★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

アイアン・スカイ

2012年10月04日 | ★★★★(4/5)

【IRON SKY】 2012/09/28公開 フィンランド/ドイツ/オーストラリア PG12 93分
監督:ティモ・ヴオレンソラ
出演:ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オットー、クリストファー・カービイ、ペータ・サージェント、ステファニー・ポール、ティロ・プリュックナー、マイケル・カレン、ウド・キア

ナチスが月から攻めてきた!!

1945年、連合軍の猛攻撃にさらされ、アドルフ・ヒトラーが率いていた「第三帝国」ナチス・ドイツは完全に敗北。しかし、その一部のエリートたちはひそかに月の裏側へと逃亡を図り、秘密基地を建造していたのだった。第2次世界大戦の終結から70年超にわたって独自の軍事テクノロジーを発展させ続け、虎視眈々と連合軍への復讐の機会をうかがっていた彼らは、2018年、ついに決行のときが到来したと判断。UFOの大編隊を組んで、地球侵略を開始する... (シネマトゥディより)

28日公開の作品がドドーンと4本もあって優先順位を決めるのも一苦労。運良くバスで往復できる時間帯だったので、久々にレディースディの恩恵を受けてきました。
今回はアイアンマンは出てきません。 ←あたりまえ!

ナチスが月から攻めてきたーというコピーに惹かれたのだけれど、スケールの大きい愛すべきおバカ作品でした。よくうちのシネコンで上映したなーとびっくり。ナチスやアメリカなどをギリギリでの皮肉り方がおかしくて笑ってしまいました。
監督は、「スター・トレック」のパロディ『スターレック 皇帝の侵略』のフィンランドのティモ・ヴオレンソラ。

ナチスが敗北してひそかに月の裏側に逃亡....て、いつの間に宇宙船を作ってたんでしょ。国を侵略じゃなくて地球を侵略してやるーと宇宙人並のスケールがいい(笑)。
月といえばアポロ11号の時代にセンチネルプライムが眠っていましたが、それ以前にあんなすごい秘密基地を作っていたなんてびっくりさ。資材はどこから〜.....ってつっこんではいけないですね。でも空気が無いハズの月で基地の扉が開いて宇宙服も着ずに外に飛ばされそうになって普通に扉を閉めた所はツッコまずにはいられなかった(汗)。

2018年なのにナチスはレトロでアナログ感たっぷりなのが笑える。あれほどの基地を作って次世代のエネルギーのヘリウム3を開発してるくせにコンピュータは全く進化してなかった(笑)。
アメリカの黒人宇宙飛行士ワシントンが持ってたスマホで宇宙船を動かしてしまおうというところは何とも...。しかしすぐに充電切れになってしまうのがツボ。
しかもそのワシントンはアーリア系白人にかえられてしまいナチス化されて、右手がハイル....(汗)。
チャップリンの『独裁者』短編化されて賛美されてるのには苦笑。緊急事態でも旧ドイツ国歌が流れると敬礼して動かなくなっちゃうというナチスのレトロぶりが楽しかったです。

でも皮肉くるのはナチスだけでなくてアメリカもかなり....。再選を目指す女性大統領が人気取りのために黒人のモデルを宇宙飛行士にさせてみたり、ナチスからパクった演説でアメリカ国民が盛りあがったりする。“旗が立ってるから月はアメリカの領土”という大統領発言には苦笑、、、。言わせてもらえば、ワタクシ実は月にほんの少し土地持ってるんすけど!!

クライマックスではナチスが地球に攻めてくると、アメリカの宇宙戦艦ジョージ・W・ブッシュをはじめロシアなど各国の宇宙戦艦が勢揃いしてナチスをやっつける!! あれあれ?宇宙は軍事利用しちゃいけない約束があるのに各国で宇宙戦艦を作ってて...もうみんなウソつき!!
その後はナチスのお宝ヘリウム3をめぐって争奪戦が繰り広げられる....なんか笑えない設定だけど.....かなり笑ってしまいました、、、。

その後、地球が茶色になってたのが気になるところですが、とにかくおバカでクスクス笑いが多い楽しい作品でした!
ところで、あそこには日本の宇宙戦艦ヤマトはいなかったのかな...と思ったけど、ずっと後に活躍するんだった、、、。

★★★★ えぇ〜いおまけ!!


