★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-

2011年12月23日 | ★★★★(4/5)

2011/12/23公開 日本 140分
監督:成島出
出演:役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、益岡徹、袴田吉彦、伊武雅刀、宮本信子、香川照之

誰よりも、
戦争に反対した男がいた。

昭和14年夏。日独伊三国軍事同盟をめぐり、締結を強く主張する陸軍だけではなく、国民の大半も同盟に希望を見いだしていた。そんな中、海軍次官の山本五十六、海軍大臣の米内光政、軍務局長の井上成美は、陸軍の圧力や世論にも信念を曲げることなく同盟に反対の立場をとり続ける。しかし、第2次世界大戦が勃発し... (シネマトゥディより)

誰よりもアメリカとの戦争に反対し続けた連合艦隊司令長官・山本五十六を、作家・半藤一利の監修の下に描かれた戦争ドラマ。
監督は『孤高のメス』『八日目の蝉』の成島出。

恥ずかしながら名前を知ってる程度、、、。太平洋戦争前後の歴史はよくわかってないので戦争映画は苦手だけど、ここはひとつ勉強しとかないとなーということで観てきました。

アメリカとの戦争を強く反対しながらも、真珠湾攻撃を指揮することになってしまったのが何とも皮肉なもの...。
司令長官というからお堅い人なのかと思うとそうじゃなくてとても情の深い方でした。常に冷静に物事を判断し、周りの人への気遣いも細かいし、そしてお茶目な部分もある方なんですね。こんな時に将棋かよっとつっこみたくなるところもあったり...それは周りに冷静にさせるためなんだろうな。

そんな山本五十六を演じた役所さんはとてもハマっていて温かみのある演技が良かったです。お話の進行の役目もある玉木くんの語りも良かったな〜いい声だからうっとりさ。

戦争映画とはいえ、ひとりの人間を中心に描いたお話なので戦闘シーンはあまり出てこない。全体的にやや淡々と落ち着いた展開で戦争映画につきもののお涙頂戴的な所がないのは良かった。でも、戦闘中の一機が故障で帰還できずにこのまま落ちるくらいならと敵の船に突っ込んでいくシーンはさすがに泣けました。

勝ち目のない戦争なのに体裁ばかり気にしてまともな判断ができないおばかな上層部。これは戦争は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ...じゃないですかー。引くに引けない事情は、メディアが勝ちの戦争を煽りまくって一般大衆を舞い上がらせたのもいけないんだろうけど。

焼け野原になって廃墟化した風景を見てると過去ではなくて今を見てるよう。70年目という節目の年に原発事故、今の政府やそれぞれの組織を見てると全くこの国の体質は変わってないんだなと思わされました。戦争も原発事故も人災...何度廃墟になることか。

人気ブログランキングへ
よろしければポチッとお願いします♪

 

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-【愛蔵版】 (初回限定生産) [Blu-ray]
役所広司,玉木宏,香川照之
バンダイビジュアル

 

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- [DVD]
役所広司,玉木宏,香川照之
バンダイビジュアル

 

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- [Blu-ray]
役所広司,玉木宏,香川照之
バンダイビジュアル
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハンナ | トップ | ワイルド7 »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (にゃむばなな)
2011-12-23 22:04:29
今の時代と被ることが本当に多いですよね。
でも日露戦争が終わった40年も経たずに太平洋戦争が始まっている史実を思い返せば、開戦から70年。日本があの戦争を忘れてしまうにはあまりにも十分すぎる時間ですよね。
Unknown (KLY)
2011-12-24 00:29:24
ぶれない五十六、しかし彼とてもポピュリズム政治に最終的に破れて日米開戦へと突き進むことになる…。時代の大きなうねりの前では人は無力なのかもとも思います。
自分の目と耳と心で見ろ!という五十六の言葉は、あの当時の若い世代だけでなく、その子孫たる我々にもむけられてましたよね。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2011-12-25 15:11:36
こうも今と被るとは驚きです。
開戦から70年経ちましたけど、今この作品を観て今を見つめ直す時期でもあるのかなと思いました。
KLYさんへ (yukarin)
2011-12-25 15:14:14
五十六さんの言葉は今でもずしりとくるものがありますね。
今の私たちにも向けられた言葉ですね。
こんにちは (たいむ)
2011-12-26 00:22:32
気合いで戦争に勝てれば世話ないってね。

一般市民には情報が正確に伝わっていない事が良く分かるし、鵜呑みにするのもどうかと感じます。
現実にも色々当てはまるかもしれないと思うと・・・怖いっすね。
いつもありがとうございます。 (やっちゅ)
2011-12-26 09:59:39
いつもTB返しありがとうございます。

