『怒り』  (pure breath★マリーの映画館)
    試写会で鑑賞したのに、今頃のアップです・・・ 『怒り』 解説等は「10月に観たい映画」のところに・・・ 監督・脚本・・・李相日 原作・・・吉田修一 出演・・......
疑い、そして・・・ (笑う社会人の生活)
4日のことですが、映画「怒り」を鑑賞しました。 東京・八王子で起こった残忍な殺人事件 犯人は現場に「怒」という血文字を残し 顔を整形し逃亡した。それから1年後 千葉 洋平と......