★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

八日目の蝉

2011年04月29日 | ★★★+(3.5/5)

2011/04/29公開 日本 147分
監督:成島出
出演:井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、渡邉このみ、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン

優しかったお母さんは、
私を誘拐した人でした。

子どもを身ごもるも、相手が結婚していたために出産をあきらめるしかない希和子は、ちょうど同じころに生まれた男の妻の赤ん坊を誘拐して逃亡する...。

角田光代原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。
不倫相手の赤ちゃんを誘拐した女性が捕まるまでの4年間を親子として過ごした逃亡生活と、誘拐犯に育てられた少女が成長して自らの過去と向き合う姿を描いたお話。

GW公開の映画は邦画ばかり...めぼしいのこれかなぁという感じで観に行きました。前半はうーん、私にはちと合わなそうだなぁ...と。しかし、真央ちゃんの子供時代の子が出てきてから良くなって感情移入して観ることができました。

ひたすら重い...。人の子供を誘拐するのも悪いが、結婚してるのに不倫する男も悪い、でも不倫させてしまうような妻も悪い...めんどくさーい。その前に、赤ちゃんひとりを残すなら戸締まりをしっかりしろよ!て言いたい。いや赤ちゃんを置いてくなって話ですよねえ。てっきり成人した主人公が、母親だと思ったらそれは誘拐犯だったというどろどろな展開になる主人公を描いたお話だと思ってたんですが、すでに終わったところからのお話なんですねぇ。

誘拐した希和子側から描かれてたし、希和子と薫の親子関係が良かったので、本当の親の元で育った薫こと恵理菜がなんかかわいそうに思えましたね。あのまま誰にも気づかれずに希和子と暮らしてたほうが幸せだったんじゃないかと...。まぁその裏では本当の母親は辛い日々を送ってたわけですが...なんせ希和子側メインだからなぁこっち目線で観てしまう、、、。

いつも元気な役がイメージの井上真央ちゃんが今回は超シリアスな役どころ。育ての母は本来ならば憎むべき相手なのに愛されながら育てられ、本当の母親とはその後うまくいかなくて...という矛盾が切なかったですね。そのへんの繊細な演技がとても上手かったし、微妙な気持ちも伝わってきました。それに小池栄子さんの存在があったから良かったのかも。

薫の子供時代を演じた女の子がなかなかうまくてね、永作さんの演じる繊細な心情がとても引き立ってたように思いますね。それにとても重いお話なのに引きずらなかったのは、小豆島のロケーションの美しさですね! すべてを赦してしまいそうなあの素敵な風景が癒されましたわ。だからすごくいい映画のような気がしてきた(笑) まぁよく考えると誰にしても辛くて残酷なお話なんですけどね。

★★★.8

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パリ・エキスプレス | トップ | ダーティハリー(午前十時の... »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-04-30 02:55:28
永作さんに尽きるかなぁ。
彼女の上手さが際立ってました。
哀しいですよね、何と言ったらいいのか解らないけれど、とりあえず旦那よ、不倫するなら避妊ぐらい最低しろや!と。^^;
こんにちは (たいむ)
2011-04-30 17:40:31
そうそう、希和子視点が多くて永作さんが上手いもんだから、どうしてもそっちに感情移入しちゃうのよね。

というか、
「赤ちゃんひとりを残すなら戸締まりをしっかりしろよ!」
に同意見。ちょっと送っていくにしたってだらしなさすぎって本妻の過失とかエゴが目に付いちゃってね。

小豆島の伝統行事は綺麗でしたねー
KLYさんへ (yukarin)
2011-05-01 15:08:29
こういう作品は難しいです。
とにかくあの旦那が不倫なんかしなければ女性たちが悲しむことはなかったのに。
二人の男性が同じことを言ってたのがムカっときましたね。
たいむさんへ (yukarin)
2011-05-01 15:10:59
いくら近場だとしても赤ちゃんを残すのもどうかと思うけれど、戸締まりをしてない点であの母親に対して同情できなくなりましたね。
Unknown (るうな☆るな)
2011-05-11 17:32:41
こんにちは~♪

お久しぶりでした。
お元気でしたか?

邦画でこの作品は気になってました。
映画を見ようか原作を読もうか考え中です。

キャストがよかったのかな??


gooに引っ越したんですね?
gooって使いやすいのかな?

