★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

エヴェレスト 神々の山嶺

2016年03月12日 | ★★★+(3.5/5)

2016/03/12公開 日本 122分
監督:平山秀幸
出演:岡田准一、阿部寛、尾野真千子、ピエール瀧、甲本雅裕、風間俊介、テインレィ・ロンドゥップ、山中崇、佐々木蔵之介

生きて、必ず帰る

STORY:ネパールの首都カトマンズ。ヒマラヤ山脈が見えるその街で、日本人カメラマンの深町誠は古めかしいカメラを見つける。それはイギリス人登山家ジョージ・マロリーが、1924年6月8日にエベレスト登頂に初めて成功したか否かが、判断できるかもしれないカメラだった。カメラについて調べを進める深町は、羽生丈二というアルピニストの存在にたどり着く... (シネマトゥデイより) 


第11回柴田錬三郎賞を受賞し、ベストセラーを記録している夢枕獏の小説「神々の山嶺」を実写化したドラマ。伝説の登山家マロリーが持っていたカメラが縁で出会った山岳カメラマンと孤高の天才クライマーが、世界最高峰のエヴェレストで前人未踏の過酷な挑戦に臨む姿を描いた物語。監督は『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』などの平山秀幸。

山が好きな両親も観に行きたいというので3人で観てきました。今朝のブランチでちょっぴりメイキングを見たらかなり過酷なロケだったのがよくわかりました。岡田くんのリュックが軽そうに見えるからと中に岩を入れたとか...。実際に5000メートルの現地で撮影してて台詞を言うのも大変だったのにリアリティを出すためにそこまでするんだとびっくりです。カットがかかった時に岡田くんとカメラマンさんがバッタリと倒れたのが印象的でした。ということで心して観てきましたよ。

先に『エベレスト 3D』を観てしまってるので、いかにも小説の中の話なんだなーという所もありましたが、エベレストに登るシーンやブリザードなどのシーンの映像は邦画としてはかなり良い出来だったと思います。最高峰の山でしかもブリザード中にあんなドラマなんてやってられないでしょーと思いつつも、岡田くん、阿部ちゃんをはじめスタッフの方々のご苦労は映像からひしひしと伝わってきましたよ。ぜぇぜぇしてるのは演技じゃなくてリアルですよねあれは!。リアルにみなさん無事に撮影を終えて帰ってこられてよかったです。本当にお疲れ様でした!! ぜひ、いろいろなシーンのメイキングを見てみたいですっ。

個人的にはやはり『エベレスト 3D』が凄すぎちゃったので物語に感動とまではいかなかったかな。でも岡田くんと阿部ちゃんの過酷すぎる中での演技とガンバリには感動しましたわ。とにかく映像はとても良かったです。エンドロールのエベレストの映像は素敵でした。めずらしく誰も最後まで席を立つことなく見ていましたね。

やはり....
山は(どんなに低い山でも)観るものだわ!!

★★★.7 (物語★★★.2  映像★★★★.5)
鑑賞日:2016/03/12

余談ですが、5年前の今日は岡田くん主演の“映画SP”を観るためにチケットを買っておいたのに設備点検で観られなかった日でした。5年後の今日、また岡田くん主演の映画を観ることになるとは!!普通に観られることに感謝!!

 

エヴェレスト 神々の山嶺 (角川文庫)
夢枕 獏
KADOKAWA/角川書店

 

神々の山嶺 全5巻セット (集英社文庫―コミック版)
谷口 ジロー,夢枕 獏
集英社
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「3月11日」 | トップ | ロンゲスト・ライド »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (BROOK)
2016-03-12 20:52:44
邦画にしてはかなり頑張っている方で、
映像はなかなか見応えがありましたね。

阿部さんと岡田さんの演技も素晴らしく…
どちらも鬼気迫る気迫をたっぷりと。

たしかにこういった高山は登るものではなく見るものですね♪
Unknown (さと)
2016-03-13 09:34:24
映画大好き女です。
やはりあちらの方がスケール大なんですね、
この作品、夫が見に行きたいと言うので、近々…。
原作は大感動でした。ぜひ!おすすめです。
Unknown (えふ)
2016-03-13 13:39:28
そうそう!5年前は見られなかったんだよね。
観に行ってる場合でもなかったし。
でも今年は無事に観られてなによりでした。
そして山に取り憑かれた阿部ちゃんの演技が恐かった〜(苦笑
BROOKさんへ (yukarin)
2016-03-13 22:45:47
こんばんは
そうですね、映像は思ったよりも良かったです。
岡田くんや阿部ちゃんの演技もほんと素晴らしかったですね。特に阿部ちゃんが迫力ありましたわ