よろしければポチッとお願いします♪

アイアン・スカイ [DVD]
ユリア・ディーツェ,ゲッツ・オットー,クリストファー・カービー,ウド・キア
松竹

 

アイアン・スカイ Blu-ray 豪華版(初回数量限定生産)
ユリア・ディーツェ,ゲッツ・オットー,クリストファー・カービー,ウド・キア
松竹

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クライムダウン | トップ | [映画] SMTOWN LIVE IN TOKYO 20... »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ (にゃむばなな)
2012-10-05 16:26:59
宇宙船を軍事利用していなかったのがこの映画の製作国だけというのも面白いですよね。
それにしてもあんなにもサラ・ペイリンに似ている女優を探してきたことが一番凄いと思いましたよ。
だってあまりにもそっくりなんですもん!
Unknown (えふ)
2012-10-06 17:20:00
各国の宇宙戦艦が勢ぞろいしたなら、
せめてヤマトも出してほしかったですねー(爆
どの国も裏で何やってんだか怪しいもんですね(苦笑
しかし、、、すごいブラックジョークでしたわ〜!
にゃむばななさんへ (yukarin)
2012-10-06 22:21:34
こんばんは♪
そういえばそうでした!
自分のところは出してきませんでしたね。
サラ・ペイリン....すごく似てますよね(笑)
えふさんへ (yukarin)
2012-10-06 22:23:56
日本人ならヤマトを思い浮かべちゃいますよね(笑)
そうそう、みんな裏ではいろいろやってるんだなーと思いましたわ。
いろんな意味ですごい作品でしたね。
こんにちは (dai)
2012-10-07 12:47:07
こういう皮肉は面白いですよね。
日本映画もこのぐらい本気で皮肉満載なものがたまにはほしいです。
daiさんへ (yukarin)
2012-10-10 12:54:38
こんにちは♪
日本ではここまでは絶対無理そうですが、作ってくれたら絶賛しちゃうかも〜(笑)
ハジケたの (q  がははははは)
2012-10-10 22:42:46
乗れる人と乗れない人がいると思うけど
私は、がはははははは系だったよ
.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚
 2018年なのに 古いアナログしてる!
宇宙服姿 うははははははっ
諸々突っ込み場所も楽しめるし
「侵略するのは国じゃなく地球だー」と規模が違う!?
宇宙服を着て無いのにぃぃ
 宇宙船のドア開けちゃって・・・ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ
突っ込み おバカ作品
好きだわ (。-_-。)ポッ


qちゃんへ (yukarin)
2012-10-10 23:30:42
ほんと!乗れるか乗れないかはハッキリわかれそうだよね。
ツッコミどころ満載♪
あまりにも多すぎて楽しくなっちゃう〜こういうおバカ作品はわたしも好きだな。
Unknown (オリーブリー)
2012-10-22 15:26:23
こんにちは〜。