これからもよろしくお願いしますね~(^o^)
おはよ^^ (みすず)
2011-05-12 09:27:05
>てっきり成人した主人公が、~
そうそう!わたしも見る前はそうだと思ってた!
だから、キャッチコピーがちょっと合わないかなぁって思ったり・・・

後半から涙ジャジャ漏れだった><。
実の母の「どうして~」の部分からぐんって引き込まれていったわ。

このみちゃん、良かったよね!可愛かった。
るうな☆るなさんへ (yukarin)
2011-05-15 11:42:36
こんにちは、お久しぶりです。
元気にブログ更新してましたよ~場所が変わりましたけど。
使い勝手はなかなか良いです。

原作は読んでないんですけど、やはりキャストが良いですしね。永作さんが良かったです。

こちらでもどうぞお願いいたします。
みすずさんへ (yukarin)
2011-05-15 11:44:41
いつも予備知識いれないんであれ違うんだと思ったり...
とっても切ないお話でしたね。
後半はグッとくるものがありますね。
このみちゃんには泣かされましたよ。
Unknown (ふじき78)
2011-06-12 11:53:53
こんちは。
本当の母は可哀そうなんだけど、底が浅い。比べるのではなく、ただ愛してあげれば徐々に氷は溶けていったと思うのです。なんとなく、誘拐されなかったら、さけなかったで、親子関係が良くなかっただろうな、と思わせる。それはそれで説得力のある演技でした。

あと、相変わらず余さんが凄かった。エンジェル様と言うよりエンジェル憑きだよね、あれ。
ふじき78さんへ (yukarin)
2011-06-13 13:07:22
こんにちは♪
そうですね~誘拐されてなくても良い親子関係がきづけたかどうかはわかりませんね。
あの感じだと...

エンジェル様は...なんというか
怖かった(笑)
母目線 (ノルウェーまだ~む)
2012-01-22 22:43:03
yukarinさん☆
永作ちゃんが上手いし、やっぱり誘拐女性目線で描かれているのだけど、私は母親目線になりがちだったな。
男は酷いよねー
夫に浮気されて、その愛人に我が子を誘拐されて4年も返してもらえなくて、子供には罪が無くても、すぐになついてくれなかったら、そりゃ「きーっ!!!」ってなるよ、私でも。
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2012-01-23 12:53:31
やはりお母さんの立場だと誘拐された側の目線になってしまうのですね。
子どもがなつかないのはつらいですね。
結局は男が悪いわー。
育ての母親も誘拐は悪いけど、ある意味被害者だしなんか悪く思えないんですよね。
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-02-06 21:35:02
永作さんの母親としての演技が素晴らしかったですね。
特に小豆島での別れ際での「その娘はまだご飯を食べてません」は、心が繋がった母親にしか言えない言葉ですよ。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2012-02-08 12:42:25
ほんと素晴らしい演技でしたね。
あの別れのシーンは泣けました。
あの時は本当に母親でしたよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