山は一度つらい思いをしたので、どんな山でも登ろうという気はしませんが素晴らしい景色は見たいですね。
一般的にはエベレストは見るもんですね 笑
さとさんへ (yukarin)
2016-03-13 22:51:17
実際の話と小説の話なので比べるのも変ですがスケールは全然違いしますね。
こちらも邦画とてはなかなか良く出来てたと思いましたのでぜひ大きなスクリーンで鑑賞されるのがおすすめですね。
原作もちゃんと読んでみたいと思います!
えふさんへ (yukarin)
2016-03-13 22:59:12
たしか3週間後くらいにやっと観られたのよ。
こうやって普通に観られるのは幸せだなとつくづく思った!!

阿部ちゃんの演技は迫力あったねー
ほんと取り憑かれた感じだった。
ラストのあれなんてホラーちっくで怖かった^^;
突っ込みどころ (まっつぁんこ)
2016-03-14 08:41:36
突っ込みどころはあったけどそんなこと言うのは野暮というもの。
なんとかならないかなというシーン
“最高峰の山でしかもブリザード中にあんなドラマなんてやってられないでしょー”
はあったけど、さほど観客をバカにしている感じではありませんでした。(笑)
Unknown (ふじき78)
2016-03-20 23:04:20
阿部ちゃんがあのメイクで自分で歩いたら怖い。
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2016-03-24 23:26:49
はい、そうですね、、、

>さほど観客をバカにしている感じではありませんでした。(笑
はい、バカにしてるとかは全く思いませんでしたが、よく考えたら小説ですもんね。
ふじき78さんへ (yukarin)
2016-03-24 23:27:54
それは怖いわー、、、、
Unknown (FREE TIME)
2016-04-02 17:46:56
こんにちは。
出演者達の頑張りを讃えたい一方で、肝心の脚本が今ひとつだと感じてしまいました。
もう少し、エヴェレスト登頂に挑戦する事が、どれだけ困難かが描かれていなかったノア残念でしたよ…。
冬山のエヴェレストを登る (iina)
2016-04-08 10:37:09
過酷な環境下で、どうして死と隣り合わせの山に登るのでしょう?
しかも、夏山にすればいいのに、わざわざ冬山にエヴェレストを登るなんて・・・。

「剣岳」新田次郎著では、「山を背負って登れ」の言い伝えが生きて、冬の雪山でしか登頂を果たせない時代でしたから、本作も垂直に切り立ったエヴェレストの南西壁を極めるには冬山である必要があったのでしょう・・・?

FREE TIMEさんへ (yukarin)
2016-04-11 12:42:24
こんにちは。
俳優さんたちは本当に素晴らしかったですね。
もとは小説だから仕方がないんでしょうけど、もうちょっと脚本にも力を入れてほしいところがありましたね。
iinaさんへ (yukarin)
2016-04-11 12:54:05
過酷な状況だからこそ挑戦したいのかもしれませんね。
こちらからとしたら夏山のほうがいいじゃないかと思ってしまいすが、、、