役所広司の演技見事でした。

五十六の主張や考え、人柄は素晴らしく、現代でも彼のようなリーダーが存在して欲しいと思います。

私達国民も理想のリーダーばかり求めているだけではなく、彼が言うように常に物事の本質をみていくことや、目や耳や心を世界に開いていかなければいけないと感じます。

この映画、原作の半藤氏が自身でも山本贔屓だと語っていることや、五十六の出身地の長岡市や新潟のメディアや高校OBなどが制作に関わっていることなどから、よい面ばかりだけが並べられているせいか、映画としてのメリハリに乏しかったようにも思いました。

Wikipediaなどで五十六のことを見ると、好意的な評価も多いですが、批判的な評価も多く見られます。批判的な評価に関するエピソードを盛り込んでいくと、もっとメリハリが付いたのかと思います。

話は変わりますが、もしよろしければ僕のサイトとの相互リンクをお願いします。
サイト名:映画とライトノベルの日常自販機
リンク先URL:http://sugiyama.tv

たいむさんへ (yukarin)
2011-12-26 13:00:05
一般市民に正確な情報が伝わってこないのは今も同じですね^^;
今年は振り回されましたからね。
やっちゅさんへ (yukarin)
2011-12-27 17:54:38
役所さん素晴らしい演技でしたね。
今の時代にも五十六氏のようなリーダーは必要ですね。
この作品を観ていろいろと考えさせられる部分がたくさんありました。

人間だから良い面悪い面もあるとは思いますが山本五十六という人物を知るという面では良い作品だと思ってます。

相互リンクの件ですがこちらこそよろしくお願いいたします。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
こんばんは☆ (ノルウェーまだ〜む)
2012-01-19 00:00:23
yukarinさん、こんばんは☆
寒い日が続いていますが大丈夫ですか?

私も勉強不足で、初めて知った事実もあったり・・・
いやあ、勉強になります!
ノルウェーまだ〜むさんへ (yukarin)
2012-01-20 14:55:57
こんにちは♪
やっと風邪も治りまして頭もさえてきました(笑)
お互い寒さには気を付けましょー。