斬新な発想ですよね〜〜皮肉の切り口も辛辣で、もっと突っ込んでもいいくらいでした(笑)
オリーブリーさんへ (yukarin)
2012-10-23 12:53:40
こんにちは♪
ほんと斬新ですよね。
B級なのに映像もしっかりしてるし、何と言って皮肉り方が最高でしたー
こんばんは! (ヒロ之)
2013-02-13 23:11:15
ブラックな作品でした。
ただ私の笑いのツボには入らなくってイマイチでした。
低予算B級作品ですけど、そうとうは思わせない作りこみようは見事だったです。
ヒロ之さんへ (yukarin)
2013-02-15 12:47:58
こんにちは♪
あら〜ツボに入りませんでしたかぁ。残念。
B級なのにあの作り込みはすごいですよね。
こんにちは (maki)
2013-02-24 10:58:50
>次世代のエネルギーのヘリウム3を開発してるくせにコンピュータは全く進化してなかった
ナチスらしいっていうか、なんかわかるなあって感じでしたね!
私もこれ結構ツボに入りました
大笑いを期待してた人は肩透かしをくらったのかもですが、
普通にコメディ程度を予想していた私には、
皮肉シュールなコメディは面白かった〜!
ヒロインのユリアさんがまた凄く可愛らしい方でしたね
makiさんへ (yukarin)
2013-02-24 23:29:11
こんばんは♪
大笑いというよりクスクス笑いが多いですよね。
なんともいえないシュールさがツボでした。
ヒロインは可愛かったですよねぇ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アイアン・スカイ (だらだら無気力ブログ!)
アメリカがまともに倒した敵はナチスだけらしい。
アイアン・スカイ (佐藤秀の徒然幻視録)
もしサラ・ペイリンがアメリカ大統領になったら 公式サイト。フィンランド=ドイツ=オーストラリア。原題:Iron Sky。ティモ・ヴオレンソラ監督、ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オッ ...
アイアン・スカイ (そーれりぽーと)
月からナチスが攻めてくる!? SFファンのカンパも話題の『アイアン・スカイ』を観てきました。 ★★★★ テーマがテーマだけに、ただの低予算SFおフザケ映画かと思いきや、ストーリー展開も映像も全体的なバランスが抜群な中に、ナチスと米国の民主主義社会、そして人種...
アイアン・スカイ (映画情報良いとこ撮り!)
アイアン・スカイ ナチス・第三帝国の一部のエリートは、難を逃れて、月の裏側へと逃亡していた。 そう彼らは、あの○トラーの一部だ。 月で分からないように、秘密基地を作っていた。 そんな彼らは、連合軍への復讐に燃えていたのだ。 2018年UFOの大編...
アイアン・スカイ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
フィンランドのティモ・プオレソラ監督が映画化した荒唐無稽なSFだ。月の裏側からナチスの生き残りが攻めて来る。それに対抗するアメリカもおかしいけど、ナチスの連中も奇妙だ。あまりの皮肉とユーモアにゲラゲラ笑ってしまった。愉快痛快な怪作なのだ。
映画「アイアン・スカイ」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『アイアン・スカイ』(公式)を先日、劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 第二次世界大戦で完全に敗北したはずのナチス...
『アイアン・スカイ』 (こねたみっくす)
フィンランド発、SFブラックコメディの奇作、ここに現る! 第2次世界大戦後に月へと逃げた残党ナチスが70年の時を超えて地球に攻めてくるパロディ映画かと思いきや、風刺と痴情の ...
「アイアン・スカイ」 B級テイストの裏に、現代世界への皮肉あり (はらやんの映画徒然草)
ナチが月から攻めてくる! って内容を聞いただけで、B級の香り、トンデモ系のにおい
アイアン・スカイ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(F) 映画という枠を最大限に生かしたエンターテインメント?
[映画『アイアン・スカイ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆先の大戦で敗れたナチスドイツの残党が、月の裏側に逃れ、そこで秘密基地を建設、現代までに着々と規模を広げ、地球侵略を開始す!  その設定を聞いただけで胸がワクワクして見に行きましたよ^^  残業が8時までだったけど、レイトショーに駆けつけました。  お...
アイアン・スカイ / Iron Sky (勝手に映画評)
制作のための予算確保に苦労していた所、ファンからの寄付が1億円も集まったと言う曰くつきの作品。 ナチの残党が、第二次大戦終了時に南米に逃げたという設定の映画に『ブラジルから来た少年』と言う作品がありますが、これは南米どころか、月の裏側までナチの残党は逃....
アイタタタ〜(となりの怪物くんとか中二病でも恋がしたい!とか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
【聖闘士星矢Ω 第26話】蒼摩くんとソニアさんが、蒼摩パパが亡くなる過去に立ち会うお話。まずは蒼摩くんパパの意外な強さにビックリ! シルバーセイントでも強い人はいたんです ...