「剣岳」は未見ですが、言い伝えがあるのなら絶対ですが、こちらは南西壁でしたもんね。うん、、、

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「エヴェレスト 神々の山嶺」 (日々“是”精進! ver.F)
そこに山があるから… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201603120001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】エヴェレスト 神々の山嶺 オリジナル・サウンドトラック ...価格:2,700円(税込、送料込) 【楽天ブッ...
エヴェレスト 神々の山嶺 (ハリウッド映画 LOVE)
風呂の次は、山に取り憑かれた男の物語だった。
エヴェレスト 神々の山嶺 (勝手に映画評)
エヴェレストを描いた映画としては、昨年『エベレスト 3D(Everest)』がありましたが、エベレストを映画で描くのって流行りなんですかね。『エベレスト 3D(Everest)』の時も思いましたが、(邦画だと結構ちゃちい画になりがちですが)5200mまで登って撮影しただけのこ....
エヴェレスト 神々の山嶺〜主演は阿部寛 (佐藤秀の徒然幻視録)
ここに俺がいるからだ 公式サイト。夢枕獏原作、平山秀幸監督。阿部寛、岡田准一、尾野真千子、佐々木蔵之介、ピエール瀧、風間俊介、甲本雅裕、テインレィ・ロンドゥップ、山中崇 ...
『エヴェレスト 神々の山嶺』 2016年2月29日 角川シネマ新宿 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『エヴェレスト 神々の山嶺』 を試写会で鑑賞しました。 今日は長い一日であった。 朝から六本木ヒルズでアカデミー賞のパブリックビューイングに行き、 終わったのは14:30頃だっただろうか... その後、新宿へ移動し昼にしようか、映画見ようか悩んでいたら失敗し、 そ...
エヴェレスト 神々の山嶺 (あーうぃ だにぇっと)
エヴェレスト 神々の山嶺@角川シネマ新宿
映画・エヴェレスト 神々の山嶺 (読書と映画とガーデニング)
2016年 日本 世界最高峰の山に挑む男たち命を削ってまで山に登ることにどんな意味があるのか何を求めるのか クライマックスはエヴェレストの冬季南西壁、単独無酸素登頂という前人未踏の登攀を計画する孤高の天才クライマー羽生(阿部寛)の挑戦を見届けるべく...
<「エヴェレスト 神々の山嶺」 追記。> (夢色)
改めて書くのは違うかなと思い、公開後に試写会日に追記しようかと思ったんだけど、書きだしたら長くなりそうだったから、別記にした。 ←正解(笑)大分と辛口なので!岡田君ファンなのに!ごめん!岡田くん、ごめん!映画楽しかったから読みたくない!って人は、読...
エヴェレスト 神々の山嶺 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
第11回柴田錬三郎賞を受賞し、漫画版と共にベストセラーを記録している夢枕獏の小説「神々の山嶺」を実写化したドラマ。あるクラシカルなカメラを手にした写真家が、カメラの逸話を調べるうちに孤高のアルピニストとして名をとどろかせた男の人生に触れていく姿を追い掛け...
『エヴェレスト 神々の山嶺』('16初鑑賞25・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆−−− (10段階評価で 4) 3月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:50の回を鑑賞。
『エヴェレスト 神々の山嶺』をトーホーシネマズ六本木3で観て、個々の主張が激しいだけで折衝のない山映画だったなふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲「テルマエ、テルマエはどこだあーっ」 五つ星評価で【★★役者の顔はみんないいけど、何が言いたいのかよく分からない、グラビア写真みたいな映画】 とってもフォトジェニ ...
エヴェレスト 神々の山嶺 (映画的・絵画的・音楽的)
 『エヴェレスト 神々の山嶺』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)阿部寛が出演するというので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、エヴェレストの威容が映し出された後、一人の男がもう一人の男の写真を撮っているところが描かれ、ナレーションがかぶさ...
エヴェレスト 神々の山嶺 (花ごよみ)
原作は夢枕獏の小説「神々の山嶺」 監督は平山秀幸。 岡田准一、阿部寛、尾野真千子が出演。 山岳カメラマンの深町は ネパールの首都カトマンズで古いカメラに出会う。 そのカメラは、登山家ジョージ・マロリーの、 エベレスト初登頂に関わるカメラだった。 カメラを....
「エヴェレスト 神々の山嶺」1番高い山を目指した先にみた上るだけでは成功じゃない戻ってきて成功だという冒険家の宿命 (オールマイティにコメンテート)
3月12日公開の映画「エヴェレスト 神々の山嶺」はエヴェレストの登頂を目指した1人の男を追うカメラマンのエヴェレストでの闘いの記録を綴ったストーリーである。人は何故山に ...
映画「エヴェレスト 神々の山嶺」 (FREE TIME)
映画「エヴェレスト 神々の山嶺」を鑑賞しました。
エヴェレスト 神々の山嶺 (もののはじめblog)
第11回柴田錬三郎賞を受賞し、漫画版と共にベストセラーを記録した夢枕獏の小説「神々の山嶺いただき」を実写化した映画。 イギリス人登山家ジョージ・マロリーが、1924年にエベレスト初登頂に挑戦の途中、行方不明となり帰らぬ人となった。 初登頂成功は、1953年にエド....
「エヴェレスト 神々の山嶺」 魅入られた男たち (はらやんの映画徒然草)
「なぜ山に登るのか?」 「そこに山があるからだ」 これは本作でもキーマンとなるジ