★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

杉原千畝 スギハラチウネ

2015年12月09日 | ★★★★+

2015/12/05公開 日本 139分
監督:チェリン・グラック
出演:唐沢寿明、小雪、ボリス・シッツ、アグニェシュカ・グロホフスカ、ミハウ・ジュラフスキ、ツェザリ・ウカシェヴィチ、塚本高史、濱田岳、小日向文世


ひとりの日本人が、世界を変えた――。


Story:1935年、満洲国外交部勤務の杉原千畝(唐沢寿明)は高い語学力と情報網を武器に、ソ連との北満鉄道譲渡交渉を成立させた。ところがその後彼を警戒するソ連から入国を拒否され、念願の在モスクワ日本大使館への赴任を断念することになった杉原は、リトアニア・カウナスの日本領事館への勤務を命じられる。同地で情報を収集し激動のヨーロッパ情勢を日本に発信し続けていた中、第2次世界大戦が勃発し... (シネマトゥディより)


第二次世界大戦下のリトアニア。ナチスの迫害を逃れてきたユダヤ難民に対して独断でビザを発給し続け、最終的に6000人もの命を救ったことで“日本のシンドラー”とも言われた杉原千畝の真実の物語を映画化した伝記ドラマ。監督は『サイドウェイズ』のチェリン・グラック。

監督さんは外人さん?と思ったらアメリカ人だけど和歌山県で生まれ育ったことで日米合作映画に関わることの多い方だそうで...『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』では脚本とUS班監督を務めてるんですね。

この日は2本とも素晴らしい日本人のお話。外国では認知度が高く日本では低いのは残念ですね。私も“日本のシンドラー”と言われた人がいる....くらいしか知らなかったです。日本政府による公式な名誉回復が2000年....つい最近のことだったとはびっくり。

日本映画だけど舞台が海外なのと字幕が多い。当時のリトアニアの様子だったりヨーロッパ状勢がわかりとても勉強になりました。杉原千畝を演じた唐沢さんにはぴったりの役柄でした。夫を静かに支える妻を演じた小雪さんも良かったです。ほんわかした小日向さんもいいけど、きびきびした小日向さんのほうがわりと好き。

舞台が海外なのですがセットじゃなくてちゃんとポーランドでオールロケをしただけあってなんちゃって外国じゃなかったのが良かったです。キャストもポーランド人が多く、日本映画というよりポーランド映画のようでした。どこまでが真実でどこが脚色されてるのかわからないけれど、杉原千畝という人について知ることができて良かったです。切手のエピソードは本当にあったんですね。

難民は昔も今も変わらず沢山の人達が帰る場所がない。今の日本ではセンポさんのような行動はかなり難しいですね。自分の立場も危うくなるというのに多くのユダヤ難民のためにヴィザを発行しつづける姿はすごいとしかいいようがありません。なのに、外務省は彼の存在をなかったことにしてるのは怒りがこみ上げてきます。しかし、時間はかかったけれど名誉が回復されて本当に良かったと思います。

★★★★.8
観賞日:2015/12/06

 

杉原千畝 スギハラチウネ Blu-ray通常版
唐沢寿明,小雪
ポニーキャニオン

 

杉原千畝 スギハラチウネ DVD通常版
唐沢寿明,小雪
ポニーキャニオン

 

杉原千畝 (小学館文庫)
大石 直紀
小学館

 

杉原千畝: 情報に賭けた外交官 (新潮文庫)
白石 仁章
新潮社
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スター・ウォーズ エピソー... | トップ | スター・ウォーズ エピソー... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ。 (BROOK)
2015-12-10 16:30:42
たしかに邦画なのに、字幕が多い珍しい作品でしたね。
ポーランドで2ヶ月ロケしただけあって、見応えある映像に仕上がっていたと思います♪

