★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

少年は残酷な弓を射る

2013年01月23日 | ★★★+(3.5/5)

【WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN】 2012/06/30公開 イギリス PG12 112分
監督:リン・ラムジー
出演:ティルダ・スウィントン、ジョン・C・ライリー、エズラ・ミラー

母さん、僕が怖い?

[Story]
自由奔放に生きてきた作家のエヴァは、突然の妊娠に戸惑いを拭えなかった。やがて誕生した息子ケヴィンは、なぜか自分にだけ懐こうとせず、子育ては苦難の連続となる。成長するにつれ、反抗的な態度はエスカレートし、エヴァは我が子に対し恐怖さえ抱くようになる。夫に相談しても真剣に取り合ってもらえず、次第に不安が募っていくエヴァだったが...


ライオネル・シュライバーの同名ベストセラーを映画化。
母親への異常な悪意を持つ息子と、その彼に戸惑う母親をえがいたおはなし。
監督は『ボクと空と麦畑』『モーヴァン』のリン・ラムジー。脚本も携わっておりまする。
製作総指揮にスティーヴン・ソダーバーグ、ティルダ・スウィントンのほか大勢のみなさまのお名前が...。

なんと残酷なお話なのでしょう....。
突然の妊娠で戸惑ったとはいえ、生まれてからはちゃんと愛情を向けたのにまるで生まれる前から母親を憎んでいたかのように全く母親に対してだけ心を開こうとしないケヴィン。
赤ちゃんの時も嫌がらせのように泣き続けるし、大きくなってもなかなか言葉を話そうとしないしオムツも取れない....。でもこれも嫌がらせなんですよねぇ....そんな辛い状況でぎこちないけど一生懸命に息子といい親子関係になろうと努力しているエヴァが切ないです。

生まれた時からすでに反抗期だなんて....自分の子じゃなかったら知らんぷりできるけど、自分の子供なだけに辛いですね。
でも、母親に対して悪意をもった行動をしててもチラリと見て気にしてるるあたり...ケヴィンはエヴァの気を惹こうとしてるというか、自分への愛情を確かめてるように思えますね。本当はエヴァが大好きなんじゃん!!ただ愛情を自分へ向けさせる手段が異常だったというだけ...。
エヴァとケヴィンて愛情表現がヘタな似た者親子なんでしょうね。

ケヴィンを演じたエズラ・ミラーがパっと見に美少年?と思ったけど微妙に好みではなかったけれど目がとてもイイ!! 突き刺さるような冷たい視線が印象的でした。
水を張った洗面台につけたエヴァの顔がケヴィンに変わった時のこの2人似てた〜。

好みで分かれると思うけれど私は好きかも。
だけどジョン・C・ライリーは...どうしても苦手、、、。
でもティルダ・スウィントンは好きなんで、もー彼女の演技がとても良かった。

冒頭のトマト祭りの映像で人々がトマトまみれになる所が血に染まってるように思える演出はうまいなー。それとエヴァの家と車に赤い塗料がぶちまかれてる所やそれを拭うシーンは、血のイメージがすごく出てて、グロいシーンではないのにちょっとゾッとしましたね。

★★★.8

少年は残酷な弓を射る [DVD]
ティルダ・スウィントン,エズラ・ミラー,ジョン・C・ライリー
東宝
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・デット 〜ナチスと女暗殺者〜 | トップ | 野良犬(ドラマ) »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (maki)
2013-01-23 12:10:22
>ケヴィンを演じたエズラ・ミラーがパっと見に美少年?と思ったけど微妙に好みではなかった
ジャケット画像だとギリシャ風美少年にみえるんですけどね
動いてる映像を見ると、そうでもなかったという…(笑)
ただ瑞々しさはありましたね

エヴァの「なぜ?」という問いかけが痛いほど心にささりますよね。答えはでないのでしょうけれど。
makiさんへ (yukarin)
2013-01-23 13:00:37
こんにちは♪
そうそうキレイに見えますね。
でも印象に残る顔ですわ。

なかなか言葉するのが難しい作品でした。
うーん、そうですね答えはでないんでしょうね。
嫌がらせではなく (ノルウェーまだ〜む)
2013-01-24 23:09:59
yukarinさん☆
それが不思議と嫌がらせではないんですよねー
私も子育て苦労して、『愛情を試そうとしている』とよく思ったけど、パパンはそうは感じなかったみたい。
ここまで酷い話は普通無いけど、ある程度よくある情景ではあります。
好きな子にスカートめくりするような?
ニコニコしていると放っておかれるけど、悪さをすると怒ってかまってくれるお母さん・・・・がエスカレートしていくのかも。

この映画のエズラ・ミラーは動いても美少年と私は思ったけど、他の穏やかな映画では全くオーラを感じない青年でしたー
ノルウェーまだ〜むさんへ (yukarin)
2013-01-27 22:39:31
人によって感じ方も違うんでしょうね。
特に子育て経験した方には思うところもあると思いますが...
ここまでエスカレートしちゃうと恐ろしいですね。
なかなか恐ろしい作品でした〜