53 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
八日目の蝉 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。角田光代原作、成島出監督、井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン。生まれたばかりの ...
映画:八日目の蝉 永作博美が突出して良いところが、長所でもあり欠点?! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
愛人の娘を誘拐して逃亡する女性と、その成長した娘のストーリーが平行して物語を進む。 井上真央演ずる、0才~4才まで誘拐され、その時に刷り込まれた「母」のイメージのトラウマを持ったまま、大学生になった恵理菜。 ちょっとしたきっかけで自分のルーツを探る旅に。 ...
八日目の蝉 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
公式サイト母性というものの無条件の強さを感じさせる物語だ。原作よりも、娘からの視点が強調されていることから、新しい世代に希望をつなぐメッセージが感じられる。不倫相手の ...
八日目の蝉 (LOVE Cinemas 調布)
角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマだ。出演は『花より男子ファイナル』の井上真央と『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』の永作博美。共...
八日目の蝉 (とりあえず、コメントです)
角田光代著の同名小説を映画化したドラマです。 原作もドラマも好評でしたけど、未見のままでした。 今回はじめて知った世界は、子を思う母の深い愛情と、愛を覚えていない子の痛みが心に残る物語でした。
「八日目の?」みた。 (たいむのひとりごと)
まちがいなく泣く!って観る前から思っていたけれど、終盤にはいったらずっと泣きっぱなしで、嗚咽を漏らさないようにするため、何度も深呼吸する私だった[E:coldsweats01]ここ数年の永作さんの演技
八日目の蝉 (だらだら無気力ブログ)
直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを「花より男子ファイナル」の 井上真央と「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の永作博美の共演で映画化 したヒューマン・サスペンス・ドラマ。不倫相手の赤ちゃんを誘拐した 女性が、捕まるまでの4年間にわたって母と娘として...
八日目の蝉 (シネマDVD・映画情報館)
八日目の蝉 監督:成島出 出演:井上真央/永作博美/小池栄子/森口瑤子/田中哲司/市川実和子/平田満/劇団ひとり/余貴美子/田中泯/風吹ジュン 内容:不実な男を愛し、子供を身ごもった女、野々宮希和子。母となることが叶わない絶望の中、同時期に男の妻が女の...
『八日目の蝉』 踏みとどまるために必要だったのは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  劇中、母と娘が「男とは何か、女とは何か」を語り合うくだりがある。  母曰く、「薫ちゃんは女なの。薫ちゃんが好きになって、結婚したいと思う人が男のひと。」  この映画に、結...
「八日目の蝉」誘拐した育ての母の足跡を辿った先にみた4年間の愛情と同じ過ちを繰り返さないでほしい想い (オールマイティにコメンテート)
映画「八日目の蝉」は角田光代原作の「八日目の蝉」を映画化した作品で、生まれたばかりの頃から4歳まで誘拐犯に育てられた娘が大学生となり、その事件と向き合いながら自身も誘 ...
八日目の蝉 (あーうぃ だにぇっと)
3月24日(木)@一ツ橋ホール。 ほぼ2週間ぶりの一般試写会。 この間ムダになった試写状たくさん。
試写会「八日目の蝉」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/4/6、有楽町のよみうりホール。 地震以来、多くの試写会が中止になり、 公開延期となった映画も中止になった映画も散見される中、 1か月ぶりの試写会参加となった。 節電に配慮したのかどうかよくわからないが、 17:45開場、18:15開演と、中途半端では....
八日目の蝉 (勝手に映画評)
角田光代のベストセラー『八日目の蝉』の映画化。同じように大ヒット小説が原作となっている、先日見た『阪急電車』とは全く違い、こちらは重い話がテーマになっています。今日は、5/1と言う事で、映画の日。混んでいました。 井上真央は、花男から一皮剥けたんじゃ無...
八日目の蝉 2011.4.4 (Penguin Cafeのいろいろ感想文)
タイトル:「八日目の蝉」 Yahoo!映画:http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id338475/ 日にち:2011年4月4日(月) 場所:都内試写室(試写会)==================== 心に深い闇を抱えた女性4人が描かれています。 不倫の末、不倫相手とそ...
八日目の蝉 劇場パンフレット 映画チラシ 井上真央 永作博美 小池栄子 (映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ)
●『八日目の蝉』2011年4月29日公開。 劇場パンフレット 映画チラシ  映画チラシ評価 ■硬さ度■★★★★(硬い) ■扱い度■★★★(普通) ■出来度■★★★★() ...
八日目の蝉(試写会) (まてぃの徒然映画+雑記)
角田光代のベストセラーの映画化、といっても原作は未読で、ドラマも未見だけど。 不倫相手の子供を堕ろした希和子(永作博美)は、不倫相手の夫婦の間に生まれた4ヶ月の赤ちゃん恵理菜を咄嗟に誘拐してしまう。妊娠した子供につける予定だった薫という名前を誘拐した赤...
八日目の蝉 (うろうろ日記)
試写会で見ました。原作を読んでから見たので、あーこの辺削ったかーと本と比べてしま
『八日目の蝉』 (2011) / 日本 (Nice One!!)
監督: 成島出 出演: 井上真央 、永作博美 、小池栄子 、森口瑤子 、田中哲司 公式サイトはこちら。 原作読了しています。 もともと読売新聞連載小説でしたが、途中でついていけなくなり、挫折。f^^; ですのでこれは一気に読みたかったし、そして映画化...
八日目の蝉/井上真央、永作博美、小池栄子 (カノンな日々)