杉原千畝という人物を良く知ることの出来る映画になっていました。
外交官であり、諜報員でもあり…かなり優秀だったんですね。
Unknown (えふ)
2015-12-16 20:33:32
駅やホテルで出発ぎりぎりまでビザを発行してたのには驚きでした。
こんな人がつい最近まで認知されなかったなんて、
ちょと哀しいですね。
こんばんわ (にゃむばなな)
2015-12-16 23:54:18
国家の命令に従わなかった外務官をどう扱うか。
これが2000年まで放置されていたのは淋しいお話ですよね。
『シンドラーのリスト』が公開された時にも話題になったのですから、せめてその時にでも名誉回復がされていたらねぇ~。
BROOKさんへ (yukarin)
2015-12-19 18:20:19
こんにちは。
舞台が日本ではないので字幕が多いのは仕方ありませんよね。ポーランドロケもありよりリアルさがあって良かったと思います。
またひとつ歴史を知ることができて良かったです。
昔の外交官、とくに杉原千畝氏はかなり優秀だったことがわかりますね。
えふさんへ (yukarin)
2015-12-19 22:21:16
あんなにギリギリまで発行してるとはびっくり。
こんなに素晴らしい人なのに知らない人が多いのは残念だよね。映画化してくれて知ることができて良かったわ。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2015-12-19 22:24:49
こんばんは。
2000年なんてつい最近ですよね。
それまで何もしなかったのは残念です。
でもようやく行いが報われて良かったです。
Unknown (FREE TIME)
2015-12-20 08:12:48
外務省では存在すらなかった事にされていた杉原千畝の功績が後になって評価されたのは良かったけど、出来る事なら存命中に名誉が回復されてほしかったですよ。
FREE TIMEさんへ (yukarin)
2015-12-22 22:27:00
そうですよね。もっと早く名誉回復されてたら良かったのにと思います。こうして映画化されたことで知ることが出来てよかったです。
初めまして (卯月)
2015-12-23 20:38:13
この映画、とても好きです。
わたしは勉強不足で知らなかったのですが、
まさに英雄だと感じました。
こういう邦画が増えるといいな。
卯月さんへ (yukarin)
2015-12-27 22:22:31
はじめまして、コメントありがとうございます。
私もほとんど知りませんので、こうして映画を通して知ることができたのはうれしいです。
日本では知られてない日本の英雄をどんどん映画化してほしいですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「杉原千畝 スギハラチウネ」 (日々“是”精進! ver.F)
たとえ、全てを失ったとしても… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201512050000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】映画「杉原千畝 スギハラチウネ」オリジナルサウンドトラ...価格:2,916円(税込、送料込) ...
杉原千畝 スギハラチウネ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) もし、本作品がなかったら偉大な日本人を知ることはなかった。
杉原千畝 スギハラチウネ (勝手に映画評)
事実に基づいた物語。 本省の訓令に反してビザを発給したため、長らく日本では不遇をかこった杉原千畝。その杉原千畝の生涯を描いた作品。 杉原が、「好ましからざる人物(Persona non grata)」として当時のソ連政府から忌避されて在モスクワ日本大使館に赴任できなか....
杉原千畝 スギハラチウネ (佐藤秀の徒然幻視録)
sleight of hand 公式サイト。英題:Persona Non Grata。チェリン・グラック監督。唐沢寿明、小雪、ボリス・シッツ、アグニシュカ・グロコウスカ、ミハウ・ジュラフスキ、ツェザリ・ウカシェ ...
杉原千畝 スギハラチウネ (あーうぃ だにぇっと)
杉原千畝 スギハラチウネ@イイノホール
杉原千畝 スギハラチウネ (映画的・絵画的・音楽的)