エズラ・ミラーくんは普通の役よりもクセのある役のほうが合うのかもしれませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
少年は残酷な弓を射る (いやいやえん)
タイトルの「残酷な弓を射る」という表現がいいですね(でも直接的表現だとは思わなかった)。母親への異常な悪意と執着心を持つ息子と、彼に戸惑う母親の関係を綴ったサスペンス作品です。 序盤で憔悴しきったエヴァの視点から、過去をを断片的に挿入させながら息子...
『少年は残酷な弓を射る』 2012年6月20日 京橋テアトル試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『少年は残酷な弓を射る』 を試写会で鑑賞しました。 京橋テアトルは初めて行きました 椅子は結構好きな感じですが、、、カーテン空いた時の違う人の ”スクリーン小っさ” のつぶやきに同感(笑) 段差が少ないので1番前か3列目が良さそうな感じですね。(3列目は2列...
映画「少年は残酷な弓を射る」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『少年は残酷な弓を射る』(公式)を6/30の初日にTOHOシネマズ シャンテにて劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。なお、原作本『We Need To Talk About K...
少年は残酷な弓を射る / WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click NYで去年の12月、ポスターと予告篇みて日本にきたら観ようと思ってた作品 ティルダ・スウィントン主演。イギリスの女性作家に贈られる文学賞として著名なオレンジ賞に輝く、 ライオネル・シュライバーの小説を...
『少年は残酷な弓を射る』 (2011) / イギリス (Nice One!! @goo)
原題: WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN 監督: リン・ラムジー 出演: ティルダ・スウィントン 、ジョン・C・ライリー 、エズラ・ミラー 公式サイトはこちら。 「イギリスの女性作家に贈られる文学賞として著名なオレンジ賞に輝く、ライオネル・シュライバーの小説...
少年は残酷な弓を射る (キノ2)
★ネタバレ注意★  今年の「凄い映画を観た」はこの映画かもしれない。  映画というか、主演のティルダ・スウィントンが凄い。  凄いスウィントンは2011年の英国アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞他、多数の映画賞にノミネートされています。リム・ランジー...
母と息子〜『少年は残酷な弓を射る』 (真紅のthinkingdays)
 WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN  "Why?"  世界各国を旅し、自由奔放に生きてきたエヴァ(ティルダ・スウィントン)は、 キャリアの途中で望まない妊娠をし、結婚する。妊婦であ...
『少年は残酷な弓を射る』について話し合わねばならない (映画のブログ)
 世界でも、自国の歴史の上でも、もっとも平和な時代を迎えた日本。  けれども、残念ながら凶悪犯罪はゼロにはならない。そしてどんな犯罪者にも親はいる。  もしも我が子が凶行に走ったとき、「あの子な...
少年は残酷な弓を射る・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
なぜ少年は狂気の弓を射たのか? 赤ん坊の頃から実の母親に懐かず、成長するに従って異様な悪意を無慈悲にぶつける様になる奇妙な少年と、息子への愛と憎悪の間で葛藤する母親。 やがて息子が引き起こした...
少年は残酷な弓を射る (ダイターンクラッシュ!!)
2012年7月5日(木) 19:30〜 TOHOシネマズシャンテ1 料金:0円(フリーパスポート) 『少年は残酷な弓を射る』公式サイト フリーパスポート2本目。 宅間守のような生まれながらの悪人としか思えない子供の話。 怖い子供というと「オーメン」とか「エスター」とか...
少年は残酷な弓を射る (ここなつ映画レビュー)
まあ、子育て世代としては、考えさせられる作品でした。タイトルに入っている「残酷」という単語は、ある意味生真面目に子育てをしている母親族に対する「残酷」なのかも。 一生懸命育てても、愛情を注いでいたつもりでも、結果が凶!NG!と出てしまった子育て。その...
「少年は残酷な弓を射る」ただそれだけが欲しかった (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ラストはハッピーエンドである。 満席の劇場で、これがハッピーエンドだと思って涙を流しているのは、私くらいだったかも。 冒頭からラストまで、胸が締め付けられるような胸騒ぎの連続。 忘れる事のできない今年の1本になりそうだ。
少年は残酷な弓を射る (心のままに映画の風景)
作家のエヴァ(ティルダ・スウィントン)は、妊娠を機にそのキャリアを投げ打たざるを得なくなる。 戸惑いの中で生まれてきた息子ケヴィンは、幼い時からエヴァに心を開こうとはしなかった。 賢く美しい...
「少年は残酷な弓を射る」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「We Need to Talk About Kevin」2011 UK/USA エヴァに「フィクサー/2007」「倫敦(ロンドン)から来た男/2007」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生/2008」「バーン・アフター・リーディング/2008」「リミッツ・オブ・コントロール/2009」「ミラノ、 愛に生き...
少年は残酷な弓を射る (銀幕大帝α)
WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN/11年/英/112分/ミステリー・サスペンス・ドラマ/PG12/劇場公開(2012/06/30) −監督− リン・ラムジー −製作総指揮− リン・ラムジー −原作− ライオネル・シュライバー『少年は残酷な弓を射る』 −脚本− リン・ラムジー −...
【少年は残酷な弓を射る】究極の「かまってちゃん」 (映画@見取り八段)
少年は残酷な弓を射る〜 WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN 〜     監督: リン・ラムジー    出演: ティルダ・スウィントン、ジョン・C・ライリー、エズラ・ミラー 公開: 2012年6月30日 2013年1月10日。DVD観賞。 何とも不気味で後味悪く、虚しさでいっぱいにな...
『少年は残酷な弓を射る』(映画)(2012)ー納得を捨てよう、そして良質な悪夢を見よう (マンガデシネ)
 先だってに『ウォールフラワー』を観て、エズラ・ミラーという若い俳優に興味を持った。彼の存在感はエマ・ワトソン含め他の出演者より頭ひとつほど抜けていた。もっと彼の他 ...