直木賞作家の角田光代さんの同名小説を映画化したサスペンス・ヒューマンドラマです。NHKでドラマ化されたときにうっかり観逃してしまったんですよね。やっぱり最初から観てないと ...
『八日目の蝉』 (ラムの大通り)
---- この映画、前に行ったとき 満員で入れなかったってヤツだよね。 「うん。とにかく人気が高い。 原作が角田光代の代表作にしてべストセラーだからかなと思ったけど、 これは見事に映画になっていたね」 ----映画になっていた…どういうこと? 「簡単に言えば、 映画と...
八日目の蝉 ちょっと冗長すぎるが・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=24 -6-】 今日は連休の谷間で電車がらがらかと思いきや、けっこう仕事の人も多いのだなあという混み具合、仕事があることはいいことだ!  さてこの映画、角田光代の原作は友人が貸してくれたので読んだが、読後の評価はきっと分かれてしまうだろうと思っていた。 ....
成島出監督 「八日目の蝉」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
原作を読み終わった時から、観たくて観たくて、しょうがなかった映画。 映画の日には映画館が満席で悔しい思いもしました。 そして今日、やっと公休 朝、早起きをして観てきました(^-^)v ふ、不覚! 原作も読んでて、冷静に観てるつもりだった筈なのに… な...
確かに愛はそこにあった。『八日目の蝉』 (水曜日のシネマ日記)
誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇とその後の少女の人生を描いた作品です。
『八日目の蝉』('11初鑑賞65・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 5月6日(金) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 16:00の回を鑑賞。
八日目の蝉 (花ごよみ)
角田光代の小説を映画化。 成島出が監督。 誘拐する女性、希和子には永作博美、 誘拐され、薫と名付けられた、 少女には渡邊このみ。 すごく可愛い女の子です。 その後実家に帰され、 恵理菜と呼ばれた女性を、 井上真央が演じます。 小池栄子、森口瑤子、田中哲司が...
映画「八日目の蝉」 (FREE TIME)
映画「八日目の蝉」を鑑賞。
八日目の蝉 (映画通信みるみる)
優しかったお母さんは わたしを誘拐した人でした 連続ドラマ化された角田光代の同名小説を『孤高のメス』の成島出監督が、映画化。今回は、誘拐された子供、恵理菜目線で描かれます。井上真央、永作博...
■映画『八日目の蝉』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
どうしようもない男とのどうしようもない不倫に傷ついた女性が、不倫相手の男性と奥さんの間に生まれた赤ちゃんを誘拐したことから起こる悲しい物語を描いた映画『八日目の蝉』。 誘拐犯の女性・野々宮希和子を永作博美、彼女に誘拐されて数奇な人生を送ることとなった...
八日目の蝉 (to Heart)
優しかったお母さんは、 私を誘拐した人でした。 上映時間 147分 原作 角田光代 脚本 奥寺佐渡子 監督 成島出 出演 井上真央/永作博美/小池栄子/森口瑤子/田中哲司/市川実和子/平田満/渡邉このみ/劇団ひとり/風吹ジュン 誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その...
八日目の蝉・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
蝉は何年間も地中で成長し、やっと地上に出て成虫になると、僅か七日で死ぬという。 仲間が皆死に絶える中、もしも生き残った「八日目の蝉」がいたとしたら、それは蝉にとって幸せな事なのだろうか?不幸なの...
『八日目の蝉』 (pure breath★マリーの映画館)
優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。 『八日目の蝉』 監督・・・成島出 原作・・・角田光代 出演・・・井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン...
八日の目の蝉(2011-027) (単館系)
角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。 生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、 誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマ。 不倫相手の子供を生まれてす...
映画『八日目の蝉』  (よくばりアンテナ)
なんとなくあらすじを知っていて、見ないだろうと思ってた。 去年NHKのドラマでやってた時、知らなくて、 ちょうど『Mother』にはまっていた頃に、似たようなテーマのドラマを やってたんだなぁ・・...
『八日目の蝉』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「八日目の蝉」□監督 成島 出□脚本 奥寺佐渡子□原作 角田光代□キャスト 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田 満、劇団ひとり、余貴美子、田中 泯、風吹ジュン■鑑賞日 5月1日(日)■劇場 チ...
【八日目の蝉】愛情と自分探しの旅 (映画@見取り八段)
八日目の蝉 監督: 成島出    出演: 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、      田中哲司、田中泯 公開: 2011年5月 原作は角田光代氏の同名小説。未読です。 しかし、2...
八日目の蝉 (voy's room)
不実な男を愛し子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻との間に生まれた赤ん坊を連れ去る女、野々宮希和子(永作博美)と、その誘拐犯に愛情いっぱいに4年間育てられた女、秋山恵理菜(井上真央)。実の両親の元に戻っても普通の生活は望めず、心を閉ざ...
「八日目の蝉」(日本 2011年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
お星さまのうた。 家族写真。 八日目の蝉が見るもの。
映画「八日目の蝉」@よみうりホール (新・辛口映画館)
   
