★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

ビザンチウム

2013年09月22日 | ★★★★

【BYZANTIUM】 2013/09/20公開 イギリス/アイルランド R15+ 118分
監督:ニール・ジョーダン
出演:ジェマ・アータートン、シアーシャ・ローナン、サム・ライリー、ジョニー・リー・ミラー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ

これが 本当の 私――

[Story]
神秘的な16歳の少女エレノアは、彼女の保護者である八つ年上のクララと共に海辺のリゾート地にたどり着く。一見姉妹のように見える二人は、長年定住することなく街から街へと放浪する日々を送っていた。実は、なまめかしい美貌を持つクララと悲しげな瞳を持つエレノアにはある秘密があり...


インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』のニール・ジョーダン監督が約20年ぶりとなるヴァンパイア映画に挑んだヒューマンドラマ。
原作戯曲・脚本は『ジェーン・エア』のモイラ・バフィーニ。

ヴァンパイア映画ではダントツで『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』が好きなので、その監督さんの最新作ということで観てきました。1本目の『エリジウム』と『ビザンチウム』なんか似たタイトル、、、

シアーシャちゃんは『つぐない』『ラブリーボーン』での繊細な演技がうまいなと思って注目してた子なんですが、すっかり大人になっちゃったー。でも、もともと子供なのに角度や雰囲気によって大人っぽく見える所があったので、今回の200歳のヴァンパイア役はハマってるかな。淡いブルーの瞳がきれい。

ある意味淡い恋愛ものではあるんですが、どこかの気持ち悪いヴァンパイア男と早くヴァンパイアになりたい女の学園ラブよりもずーーーーっと良かった。
やはりヴァンパイア映画には孤独と切なさがないとねー。
切ない雰囲気としては『ぼくのエリ 200歳の少女』に近い感じですね。
でもヴァンパイア映画というより、永遠に生きなければならない2人の女性の悲しい物語かな。

最初はあまりにも地味すぎるし淡々としてて微妙だなーと思ってたのですが、中盤から後半に向けてじわじわ~とこれいいわー好みだなと思いはじめました。パンフも買っちゃった。

エレノアとクララは姉妹かと思ってたらなんと....。
クララが娼婦のヴァンパイアという設定はちょっと引っかかったんだけどもね、初めは何の説明もないまま観ていくと、なぜ追われてるのかとか、少しずつ過去がわかってくると切なくなる。

エレノアがヴァンパイアで、フランクが白血病という設定がまた切なさを出してる。
フランクが事故で手首から血が止まらなくなって止血したハンカチをエレノアが拾って吸うシーンが印象に残る。
それと、普通のヴァンパイアなら健康な人にかぶりつく所を、エレノアは同意のもとで死を待つご老人から血を頂くところが優しさが出ててなんかいい。
イギリス映画というと全体的に暗めな雰囲気だったり、曇り空がイメージにあるけどまさにこの作品にぴったりでした。

ちゃんと招かれないと家に入れないとか、首筋を狙うとか、首を切り落として息の根を止めるなどツボはおさえてある。最近はゾンビ化したヴァンパイアがいるから困るのよね。
ちょっと違うのは血を吸った相手は仲間にはならない、相手の首筋を尖った爪でプツっと刺して吸ったり...。
そしてヴァンパイアになるにはある島に行って儀式を受けなければならないなど....。

私もあの島に行くーーー!!
だってレスタトが迎えにきてくれないからトシくってるよ~。それよりも私の血が薄いからだめなのかな、、、
しかし、女性がヴァンパイアになるのは認めてくれないそうなので迫害受けることになるけど、、、 

ほんと色白なシアーシャちゃんはすごくいい。切なく孤独感バリバリの雰囲気もいい。それとエレベーターに閉じ込められたシーンで、上から血が滴って頭から染まっていく所は『キャリー』を思い出した。シアーシャ版というのも観てみたいかも!

★★★★.2

 

ビザンチウム [DVD]
シアーシャ・ローナン,ジェマ・アータートン,サム・ライリー,ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
ポニーキャニオン

 

ビザンチウム [Blu-ray]
シアーシャ・ローナン,ジェマ・アータートン,サム・ライリー,ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
ポニーキャニオン
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリジウム | トップ | 金田一耕助VS明智小五郎 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そそ(・m・ (kira)
2013-09-30 00:29:34
私も「ぼくエリ」がなんとなく頭の隅にあって、
エレノアがヴァンパイアだとは思っていましたが、
クララの豹変委にビックリでしたよ~。
ヴァンパイアものなのに、あのラストも新しいかんじ?で、ヨカッタ~
kiraさんへ (yukarin)
2013-10-01 12:43:26
何となくぼくのエリを思い出しますよね。
そうそうクララの豹変ぶりはすごかったですね。
最近のヴァンパイア映画は幅広くなりましたけど、
こちらも古典的な部分も残しつつ新しい設定もなかなか良かったですね。
こんばんは! (ヒロ之)
2014-03-18 23:12:05
これはとても良い作品でした。
丁寧に作りこまれた物語と、映像の美しさに引き込まれてしまいました。
滝のシーンが一番に印象として残っています。
こういう作品は凄く好みです。
ヒロ之さんへ (yukarin)
2014-03-20 23:31:22
こんばんは♪
映像がとても美しかったですね。
滝のシーンはとてもよく残ってます。
私も同じくこういう作品はとても好きです。
こんにちは (maki)
2014-10-30 08:59:09
私もあの島に行くー!!のくだりに笑ってしまいました