私も初めて知ったこともあって、ほんと映画は勉強になりますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」 (日々“是”精進! ver.A)
山本五十六の人間像に、迫る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112230004/ 聯合艦隊司令長官山本五十六―太平洋戦争70年目の真実 (プレジデントムック) プレジデント社 2011-11-28 売り上げラン...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (あーうぃ だにぇっと)
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-@東映試写室
『聯合艦隊司令長官 山本五十六-太平洋戦争70年目の真実-』 (こねたみっくす)
アメリカ軍が最も恐れた日本帝国軍人。日本人が最も命を賭ける価値があると思える上司。それが聯合艦隊司令長官、山本五十六。 太平洋戦争開戦から70年。たった70年であの戦争が完 ...
「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」断固アメリカとの戦争に反対し信念を貫いた五十六が今に語る相手を知り... (オールマイティにコメンテート)
「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」 は1941年に日本帝国軍がハワイ真珠湾を攻撃を指揮した連合艦隊司令長官山本五十六が開戦直前まで戦争に断固反対 ...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (LOVE Cinemas 調布)
米英との開戦に最後まで反対するも、真珠湾攻撃を指揮することになった連合艦隊司令長官・山本五十六の実像に迫るヒューマンドラマだ。主人公・五十六を演じるのは『最後の忠臣蔵』の役所広司。共演に柄本明、柳葉敏郎、玉木宏、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平ら早々たる顔ぶ...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 (Akira's VOICE)
地味だが真摯な反戦の訴えが好印象。  
聨合艦隊司令長官山本五十六-太平洋戦争70年目の真実 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
半藤一利監修、成島出監督、役所広司主演で製作された山本五十六を描いた映画だ。三国同盟締結前の海軍と陸軍の意見衝突や、真珠湾攻撃の詳細、ミッドウェー海戦の失敗、ガダルカナル奪還作戦などを経てブーゲンビル島上空で戦死するまでの長いお話だ。自国の汚点に真正面...
『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』・・・真のリーダー (SOARのパストラーレ♪)
1941年12月8日、帝国海軍の下す苦渋の決断によりこの国は戦争へと突入した。太平洋上機動部隊空母6隻の攻撃隊一波二波合わせて約350機がオアフ島真珠湾を目指す。 対米戦回避をギリギリまで唱えながらもこの奇襲攻撃を立案することになる山本五十六が、連合艦隊司令長官...
聯合艦隊司令長官 山本五十六―太平洋戦争70年目の真実― (佐藤秀の徒然幻視録)
「総合艦隊」と元祖マスゴミ失敗の本質 公式サイト。半藤一利原作、成島出監督、役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、益岡徹、袴田吉彦、五十嵐隼 ...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(14) 男として器のデカさに真の武士道精神を感じた。
「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」 今現在、作られ、観られる意味 (はらやんの映画徒然草)
太平洋戦争が始まったのは1941年、ちょうど現在から70年前のことです。 本作は
「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」みた。 (たいむのひとりごと)
地元の新聞社の70周年記念作品ということでもあり、劇場は試写会に匹敵するような混雑っプリ。(先着入場特典どら焼き配布も効いていたか?) さすがに年齢層は高いものの、戦争映画が賑わっていると何故かほっと
聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争70年目の真実− (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★☆☆“迷暗する時代が求めたリーダー像とは” 山本五十六について、第二次世界大戦や太平洋戦争についての史実について、それほどよく知っているわけではないので、映画を観て感じたことを述べていきます。 【妄想に突っ走り止まれなくなった日本】 日中戦争や満州...
山本五十六試写会 (★the tip of the iceberg★氷山の一角)
HP豊川ワーナーにて。まさに、役所さんのはまり役。ギバちゃん、阿部ちん、椎名さんもおいしい役柄。玉木宏さんも若き新聞記者として堂々の風格。ただし、香川照之さんだけが、なぜか『カイジ2』を引きずっている気がするのがちょっと残念な感じ。お話は2時間半位です...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実― (勝手に映画評)
1941年の太平洋戦争勃発から70年の今年(2011年)、太平洋戦争の口火を切る攻撃の指揮を取った山本五十六を描いた映画。 戦争を描いたのではなく、山本五十六自身を描いています。なので、戦争映画ではありますが、所謂、戦争映画とは異なり、ヒューマンドラマ的色彩が濃...
『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』 ('11初鑑賞176・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 12月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 11:35の回を鑑賞。
[映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』を観た)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」を観た。  これまた、作品としては、非常に抑制の効いた良作であった。  手触りとして、スティーブン・ソダーバーグ監督の諸作品みたいな、ドラマチック性を排除した作りだ。  日本の戦争映画は、妙...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (だらだら無気力ブログ!)
で、何が70年目の真実なの?
【聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争70年目の真実−】目と耳と心を大きく開いて未来を見る (映画@見取り八段)
聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争70年目の真実− 監督: 成島出    出演: 役所広司、玉木宏、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、香川照之、伊武雅刀、柄本明、益岡徹、原田美枝子...
『聯合艦隊司令長官 山本五十六』 映画を観る2つのポイント (映画のブログ)
 「その根拠を示していただきたい。」  『聯合艦隊司令長官 山本五十六』の中で、山本五十六は何度も人々に問いかける。  映画は140分のあいだ山本五十六を追い続け、その功罪を含めて彼がしたこと、云...
「聯合艦隊司令長官 山本五十六」(2011 東映) (事務職員へのこの1冊)
静かな映画だった。皮肉でもなんでもなく、礼儀正しい作品だと感服。 監修・原作が半
『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」□監督 成島 出 □脚本 長谷川康夫、飯田健三郎□キャスト 役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、       袴田吉彦、五十嵐隼士、坂東三津...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実― ちと軽めかな・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=1 -0-】 2012年一本目の映画、「最後まで日米開戦に反対し続けた連合艦隊司令長官、山本五十六の実像に迫るヒューマンドラマ」だというふれ込みだけど、でも自分の山本五十六像とはどうも違う、その違いを確認しておきたかった。  昭和14年の夏。2年前に始まった支...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (to Heart)
誰よりも、 戦争に反対した男がいた。 上映時間 140分 脚本 長谷川康夫 /飯田健三郎 監督 成島出 音楽 岩代太郎 出演 役所広司/中原丈雄/柄本明/椎名桔平/吉田栄作/阿部寛/田中麗奈/玉木宏/五十嵐隼士/柳葉敏郎/原田美枝子/伊武雅刀/香川照之/宮本信子/坂東三津五郎 ....
『聯合艦隊司令長官 山本五十六/太平洋戦争70年目の真実』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
この作品において山本五十六は、開戦の火蓋を切ってしまったものの、元々は誰よりも強く戦争に反対し、そして如何にしてそれを終結させるかに腐心した人物として描かれています。これまでは漠然と「第二次大戦中の英雄」といった程度のイメージしか持っていませんでしたが...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実― 題名長ーい! (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 次は、私の地元広島県でも撮影があったことをローカルニュースで放送していた作品です。 【題名】 聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実― 【鑑賞手段】 映
「連合艦隊司令長官 山本五十六 ー太平洋戦争70年目の真実ー」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                    「連合艦隊司令長官 山本五十六 ー太平洋戦争70年目の真実ー」」 DVD。 この作品は昨年の12月に封切られた時、劇場に観に行って、役所広司演ずる山本五十六の生き様に感銘を受けて帰ったのであるが、当時このブログは開店休業...
映画 聯合艦隊司令長官 山本五十六 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画      アメリカとの開戦を反対していた山本五十六は   一部のマスコミや軍内部の強硬派などによる   国民煽動により、自らが望まぬ戦争に   対峙することになった。 &...