 『杉原千畝 スギハラチウネ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『イン・ザ・ヒーロー』で好演した唐沢寿明の主演作ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、昭和30年(1955年)の東京。外務省の一室。  外務省の関満(滝藤賢一)が、外国....
杉原千畝 スギハラチウネ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
第2次世界大戦中、リトアニア領事代理として日本政府に背く形で多くのユダヤ難民にビザを発給し彼らの命を救った杉原千畝の波乱に満ちた半生を映画化。世界情勢が混乱を極める中、諜報(ちょうほう)外交官として日本にさまざまな情報を送ってきた杉原を唐沢寿明が演じ、....
杉原千畝 スギハラチウネ/唐沢寿明 (カノンな日々)
日本のシンドラーと呼ばれる杉原千畝氏の人物像に迫る伝記・歴史ドラマ。 出演はその他に、ボリス・シッツ、アグニェシュカ・グロホフスカ、ミハウ・ジュラフスキ、ツェザリ・ウ ...
『杉原千畝 スギハラチウネ』 2015年11月29日 イイノホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『杉原千畝 スギハラチウネ』 を試写会で鑑賞しました。 実は本日の3本目だったりする。。。 【ストーリー】  1935年、満洲国外交部勤務の杉原千畝(唐沢寿明)は高い語学力と情報網を武器に、ソ連との北満鉄道譲渡交渉を成立させた。ところがその後彼を警戒するソ連...
私の誇り。『杉原千畝 スギハラチウネ』 (水曜日のシネマ日記)
第2次世界大戦中、リトアニア領事代理として日本政府に背く形で多くのユダヤ難民にビザを発給し彼らの命を救った日本人外交官の波乱に満ちた半生を描いた作品です。
『杉原千畝 スギハラチウネ』 (こねたみっくす)
その決断が、世界を変えた。 第二次世界大戦下のリトアニアにて2000枚以上の「命のビザ」を発給し、6000人以上のユダヤ難民を救った「日本のシンドラー」こと、杉原千畝。 なぜ彼は ...
映画「杉原千畝 スギハラチウネ」 (JAZZと映画・本)
12月5日公開の映画、「杉原千畝」を観てきました。 http://www.sug
杉原千畝 スギハラチウネ (だらだら無気力ブログ!)
139分とちょい長めだけど、ダレずに観られた。
「杉原千畝 スギハラチウネ」国の命に背いても貫いた人道的立場では国も人種も関係ない命を救う事こそ重要だと行動で示した命を繋いだ... (オールマイティにコメンテート)
「杉原千畝 スギハラチウネ」は日本の外交官として活躍していた杉原千畝が1939年に欧州のリトアニア・カウナスに赴任した際にユダヤ人難民を救うために政府の命に背きながらも4000人 ...
映画「杉原千畝 スギハラチウネ」 (FREE TIME)
映画「杉原千畝 スギハラチウネ」を鑑賞しました。
杉原千畝 スギハラチウネ (とりあえず、コメントです)
第二次世界大戦中にリトアニアで大勢のユダヤ難民たちにヴィザを発行した一人の外交官の物語です。 予告編を観て、この作品は観なくちゃと心に決めていました。 世界を変えたいという想いと共に生きた主人公の生き様が深く心に響く作品でした。
『杉原千畝 スギハラチウネ』('15初鑑賞88・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 12月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:15の回を鑑賞。
杉原千畝 スギハラチウネ (映画好きパパの鑑賞日記)
 日本のシンドラーと呼ばれ、リトアニアの領事館勤務時代に大量のユダヤ難民を救った杉原千畝の伝記映画。僕も知らなかったのですが、彼は諜報活動のスペシャリストでもあり、ナチス、ソ連双方から警戒されていたとか。ユダヤ難民救出が中心ですが、情報活動もきっちり描...
杉原千畝 スギハラチウネ (C’est joli ここちいい毎日を♪)
杉原千畝 スギハラチウネ '15:日本 ◆監督:チェリン・グラック「サイドウェイズ」 ◆主演:唐沢寿明、小雪、ボリス・シッツ、アグニエシュカ・グロホウスカ、ミハウ・ジュラフスキ、ツェザリ・ウカシェヴィチ、塚本高史、濱田岳、二階堂智、板尾創路、滝藤賢一、...