でも、うん、そうですね
私も行きます(笑)
レスタトが迎えにきてくれなかったから、年取っちゃってるけど…美しく生まれ変わりたいですしね!
ヴァンパイアものってそれだけで一種の儚さが生まれるのが不思議ですよね
makiさんへ (yukarin)
2014-10-30 23:11:27
こんばんは♪
いやぁ~いまでも行きたいくらいですよ(笑)
早く~レスタトにきてほしいのに~。
そうそうあの儚さがいいんですよね。
だから好きです。
Unknown (たお)
2015-02-18 10:04:50
シアーシャが良かったですねぇ。
最近見た作品でも16歳役だったんですけど、永遠の16歳ってイメージなんですかねぇ。
私はまだ死にそうなおじいちゃんってわけじゃないんですけど、あれなら噛まれても文句ないかも。
たおさんへ (yukarin)
2015-02-18 11:17:27
シアーシャちゃんは“永遠の16歳”でいてほしいです~
ほんとにハマリ役でした。
彼女なら噛まれてもいいという人は多いでしょうね 笑

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ビザンチウム (だらだら無気力ブログ!)
シアーシャ・ローナンが相変わらず綺麗!
ビザンチウム (あーうぃ だにぇっと)
ビザンチウム@TOHOシネマズシャンテ
ビザンチウム (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(F) 主演のシアーシャ・ローナンってパーカーがお似合い。
ビザンチウム・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
理想郷からの旅立ち。 アイルランドの異才ニール・ジョーダンが、ハリウッドで撮った「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」以来20年ぶりに手がけたヴァンパイアもの。 個人の中の秘められた歴史というのは、ジョーダンがほぼ一貫して描いているものだと思う。 その...
ビザンチウム/BYZANTIUM (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「インタビュー・ウィズ・バンパイア」(94)から約20年。 それまでも数々の作品を撮ってきたニール・ジョーダン監督が今回描くのは、 永遠の孤独を運命づけられたヴァンパイアの少女の哀しき物語 原....
ビザンチウム (to Heart)
これが 本当の 私―― 原題 BYZANTIUM 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス/アイルランド 上映時間 118分 映倫 R15+ 原作・脚本 モイラ・バフィーニ 監督 ニール・ジョーダン 出演 ジェマ・アータートン/シアーシャ・ローナン/サム・ライリー/ジョニー・リー・ミラ...
ニール・ジョーダン監督『ビザンチウム(BYZANTIUM)』"私の物語は決して語ることができない" (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。モイラ・バフィーニ原作の舞台「A Vampire Story」を映画化。ニール・ジョーダン監督によるヴァンパイアストーリー(「狼の血族」「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイ
ビザンチウム (はるみのひとり言)
似た題名のあちらはコロニーでしたが、こちらは屋敷の名前だったんですね。 海辺の寂れた保養地に現われた謎めいた美女ふたり。儚げな16歳の少女エレノアと8歳年上の妖艶なクララ。クララは街で出会った青年を言葉巧みに丸め込み、彼が所有するゲストハウスに身を寄せる...
ビザンチウム ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」(1994)のニール・ジョーダン監督が再びバンパイアを題材に取り上げ、シアーシャ・ローナン主演で永遠の孤独を宿命づけられた吸血鬼の少女の姿を描く。原作は、脚本家で劇作家のモイラ・バフィーニが2007年に発表した舞台「A Vamp...
映画『ビザンチウム』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-76.ビザンチウム■原題:Byzantium■製作年、国:2013年、アイルランド・イギリス■上映時間:118分■料金:1,800円■観賞日:9月23日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督:二ール・ジョーダン◆シアーシャ・ローナン◆ジェマ・アータートン◆サ...
ビザンチウム (いやいやえん)
【概略】 誰にも明かせない秘密を抱える16歳の少女・エレノアは、8歳年上のクララと海辺のホテル“ビザンチウム”を隠れ家として利用することになり…。 ホラー 一応ホラーでヴァンパイアものだけれど、ヒューマンドラマだと思う。 16歳のまま、エレノアは200...
ビザンチウム (miaのmovie★DIARY)
ビザンチウム [Blu-ray](2014/03/04)シアーシャ・ローナン、ジェマ・アータートン 他商品詳細を見る 【BYZANTIUM】 制作国:イギリス/アイルランド 制作年:2012年 16歳の姿のまま、200年もの時を生きるエレノアは、永遠の孤独を運命づけ られた哀しき少女でありヴ...
「ビザンチウム」 (或る日の出来事)
ヴァンパイア母娘のサバイバル&娘の青春もの。
ビザンチウム (Byzantium) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ニール・ジョーダン 主演 シアーシャ・ローナン 2012年 イギリス/アメリカ/アイルランド映画 118分 ドラマ 採点★★★ 私には兄妹程度にしか歳の離れていない姪っ子がおりまして。で、この辺の田舎では特に珍しくもない話なんですが、若いうちにそこらのボ...