八日目の蝉 (みすずりんりん放送局)
 『八日目の蝉』を見た。  【ストーリー】  今日まで母親だと思っていた人は、自分を誘拐した犯人だった。  21年前に起こったある誘拐事件-。  不実な男を愛し、子を宿すが、母となることが叶わ...
八日目の蝉 (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★ エンゼルたちのウォーズ 二人の女性の違いは、人と魂で向き合っているかどうかである。 エンゼルさんが希和子に語った言葉が真理だ。 実母は娘の心を理解しようとせず、自分を母親だと認...
八日目の蝉 (★ Shaberiba )
親となったら子供を「八日目の蝉」にしちゃいけないってことですね-。
映画『八日目の蝉』 | 永作博美と小池栄子が素晴らしいです。 (23:30の雑記帳)
2分でわかる『八日目の蝉』あらすじ紹介いってみます。 (ネタバレ注意!) 希和子(永作博美)は不倫相手である秋山丈博 (田中哲司)の子どもを身ごもります。 「いつか ...
八日目の蝉 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
角田光代原作の同名小説を映画化したヒューマン・サスペンス。誘拐された少女と犯人の女との逃亡劇、その後の運命を描く。監督は「孤高のメス」の成島出。出演は「太平洋の奇跡  ...
八日目の蝉 (にきログ)
さて、映画とドラマ両方見たので感想を書きたいと思います ちなみに映画を見てドラマ版が凄く気になっていたタイミングでNHKが2夜連続集中再放送をしてくれて凄く助かりました ちなみに原作は読んだことな...
八日目の蝉 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
不倫相手の赤ちゃんと誘拐した母と、16年後に母と同じように妻子ある男と不倫して妊娠した娘の人生をうまく交差させた物語になっている。ごく普通の家庭で育つことができなかっただけで、こんな悲しい経験をするのを涙をボロボロ流しながら見た。永作博美がうまいのは当然...
八日目の蝉 (映画的・絵画的・音楽的)
 『八日目の蝉』を渋谷東急で見てきました。 (1)この映画は、TVなどで幾度となく予告編が流され、また書店では随分と以前から原作の文庫版が山積みとなっていましたから、制作側もかなり力を入れているのでしょう。  おそらく、『告白』とか『悪人』の線を狙っているの...
『八日目の蝉』をパルコ調布キネマで観て、役者がみんないいわあふじき☆☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆役者と脚本】 ●井上真央、意外にいいなあ。銀行の手先CMより何倍もいい。『おひさま』は見とらんから知らん。名前を与えられたり、余計に振られたり、 ...
mini review 11545「八日目の蝉」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、角田光代原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。監督は、『孤高のメス』など社会派エンターテインメント作品で定評のある成島出。誘拐された少女の大学生時代を井上真央が演じ...
mini review 11545「八日目の蝉」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、角田光代原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。監督は、『孤高のメス』など社会派エンターテインメント作品で定評のある成島出。誘拐された少女の大学生時代を井上真央が演じ...
DVDまとめてレビュー「GANTZ1・2」「メタルヘッド」「八日目の蝉」 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
お正月から見続けたDVDの数々。 今回はわたしのオススメ映画から。今回から独自に★採点つけてみたよ(★5つが満点)
『八日目の蝉』 (こねたみっくす)
恵理菜として生きる七日目で死ぬ蝉が見た世界。薫として生きた八日目の蝉が見た世界。そのどちらの世界に母親の愛があったのか。 直木賞作家・角田光代先生の小説を映画化したこ ...
八日目の蝉 (A Day In The Life)
公開初日にて観賞 解説 誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、角田光代 原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。 監督は、『孤高のメス』など社会派エンターテインメント作品で定評のある成島出。 誘拐された...
映画 八日目の蝉 (VAIOちゃんのよもやまブログ)
地上波で放送されていた映画「八日目の蝉」。 角田光代の原作小説もNHKのTVドラマも全くその存在を知らなかったんですが、映画は聞きおぼえがあったのでX95で録画してPSPに転送して鑑 ...