アイアン・スカイ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Iron Sky監督:ティモ・ブオレンソラ出演:ユリア・ディーツェ、クリストファー・カービー、ゲッツ・オットー、ベター・サージェント、ステファニー・ポールダークサイド・ムーンは秘密基地!
アイアン・スカイ (Memoirs_of_dai)
白人化されるが話はブラックユーモア 【Story】 1945年、連合軍の猛攻撃にさらされ、アドルフ・ヒトラーが率いていた「第三帝国」ナチス・ドイツは完全に敗北。しかし、その一部のエリートたちはひそ...
アイアン・スカイ (風に吹かれて)
オバカで皮肉満載公式サイト http://gacchi.jp/movies/iron-sky2018年、再選を目指すアメリカ大統領により、選挙PRのために月にふたりの人間が送り込まれた。ふたりは無事に
『アイアン・スカイ』 (ラムの大通り)
(原題:Iron Sky) ----この映画、ネット上でスゴク話題になっているよね。 「そうだね。 第二次世界大戦後、地球を後にしたナチスが月へ逃亡し、 地球へ復讐に向う日を虎視眈々と待っていたというレトロ感覚のSF。 南半球に、あるいは地底に ナチスの残党が潜伏し、U...
「アイアン・スカイ」 (或る日の出来事)
2018年、アメリカが月面に宇宙船を着陸させてみると、そこには…!
アイアン・スカイ/IRON SKY (いい加減社長の映画日記)
たまには、おばか映画も、いいかなと・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1945年、連合軍の猛攻撃にさらされ、ナチス・ドイツは完全に敗北する。 しかし、その一部の残党たちはひそかに月の裏側へと逃亡を図っていたのだった。 そして70年の歳月をかけてその....
アイアン・スカイ (Said the one winning)
監督:ティモ・ヴオレンソラ出演:ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オットー、クリストファー・カービイ、ペータ・サージェント、ステファニー・ポール、ティロ・プリュックナー、マイケル・カレン、ウド・キア 世界各国の映画ファンや SFマニアから出資を募るや、約1...
アイアン・スカイ (ダイターンクラッシュ!!)
2012年9月28日(金) 21:00〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパスポート) 『アイアン・スカイ』公式サイト フリーパスポート18本目。 私の記憶が確かならば、かつて落合信彦は、「20世紀最後の真実」の中で、ナチスの残党がアフリカ南米のどこかでアダムスキ...
アイアン・スカイ (心のままに映画の風景)
2018年。 再選を目指すアメリカ大統領の人気取り政策によって、月面へ送り込まれた黒人モデルのジェームズ・ワシントンは、ナチスの残党によって築かれた第四帝国の月面秘密基地を発見する。 地球侵略の...
『アイアン・スカイ』をトーホーシネマズ六本木4で観て、おおおごめんよおふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★もちっと単純な笑いを加えてほしかった】    単純にゲラゲラ笑えるコメディーが見たかったけど、 ニヤっと笑えるエスプリの方が強めだった。 ただ、金髪 ...
アイアン・スカイ (銀幕大帝α)
ナチスが月から攻めてきた!! −感想− 映画秘宝ライターが好むってのも解る気がする。 ブラックユーモア満載のおバカ映画です。 シュールなギャグで溢れてる。 映画の中でここまで北朝鮮を笑いものにした作品も珍しいんじゃないですかね。 いかにも北が言いそうな台詞...
『アイアン・スカイ』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
西暦2018年、再選を目指すアメリカ大統領は人気取りのため、黒人のモデルを月面の裏側へと送り込む。しかしそこには第二次大戦末期に密かに脱出したナチスの秘密基地があったのだ。彼らは第四帝国を築き、地球への侵攻を企てていた! アメリカをはじめ世界各国の首脳た...
アイアン・スカイ (いやいやえん)
【ナチスが月からやって来る! 】これにカンパ金1億円が集まったという異例の作品。(制作費は、750万ユーロで約9億円らしい) 月の裏側に密かにナチスの残党が生き延びてたっていう設定だけで奇抜ですが、基地も逆さ「卍」だったのにはちょっと笑った。しかし月の裏...
映画「アイアン・スカイ」感想(DVD観賞) (タナウツネット雑記ブログ)
映画「アイアン・スカイ」をレンタルDVDで観賞しました。日本では2012年9月に公開された、フィンランド・ドイツ・オーストラリアの3国合作映画です。出自からしてかなりマ...
【映画】アイアン・スカイ(の観賞記録をやっつけた…というよりほぼ近況報告) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況から。 (近況と言っても二週間前ぐらいの事) 2014年10月25日(土曜日)…この日は、朝一に、ずっと行きそびれていた、かかりつけの病院に行った後、娘の学校の学院際に。娘とはタイミングが合わず会えずに、学院際からは直ぐに退散 その後、HOBBYBOX(※模型...